江戸川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
江戸川駅
Keisei-railway-KS12-Edogawa-station-entrance-20170324-121223.jpg
高架下駅出入口(2017年3月)
えどがわ
Edogawa
KS11 京成小岩 (1.2km)
(0.7km) 国府台 KS13
所在地 東京都江戸川区北小岩三丁目24-15
駅番号 KS12
所属事業者 京成電鉄
所属路線 本線
キロ程 15.7km(京成上野起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
6,185人/日
-2018年-
開業年月日 1912年大正元年)11月3日
テンプレートを表示
駅ホーム(2017年3月)

江戸川駅(えどがわえき)は、東京都江戸川区北小岩三丁目にある、京成電鉄本線である。駅番号はKS12

年表[編集]

  • 1912年大正元年)11月3日 - 第一期着工線(押上駅から)の終着駅として開業。第一期線は市川新田駅(現市川真間駅)まで開通予定だったが江戸川橋梁の建設が遅れていたため、暫定的な終着駅であった[1]。駅は現在地より西側の江戸川河川敷に設置され[2]、対岸の市川へは伝馬船を借り切り連絡を行った[1]。開業当初の駅名は伊予田駅[注釈 1]であったがすぐに市川駅と改められた[1][注釈 2]
  • 1914年(大正3年)8月30日 - 江戸川橋梁の完成に伴い築堤上へ移転[2]江戸川駅と改称[1]
  • 1980年昭和55年)6月4日 - 江戸川橋梁の架け替えに伴いわずかに下流側へ移転[2]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅で、1986年9月13日までは東京都最東端の駅であった。同年9月14日から都営地下鉄新宿線篠崎駅が東京都最東端の駅となっている[3]。 すぐそばに江戸川の土手があり、ホームからは江戸川を挟んだ隣の国府台駅を見ることができる[注釈 3]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 KS 京成本線 上り 京成上野押上A 都営浅草線KK 京急線方面[5]
2 下り 京成船橋京成津田沼Pictograms-nps-airport.svg 成田空港京成千葉方面[5]
  • 上表の路線名は成田空港線開業後の旅客案内の名称に基づいている。

利用状況[編集]

2018年(平成30年)度の1日平均乗降人員6,185人であり、京成線全69駅中47位[6]

近年の1日平均乗降・乗車人員推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[7]
年度 1日平均
乗降人員[8]
1日平均
乗車人員[9]
出典
1990年(平成02年) 2,882 [* 1]
1991年(平成03年) 2,984 [* 2]
1992年(平成04年) 2,951 [* 3]
1993年(平成05年) 2,964 [* 4]
1994年(平成06年) 3,011 [* 5]
1995年(平成07年) 3,172 [* 6]
1996年(平成08年) 3,205 [* 7]
1997年(平成09年) 3,016 [* 8]
1998年(平成10年) 2,792 [* 9]
1999年(平成11年) 2,738 [* 10]
2000年(平成12年) 2,707 [* 11]
2001年(平成13年) 2,660 [* 12]
2002年(平成14年) 5,293 2,586 [* 13]
2003年(平成15年) 5,325 2,642 [* 14]
2004年(平成16年) 5,203 2,633 [* 15]
2005年(平成17年) 5,317 2,693 [* 16]
2006年(平成18年) 5,356 2,721 [* 17]
2007年(平成19年) 5,409 2,732 [* 18]
2008年(平成20年) 5,503 2,778 [* 19]
2009年(平成21年) 5,515 2,784 [* 20]
2010年(平成22年) 5,485 2,762 [* 21]
2011年(平成23年) 5,215 2,617 [* 22]
2012年(平成24年) 5,294 2,663 [* 23]
2013年(平成25年) 5,388 2,710 [* 24]
2014年(平成26年) 5,203 2,618 [* 25]
2015年(平成27年) 5,348 2,697 [* 26]
2016年(平成28年) 5,584 2,814 [* 27]
2017年(平成29年) 5,800 2,921 [* 28]
2018年(平成30年) 6,185 3,116

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

最寄りのバス停留所は「一里塚」と「江戸川駅通り」である。

一里塚

江戸川駅通り

隣の駅[編集]

京成電鉄
KS 本線
快速特急・特急・通勤特急・快速
通過
普通
京成小岩駅 (KS11) - 江戸川駅 (KS12) - 国府台駅 (KS13)

注釈[編集]

  1. ^ 伊予田とは駅が置かれた場所の旧村名。ほか4村と合併して当時は小岩村であった。
  2. ^ 改称の年月日不詳。開業当時の賃金(運賃)表には市川と記されている[1]
  3. ^ 両駅の駅間営業キロは0.7キロ[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 京成電鉄総務部編 『京成電鉄85年の歩み』 京成電鉄、1996年6月11日、26-27,30-31頁。
  2. ^ a b c 石本祐吉 『京成の駅 今昔・昭和の面影』 JTBパブリッシング<JTBキャンブックス>、2014年2月1日、64-65頁。
  3. ^ 川島令三編著 『東海道ライン全線・全駅・全配線』第11巻東京南東部・千葉北西部、講談社<図説日本の鉄道>、2009年12月20日、11,55頁。
  4. ^ 江戸川駅発運賃表”. 京成電鉄. 2020年3月8日閲覧。
  5. ^ a b 江戸川駅|電車と駅の情報|京成電鉄”. web.archive.org (2020年5月24日). 2020年5月24日閲覧。
  6. ^ 駅別乗降人員(2018年度1日平均) (PDF) - 京成電鉄
  7. ^ 統計江戸川 - 江戸川区
  8. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  9. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
東京都統計年鑑

関連項目[編集]