江景級掃海艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
江景級掃海艇
基本情報
艦種 掃海艇
就役期間 1986年 - 就役中
同型艦 6隻
前級 錦和級
次級 襄陽級
要目
基準排水量 470トン
満載排水量 520トン[1]
全長 50.0 メートル (164.0 ft)
最大幅 9.6メートル (31 ft)
水線幅 8.3メートル (27 ft)
吃水 2.6メートル (8.5 ft)
主機 MTUディーゼルエンジン×2基
推進器 シュナイダープロペラ×2軸
バウスラスター
出力 1,600馬力
速力 15 ノット (28 km/h)
乗員 40名
兵装 20mm単装機銃×1門
C4ISTAR Racal Mains 500掃海艇情報処理装置
レーダー レイセオンAN/SPS-64(V) 航海用
ソナー GECマルコニー 193M Mod 1型
特殊装備 ・プルート機雷処分具 (ROV)
オロペサ型係維掃海具
テンプレートを表示

江景級掃海艇(カンギョンきゅうそうかいてい、英語: Kanggyeong-class coastal minehunter)は、大韓民国海軍掃海艇の艦級。スワロー型、SK-5000型とも称される[1][2][3]

来歴[編集]

韓国海軍は、1948年から1956年にかけて、YMS-1級掃海艇英語版を中心に木造掃海艇31隻の供与を受けて、掃海艇戦力の配備に着手した[4]。しかしこれらはいずれも第二次世界大戦中の建造であり、搭載機材の旧式化も進んでいたことから、軍事援助計画(MAP)に基づいて戦後世代のブルーバード級掃海艇の供与が開始され、1959年にMSC-268級3隻、また1960年代から1970年代にかけて小改良型のMSC-289級5隻を就役させた[5]

しかしその後の対機雷戦戦力の整備は緩慢であり、特に機雷掃討能力の導入は大幅に遅れていた。このことから、1980年代に入って、新世代の掃海艇の導入が計画されるようになった。これに基づいて建造されたのが本級である[6]

設計[編集]

設計面では、イタリア海軍レリチ級機雷掃討艇イタリア語版英語版に基づいているが、同級を建造したインターマリン社に認可を受けたライセンス生産ではない。また主機関も変更されている[1]。船質は同じガラス繊維強化プラスチック(GFRP)である[5]

機雷探知機も、原型艇がアメリカ製のAN/SQQ-14を搭載していたのに対し、本級ではイギリス製の機種に変更されている。当初は193M mod.1が搭載され、後に建造された艇ではASDIC 193M mod.3型(イギリス海軍ハント型搭載機と同型)、さらに2093型(イギリス海軍サンダウン級海上自衛隊すがしま型の搭載機と同型)と順次に更新されていった。一方、機雷処分具としては、原型艇と同じくゲイマリン社のプルートROVを搭載している[1]

同型艦[編集]

# 艦名 就役
MHC-561 江景(カンギョン)
ROKS Kanggyeong
1986年12月
MHC-562 康津(カンジン)
ROKS Gangjin
1991年5月
MHC-563 高霊(コリョン)
ROKS Goryeong
1991年11月
MHC-565 金浦(キンポ)
ROKS Gimpo
1993年4月
MHC-566 高敞(コチャン)
ROKS Gochang
1993年10月
MHC-567 錦和(クムァ)
ROKS Geumhwa
1994年4月

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. p. 412. ISBN 978-1591149545. 
  2. ^ 「写真特集 今日の韓国軍艦」『世界の艦船』第780号、海人社、2013年7月、 21-42頁、 NAID 40019692113
  3. ^ 大塚好古「韓国海軍力の現況」『世界の艦船』第780号、2013年7月、 76-83頁、 NAID 40019692165
  4. ^ Robert Gardiner, ed (1996). Conway's All the World's Fighting Ships 1947-1995. Naval Institute Press. p. 249-250. ISBN 978-1557501325. 
  5. ^ a b Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. p. 345. ISBN 978-0870212505. 
  6. ^ 香田洋二「韓国海軍 その現況と将来 (特集・韓国海軍の現況)」『世界の艦船』第704号、海人社、2009年4月、 75-81頁、 NAID 40016485796