江本孟紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
江本 孟紀
高知ファイティングドッグス 総監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県高知市
生年月日 (1947-07-22) 1947年7月22日(71歳)
身長
体重
188 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1970年 ドラフト外
初出場 1971年4月11日
最終出場 1981年8月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
江本孟紀
えもと たけのり
生年月日 (1947-07-22) 1947年7月22日(71歳)
出生地 高知県香美郡土佐山田町(現:香美市
所属政党スポーツ平和党→)
自由連合→)
(自由の会→)
フロムファイブ→)
民政党→)
民主党→)
無所属→)
国民新党
称号 旭日中綬章

選挙区 比例区
当選回数 2回
在任期間 1992年7月27日 - 2004年1月15日
テンプレートを表示

江本 孟紀(えもと たけのり、1947年7月22日 - )は、高知県香美郡土佐山田町(現:香美市)生まれ、高知県高知市出身の元プロ野球選手投手)、元政治家野球解説者

現役引退後は野球解説者、野球評論家、政治家、タレント俳優実業家として活動している。政治家としては、参議院議員(2期)、スポーツ平和党副代表、自由連合副代表、民主党高知県連顧問、参議院内閣委員長などを歴任。

株式会社江本エンタープライズ代表取締役、政治団体「エモヤンサポーターズクラブ」代表、タイ王国ナショナルベースボールチーム総監督。

経歴[編集]

高校・大学時代[編集]

警官の実父の転勤に伴い小学校時代は転校を数回経験したが、野球に打ち込んだ。高知商ではエースとして1964年の秋季四国大会に進む。準決勝で今治南高金子準一、決勝では高松商小坂敏彦らに投げ勝ち優勝を飾る。これにより1965年春の選抜への出場を決めるが、部員が不祥事を起こしたため辞退。同年夏の高知大会も出場停止処分によって参加できなかった[1]

その後、第1回プロ野球ドラフト会議西鉄ライオンズから4位指名を受けるが、元々大学進学希望だったため入団を拒否し、法政大学経営学部へ進学した。この時の西鉄1位指名が同じ高校で同級生の浜村孝であったため、4番で投手の自分が4位指名で、3番打者の浜村が1位指名であることに納得できなかった、とされているが江本はこれを否定している[2]東京六大学野球リーグでは在学中に3度の優勝を経験する。1年生の春からベンチ入りし、1968年春季リーグには同期の山中正竹と投の二本柱を組み活躍、同季のリーグ優勝に貢献した。しかし監督の松永玲一の方針に合わず幾度となく反発、最終シーズンはベンチ入りからも外れ、半ば退部状態となった(後に松永とは和解する)。リーグ通算14試合に登板し6勝1敗、防御率2.35、39奪三振[3]。法大の1年先輩には「法政三羽ガラス」の田淵幸一山本浩司富田勝、同期には東京六大学リーグ戦で史上最多の通算48勝を挙げた山中をはじめ、黒田正宏堀井和人らがいる[4]

社会人野球からプロ野球へ[編集]

大学卒業後は社会人野球・熊谷組へ進み、1970年第41回都市対抗野球大会に出場。1回戦で三菱重工神戸と対戦するも大敗を喫するが、江本は大会で唯一の登板となったこの試合を1回無失点で抑えた[5]。社会人時代は調子が良く、公式戦で完封勝ちを収めるなど成績も良かったことからドラフト会議での指名を期待していたが、同年のドラフト会議では予想に反して指名されなかった。その後、法政大学の前任監督でロッテオリオンズのスカウトを担当していた田丸仁から入団を勧誘されたが、当時のロッテには小山正明成田文男木樽正明村田兆治などのエース投手が多く在籍しており、先発投手陣に加わるのは難しいと判断して拒否した[5]1971年の春季キャンプ直前、東映フライヤーズのスカウトから、前年のドラフトで2位指名した井上圭一が入団拒否したため、「ウチ来る気はないか?」と江本を勧誘、「行きます」と返答したが、周囲からは「プロは無理」「スカウトに騙されている」などと猛反対され、さらに母親からも「熊谷組のような立派な会社に入れて将来も安定しているのに…」と言われたが、父親は唯一賛成した[5]。結局、江本は契約金400万(税金で引かれて手取り330万)、年俸120万でサインし、東映フライヤーズへ入団した。背番号は49。

キャンプ直前の入団だったこともあって、チームへ合流後に登板したフリー打撃では[6]大杉勝男白仁天に一球もストライクが入らず[7]、あまりの酷さに投手コーチの土橋正幸は激怒し、大杉や白からは「バカ野郎!アホか」「ストライク入らんヤツがプロの投手か」と貶され、終いには江本の元へバットとボールが飛んできたという[6]。江本は「次の打者にストライクが入らなければ辞める」と言う覚悟で、足が震えたまま張本勲へ投球し、案の定ストライクが入らなかったが、張本は外れたボールを片手で打ち、その後も江本が投げるボールを一言の文句も言わず当て、そのうちに江本はストライクが入るよう修正できたという[7]。これで自信を付けた江本は紅白戦でも調子を上げ、3月からのオープン戦で一軍、公式戦も開幕一軍スタートを勝ちとり、「この年(1971年)に入団した中では100人いたら(自分は)100番目の選手だ。ドラフト外として最後の最後にプロ入りしたルーキーが開幕一軍に食い込むことが出来たのも、あのフリー打撃があったから。これは全て張本さんのおかげ。間違いなく大恩人の一人だ」と回想している[6]

プロ初登板は4月11日の対西鉄ライオンズ戦(平和台球場)だったが、連続四球と安打を浴び、2失点で終わった[6]。この年は26試合で未勝利(4敗)に終わる[6]が、成長株として好評価を受け、翌年の先発ローテーションの一角として秋季キャンプでは「江本を先発入りさせるためのようなもの」とされた猛練習をこなした[6]。しかし、同年オフに高橋博士との交換トレードで、佐野嘉幸と共に南海ホークスへの移籍が決まり、入団後僅か一年で所属チームが変わることとなった。これについて江本は著書で、「いずれにしてもこのトレードは野村さんの戦略、商売上手を示す伝説として語られるようになった。世間では江本は野村監督に発掘されて育てられたという伝説が流布しているが、これは違うと断言させて頂く」「少なくとも投げられる『ピッチャー・江本』に育ててくれたのは東映であり、(投手コーチの)土橋さんだ。一年目、東映で徹底的に鍛えられた。そこでマグマのように蓄えられたパワーが2年目に噴き出すのは自然な流れ。勝てるピッチャー・江本にしたのが野村さんだった。ただし野村さんがただ者では無いことは事実だ」と記している[6]

南海時代[編集]

南海へ入団した初日、グラウンドへリンカーンを乗りつけて降りた野村克也は、「お前ら、オレみたいに良い車乗りたかったらしっかり練習して頑張れや」と憎たらしい顔で言ったという。また、煙草を吸った野村から「お前なぁ、敗戦処理でよう投げてきよったけど…お前のボール、オレが受けたらお前は二桁勝つぞ」と言われ、背番号16を渡された。江本は、「東映よりは全然良かった。東映は恐ろしかった。張本さん白さん大杉さん。南海は門田とか同級生がいっぱいいたし、全然違和感なかった[8]」「東映では49番でしたから、(16を渡されて)電気が走りました。人間って一言で変わるんですよ[7]」と語っている。野村の一言で発奮した江本は、1972年から先発ローテーションに加わり、背番号と同じ16勝を挙げて西岡三四郎と共に南海のエース級へ成長した。1973年も12勝を挙げてチームの前期優勝に貢献、プレーオフ第5戦(対阪急ブレーブス戦)においても9回二死・一打同点の場面で、代打本塁打世界記録保持者である高井保弘を迎えたところで、佐藤道郎に代わって登板して三振を奪い、胴上げ投手となった[9]。日本シリーズ(対読売ジャイアンツ戦)においても第1戦の先発投手を野村から指名され、土井正三森昌彦に本塁打を浴びたが、3失点で完投勝利を挙げた。しかし、第4戦では2回4失点(自責点は0)で敗れ、日本一は逃した[10]。江本は「野村さんがいなかったらいまの自分は完全に存在していない[11]」「やはり野村監督の野球理論はしっかりしていました。試合3時間前にミーティングをやって、1番打者から順に『ストライクだったら次は?もしボールだったら?』とやるんです。マウンドに立てばデータを忘れることもあるけど、『これだけ準備してきたんだ』というピッチングに集中できる」と述べている[7]1974年にはオールスターゲームにも出場、第2戦では先発投手を務めた。

1975年オフ、野村の愛人である伊東芳枝が本拠地・大阪球場へ電話をかけ、「なんであんな選手を使ってるの!」「選手起用が悪いからコーチを出しなさい!」と怒鳴る騒動が起きた。これに南海の選手たちも「えらいこと言うオバハンやな」「公私混同で引っ掻き回さないでくれや」と士気が低下、チーム成績も1974年の3位、1975年の5位と低迷した。野村への不満が募った選手らは選手会で緊急会合をもち、「監督に忠告しよう」と決議、最後まで残った江本と西岡、藤原満の3名が大阪市内のホテルで野村に直談判した[12]。その後、野村から江夏豊との交換トレードで阪神タイガースへの移籍を言い渡され、江本は承諾したが、最終的には江本、島野育夫長谷川勉池内豊と、阪神・江夏、望月充の4対2のトレードとなった。このトレードについて、江本を格下に見ていた江夏との間で激しい舌戦を繰り広げたが後に和解し、1993年3月に江夏が覚醒剤取締法違反で逮捕された際には、江本も法廷で情状陳述を行い[13]、服役中も面会に訪れるなど、江夏をサポートする間柄となった。

阪神時代[編集]

移籍後初の春季キャンプでは、甘いマスクで女性ファンの人気を集め、キャンプ地は常に多くの人だかりが出来ていた。1976年はシーズン130試合中、江本の他に古沢憲司上田二朗谷村智啓で120試合近くに登板し、江本自身も8完投を含む15勝9敗[14]の好成績を収めた。1977年には先発ローテーションに加わりながら中継ぎも担当し、11勝13敗11セーブを記録した[15]。だが阪神移籍後、投球する際のサインが一つしか存在せず、さらに複雑なサインが存在しなかったこと、さらに監督の吉田義男も例えチームが敗れても敗因を分析するのではなく、単に相手が頑張ったからとしか考えていないことに、江本と同時に移籍した島野は「それで勝っているんだから。逆にいえばこのチーム本当に強いということや」と感心していた[15]が、南海時代に野村仕込みの「シンキング・ベースボール」で鍛えられた江本は拍子抜けし、「戦術もクソも無い野球を続けていればチームの長期低迷は避けられない」と考えていた。この江本の危機感や不安はやがて現実のものとなり、1977年は4位、監督が後藤次男に交代した1978年は球団史上初の最下位に終わり、感覚のズレによる違和感は引退まで拭うことが出来なかった[15]

江本は、阪神タイガースが球団史上初の最下位に終わる屈辱を味わったことで、チーム再建案について盟友・古沢と大学の先輩である田淵幸一と共に話していた矢先、二人が西武ライオンズへトレードされたことについて大きなショックを受け、球団に自らのトレードの申し入れを行ったほどである[15]。この年のオフに江本は球団初の選手会長を要請されたが、当初は拒否していた。しかし、同時に球団社長に就任した小津正次郎は、阪神電鉄本社内でも労働組合を相手に手腕を発揮して就任した実力者で、その小津に対抗できる人物として、選手会の会合で要請されたことを受けて就任した[15]。小津は江本と初対面の際に、「タイガースの改革に一番必要なものは?」と意見を求めた際、江本は「フロントにゴマすって長年コーチをやっているヤツがいる。実力のみで評価できる監督を呼んで下さい」と返答した。これに対し、小津は後日になって江本を再び呼び出し、次期監督をドン・ブレイザーに決定したことを伝えた。ブレイザーは南海ホークスでヘッドコーチを務めていた時期があるが、江本が理由を尋ねると「お前、言うとったやろ?野球を知っている人物でゴマすったりしない人をって」と答え、江本も「グッド・チョイス。確かに実力優先主義。いつも『コンセントレイションしろ(集中しろ)』が口癖だった。ブレイザーならチームも変わると確信めいたものがあった」とし、後年「それにしても選手会長の意見を取り入れて監督を決めるとは、今では考えられないだろう。」と回想している[15]

1979年は最下位を脱して4位となり、江本は名門再建の道筋が見えてきたと感じていた。1980年には後に阪神で主力選手となる大型ルーキー・岡田彰布が入団した。しかし、岡田のポジションである二塁には名手・榊原良行がおり、ブレイザーは「オカダはまだ新人。一軍でずっと活躍出来ると確信を持てるまでオカダを安易には使わない」と宣言した。これに岡田は「そんなの関係ないだろ」と言い、マスコミやファンもブレイザーの信念を受け入れず、挙句の果てにはブレイザーの自宅へ剃刀が入った手紙が届き、ブレイザーは退団した。江本は著書の中で、「ブレイザー監督が無ければ阪神は改革できなかった。(ブレイザーが退団したことで)ついに再建のチャンスは消えたな、とオレは失望感を覚えた」と記している[15]。さらに江本は、ブレイザーの後任となった中西太の選手起用に不満を募らせ、先発登板した1981年8月26日の対ヤクルトスワローズ戦(甲子園球場)の8回表途中に交代を命じられると、ベンチ裏で新聞記者などを前に「ベンチがアホやから野球がでけへん」と発言(後述)した。この発言が監督批判というニュアンスで翌日のスポーツ紙を賑わせたことから、「チームやファンに迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪したうえで、同年限りでの現役引退を表明した[16]。江本と中西はキャンプ中から対立していた険悪な仲だった[17]

なお、阪神移籍後は、南海時代に野村が禁じていた口ひげをトレードマークのように生やしていた一方で、クラウンライターライオンズから大型トレードで移籍し、1979年から正捕手を務めた若菜嘉晴と共に、絶えず黒い交際を噂されていた。しかし実際には、阪神で選手会長を務めたこともあるほど、選手からの人望があった。酒も飲まず読書家であり、根は真面目であったという[要出典]

タレント活動から政界へ[編集]

1982年に発売された著書『プロ野球を10倍楽しく見る方法』が200万部を超えるベストセラーとなった。森光子主演田中丸家御一同様ではスナックのマスター役[18]、1982年からはフジテレビニッポン放送野球解説者、サンケイスポーツの野球評論家の傍ら、タレント活動も行い、映画、ドラマ、バラエティ出演、歌手デビュー、週刊誌コラム、コメンテーターなど、1983年に上映された細雪 (1983年の映画)では市川崑監督から誘われ吉永小百合が相手役という事で出演し[19]1989年からは三田寛子とフジテレビ系ドキュメンタリー番組『なんてったって好奇心』の司会(三代目)を務める[20]

その後政界入りし、1992年7月の第16回参議院議員通常選挙スポーツ平和党より参議院比例代表選出で出馬し、初当選する。1995年10月、党の副代表を辞任、離党して無所属になる。その後、自由連合、に在籍。総理大臣指名選挙で支持した橋本龍太郎総裁を務める自民党入党も検討したが、細川護熙らと1997年12月26日、フロムファイブ、1998年の1月23日民政党、4月27日民主党の結成に参加。長嶋茂雄読売巨人軍監督の支援も受けて1998年7月の第18回参議院議員通常選挙に、民主党より比例代表選出で再選。1999年8月12日成立の通信傍受法案など組織犯罪対策三法案では、反対の党議に従わず退席した。2001年1月から8月にかけて(第151回・152回国会)参議院内閣委員会委員長。[21]

2004年に民主党を離党し、大阪府知事選に立候補。自身最後の政治活動として表明し、選挙に臨んだが、当時知事であった太田房江に完敗。その後も自身が代表の政治団体「エモヤンサポーターズクラブ」は現在も大阪府知事候補としての総務大臣届出資金管理団体として存続している。また、法大の同窓で1992年参院初当選同期の平野貞夫小沢一郎ら政治家や言論人などとも交流が続いている[要出典]

世界各国での活動[編集]

2004年10月、アメリカ合衆国独立リーグであるノーザンリーグに加盟を予定していたカルガリー・フォースの特別顧問(スペシャルアドバイザー)に就任することを発表した。同球団は日本人の三沢博明と樋口直人の出資によるもので、彼らの依頼を受けた形だった。就任会見の席で2006年度からの日本独立リーグの設立構想を明かし、設立後はこちらもコミッショナーに就任することが予定されていた[22]。しかし、カルガリー・フォースは進展がなかったことから、三沢と樋口は同年12月にリーグから運営権を剥奪されて頓挫(地元の経営者が引き継ぎ、カルガリー・ヴァイパーズとなる)。それに連動する予定だった日本独立リーグも事実上頓挫した状態になっている[要出典]

その後、2005年4月にアメリカ独立リーグのゴールデンベースボールリーグのバイスコミッショナーに就任し、このシーズンのみ同リーグに参加したジャパン・サムライ・ベアーズにも人脈面などで援助した。ジャパン・サムライ・ベアーズがシーズン後に日本でクラブチームなどと試合を行った際には監督を務めた。同年11月にはジャパン・サムライ・ベアーズは日本のクラブチームである京都ファイアーバーズとして再発足することとなり、監督兼主催者となる。この京都ファイアーバーズには上記の樋口直人も代表者として名を連ねている[23]

2005年堀江貴文率いるライブドアによるニッポン放送の株式所得問題が起こった際、「ニッポン放送をホリエモンが買収するようなことがあれば、同局の解説から撤退する」ことを示唆する発言が行われた[24]

2007年7月24日にタイ王国ナショナルベースボールチームの総監督に就任。この年11月に台湾・台中で行われた第24回アジア野球選手権大会に出場したが、予選リーグ敗退に終わった[25]

2010年代の活動[編集]

2010年度から法政大学で非常勤講師を務める[26]

2010年5月、参議院選挙国民新党公認の比例代表候補として立候補することを発表[27]。6月、大相撲木瀬親方が土俵下の「維持員席」(いわゆる「砂かぶり」の席)を暴力団組長に手配していたとされる問題に関連して、2009年9月の大相撲秋場所4日目に、砂かぶり席で江本が暴力団組長2人と言葉を交わしながら相撲観戦しているところをNHK中継カメラに捉えられていたことが報じられた。これについて江本は「議員になった暁には、この問題を文部科学省の委員会にかけて、相撲協会の正常化を訴える」などと釈明した[28]。7月、参議院選挙落選。選択的夫婦別姓制度導入に反対していた[要出典]

2015年10月26日、来シーズンから四国アイランドリーグplus高知ファイティングドッグスで総監督(現場指揮をおこなう監督とは別)に就任することが決定した[29]

2017年秋の叙勲で旭日中綬章を受章。2018年1月29日に「叙勲受章祝賀会」が行われ鳩山由紀夫原辰徳が祝辞を述べ、乾杯の音頭はアントニオ猪木が取り、司会は松本秀夫が務め[30]金田正一、野村克也、川淵三郎森喜朗[31]周防郁雄山本浩二谷沢健一上田次朗佐々木主浩など球界、政界、芸能界から約650名が出席した[32]

2018年4月に71冊目の著書「野球バカは死なず」を上梓し阿川佐和子から「私はこれをNHK朝の連続テレビ小説の原作にすればいいのにと思った。笑えるところもたくさんあるし、こんな波乱万丈な男な男の子の人生はなかなかないと」と言われた[7]

現役引退をめぐるエピソード[編集]

江本の阪神退団・現役引退のきっかけになったとされる「ベンチがアホやから野球がでけへん」という発言をめぐっては、以下のような周囲の証言があり、それらにともなって江本自身の発言にも変遷が見られる。

江本は1981年8月26日の甲子園球場でのヤクルト戦に先発で登板すると、7回表まで3安打1失点と好投。しかし、阪神の3点リードで迎えた8回表、一死から大杉勝男に安打、杉浦亨に二塁打を打たれ一死二、三塁となり、続く渡辺進に適時打を喫し2対4と2点差となる[33]。ここで投手コーチの藤江清志がマウンドに向かうが、江本は続投[33]八重樫幸雄を三振に打ち取るが続く水谷新太郎に2点適時打を打たれ4-4の同点となる[33]西井哲夫を三振に打ち取ってチェンジとなるが、マウンドから一塁側のベンチに向かう際グラブを投げ付け、球場の2階にあった選手用のロッカールームに向かった[33]

サンケイスポーツ』への入社3年目に阪神担当記者として上記の発言に接した田所龍一は、産経新聞大阪本社の運動部長に就任した2009年に、同紙の署名記事で一部始終を回顧。降板直後の江本の発言を取りにベンチ裏へ向かったところ、通路からロッカールームへ向かって田所の視界から消えたところで江本が「アホやから」発言を大声で叫んだという。その発言を田所から聞いたサンケイほか各紙のキャップ記者が江本へ囲み取材を行い発言の真意を質したところ、発言を「独り言」や「愚痴」ではなく「公式発言」として認めたことを明かした。また、江本が阪神を退団した翌日に、田所が江本の自宅を訪れたところ「アホやのう、お前がまだ通路の入り口で立っとると思ったから、わざと聞こえるように言うたんや。お前のせいで辞めたんやない。気にするな」と慰められたことも紹介した[34][35]

当時『サンテレビボックス席』で阪神戦中継の実況を担当していた西澤暲フリーアナウンサー)は、西澤が阪神戦の実況を離れた後の2014年に著した『阪神戦・実況32年。』(講談社[36]で、江本発言に触れている。西澤は当日、翌日の実況に向けて、発言の当日に取材を兼ねて甲子園球場の放送ブースでこの試合を観戦していた。ところが、マウンドを降りた後の江本の様子にただならぬ気配を感じたことから、ロッカールームに向かう階段の踊り場で待機。やがて、スポーツ紙の阪神担当記者と共に姿を現した江本に向けて、顔なじみのよしみで「エモ、お疲れさん」と声を掛けた。西澤によれば、この直後に江本が「ベンチがアホやから、やってられませんわ」と言い放ったため、「若い記者のいる前でそんなことを言うな」とたしなめながらしばらく2人だけでやり取りを続けたという[36]

江本自身の発言を見ると、引退直後の1982年に刊行した『プロ野球を10倍楽しく見る方法』では、「ベンチがアホやから野球がでけへん」という発言を「ぼくの発言じゃない」と明確に否定していた[37]。その後も複数の著書において「そういうセリフは何も言っていない」[38]と否定したり、「人に言わせると……」という表現で間接的に否定[39]していた。

しかし、上記の田所と西澤の証言が出た後の2014年には、自ら行った発言であることを認め、その背景を以下のように述べている。当時監督だった中西太とは1979年キャンプでの練習中、打撃コーチの中西が狭いスペースで打撃練習を始めさせ、打球が別の練習をしている選手に当たるという事件があり、「私は選手会長だったから、中西さんに文句を言った。それだけならまだよかったんですが、のらりくらりとした中西さんの態度に腹が立ち、熱くなってタバコまで投げつけてしまった。以来、犬猿の仲でした。そんな中西さんが翌年から監督になったものだからシーズン中、先発だリリーフだとめちゃくちゃな起用されてきた。そんな伏線があった上で迎えたのが8月26日のヤクルト戦でした。あの発言は、積もり積もった恨みに対するものだったんです。議員をやったり、指導者をやったりして、自分も人に何かを伝える側に立った時、ふと中西さんの気持ちが分かるようになったんです。人間は立場によって言いたくないことも言わなければならない。私のように生意気な選手には、中西さんは厳しく接するしかなかった。そうしなければ監督としての威厳が保てなくなり、チームは機能しなくなっていたでしょう。」と述べている[40]

江本が降板後に阪神ベンチの方向へグラブを投げた瞬間をベンチ側から映したモノクロの報道用写真は、現在でも以上のエピソードをメディアで紹介する際に、「(江本が暴言を吐く)決定的瞬間が見られる唯一の証拠資料」として引用されている。江本によれば、ベンチへ投げ付けるつもりだったグラブがベンチ前のフェンスに当たってグラウンドへ跳ね返ったため、改めて一塁側の内野スタンドにグラブを投げたという。さらに、江本のグラブをスタンドで受け取った観客が水島新司(南海時代の江本・野村・江夏などが実名で登場する野球漫画「あぶさん」の作者)にグラブを見せたことから、水島はグラブに江本の似顔絵を描画。観客が後にそのグラブを『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)へ持ち込んだところ、スタジオゲストとして出演していた江本の目の前で、「60万円の価値がある」という鑑定結果が示された。

プレースタイル[編集]

通算24ボーク日本プロ野球記録。1973年のシーズン10ボークも、2003年に広島東洋カープクリス・ブロックに抜かれるまで日本記録であった。記録の背景にはパ・リーグが1973年から1974年の2年間、ボークの宣告を極端に強化したことが大きく影響している[要出典]

王貞治が現役時代に苦手としていた投手であり、通算対戦打率は約1割と、50打席以上の対戦がある投手の中では1位。被本塁打はわずかに1本。これは満塁本塁打で、いつもと違う攻めを試した結果であったという(自著『おれ、紆球曲球』)。

球速は高校時代は150km/hを超えていたと自称するが、プロ入り後すぐに速球派から技巧派へ転向、コントロール中心型のピッチャーであった(自著『プロ野球を20倍楽しむ方法』)。しかし変化球を多数種類おぼえるタイプではなく、同じカーブ・フォークでも幾種類かのカーブ、フォークを使い分けるというピッチングをしていた。変化球に関しては「エモ・ボール(魔球)はフォークのスッポ抜け」(前著)、「フォークボールは高校時代から得意にしていた」「エモ・ボールは一種の都市伝説のようなもので、実際には投げていない」(自著『プロ野球 勝てる監督・使える選手』)、「ストレートとカーブしか投げられなかった」(近藤唯之『引退そのドラマ』)といった具合に、微妙に発言の内容を変えている。

高橋慶彦の連続試合安打を阻止した投手である(1979年)。実は高橋は日本記録を更新した試合で負傷して長期離脱を余儀なくされており、復帰戦で対決した江本は「ボールに目が慣れていない」と判断、速球で押し通す配球で無安打に抑え込んだという(近藤唯之『運命を変えた一球』)。また『FNS27時間テレビ2011』では偶然にも高橋の話題になり、高橋を敬遠との指示を受け4球も投げるのが面倒だから1球(死球)で済ませたことがあると語っていた(直後に冗談ですと言ったので真偽は不明)。高橋の前に連続試合安打(32試合)の記録を持っていた長池徳士を抑えたのも江本である(高橋慶彦談)[41]

投手としては打撃が良く、通算7本塁打を記録している。本塁打を打った試合でロッテ監督の金田正一から野次られたことがあり、後に金田自身の実績を逆手に取って反論し金田をしどろもどろにさせたことがある[42]。もちろん金田はベンチで感情にまかせて江本を野次っただけのことで、金田自身は「一流投手は打者としても一流」と主張し、その主張通り投手としての本塁打日本記録保持者である。

人物[編集]

愛称は「エモやん」。

南海ホークス在籍時代に野村から叩き込まれた「シンキング・ベースボール(考える野球)」が自分の野球観の基本であるとしており、自分を見出し一流投手へと育て上げてくれた野村の技術力・指導力に最大級の尊敬の念を示し、メディア等で野村の美談を披露したり、野村に批判を加えた際にも「僕や江夏さんくらいしか言えないから」等、言い過ぎていることを示唆するようなフォローを入れることも多い。一方で、自身が南海を追われた経緯もあって、監督としての野村を無条件に礼賛することはなく、2011年には『野村克也解体新書 ノムさんは本当にすごいのか?』と題した本を出版し、「ヤクルト時代は並以下の成績」[43]と評するなど、距離を置いて欠点を指摘する発言も多い。ただし、野村とはその後も対談したりイベントで共演したりするなど、師弟として互いに接しているため、共演NGというような険悪な仲ではない[44][45][46]

野村は練習嫌いで喧嘩っ早い江本にずいぶん手を焼いたといい、江夏豊、江本、門田博光の三人を、「自分の南海監督時代の三悪人」と評しているが、この「三悪人」は、「頭のいいヤンチャ坊主選手」という意味であり、野村は必ずしも悪い意味で使っていない(鶴岡一人監督時代には野村と広瀬叔功杉浦忠の三人が「南海の三悪人」と呼ばれていた)。その後、野村は著書で「この三悪人に監督として鍛えられたおかげで、他のチームで少々クセのある選手がいても全然平気になったよ。山﨑武司なんてあの三人に比べたら、フーン、くらいのレベル」と言っている[47]

南海時代に「ノムさん(野村克也)のリードのせいで打たれた試合で腹が立ったのでベンチでノムさんをヤジった」とのエピソードがある。ベンチで誰も止められないほど荒れ狂う江本を止めたのはコーチの古葉竹識の「おい、やめとけよ」の一言だったという。一見すると温厚で紳士然としている古葉のドスの効いた一言に江本は我にかえるほどの恐怖感をおぼえたという[43]

1980年代は、巨人・阪神・西武のような人気球団や、大御所に関して否定的な意見を口にすることが多かった。落合博満に対しても、公然と落合の態度や手腕を否定する発言を繰り返している。「(落合が中日監督をしている8年間の間に)1回しか直接取材をしていない」と公言し、雑誌EX大衆2009年9月号などで森祇晶原辰徳を理想の監督だと述べ、「巨人が巨大戦力なら中日も巨大戦力」「完全日本一を3度達成している原監督を評価しないマスコミはおかしい」などといった意見を述べている。逆に選手時代は人気の高かった原よりも、日の目が当たらなかった落合を高く評価していた。

江川卓を批判することも多い。江川は法政大学野球部の後輩に当たるが、著書の中でもともと2部の学部に入学し、後に1部の学部に転籍したことを挙げて「法政大学のOBとは認めない」と記すなど度々批判している。ただし1981年に成績第1位の江川ではなく第2位の西本聖沢村賞を受賞した事に対しては「おかしい」[48]等と、している。

趣味はバロック音楽鑑賞。好きな歌手は、親友でもあった大塚博堂。知人を介して知り合い、大塚の生前に、新宿ロフトで一緒にコンサートをしたこともある[49]。また、大塚のメモリアルイベントに、何回か出演している[50]

阪神時代同僚だった古沢憲司とは「妙に気が合っていた。よきライバルだった。球場を一歩出れば一心同体。食事、クラブ、ゴルフ、麻雀とありとあらゆる行動を共にし」、江本曰く古沢は誰からも好かれていたという[15]

60歳頃に糖尿病になったことを[51]、63歳の頃に加齢黄斑変性になったことを後に告白している[52]

また、2018年にはスキルス胃ガンの手術を前年に行い、胃の全摘出をしたことを週刊誌のインタビューで告白している[53][54][55][56]

プロ野球における成績詳細[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1971 東映 26 4 0 0 0 0 4 -- -- .000 267 60.2 61 4 35 1 0 29 5 0 34 34 5.04 1.58
1972 南海 38 32 14 1 0 16 13 -- -- .552 1014 237.1 205 15 118 4 9 115 7 0 95 80 3.03 1.36
1973 34 30 12 5 0 12 14 -- -- .462 889 217.1 167 17 85 2 11 95 5 10 75 66 2.73 1.16
1974 34 33 9 0 0 13 12 0 -- .520 921 216.2 185 19 111 1 14 116 5 3 94 76 3.16 1.37
1975 31 27 13 3 0 11 14 0 -- .440 878 207.0 185 18 78 0 5 109 3 0 94 68 2.96 1.22
1976 阪神 38 36 8 2 2 15 9 0 -- .625 1009 239.2 239 27 66 1 9 115 4 3 107 100 3.76 1.27
1977 36 33 10 3 0 11 14 1 -- .440 952 223.2 202 21 92 1 11 129 4 2 98 92 3.70 1.31
1978 56 10 2 0 0 11 13 11 -- .458 644 150.2 124 16 70 5 9 103 9 2 63 52 3.11 1.29
1979 47 24 5 3 0 12 12 6 -- .500 784 178.2 181 21 67 4 16 141 5 2 93 87 4.38 1.39
1980 31 26 4 0 0 8 15 0 -- .348 704 160.0 168 28 64 6 9 108 5 2 93 85 4.78 1.45
1981 24 12 1 0 0 4 6 1 -- .400 377 87.0 77 11 36 8 4 70 1 0 39 34 3.52 1.30
通算:11年 395 267 78 17 2 113 126 19 -- .473 8439 1978.2 1794 197 822 33 97 1130 53 24 885 774 3.52 1.32
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPB記録

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000投球回:1976年5月26日、対中日ドラゴンズ7回戦(阪神甲子園球場)、6回表2死目に達成
  • 1500投球回:1978年7月28日、対読売ジャイアンツ15回戦(阪神甲子園球場)、9回表2死目に達成
  • 100勝:1978年9月18日、対広島東洋カープ22回戦(阪神甲子園球場)、9回2失点完投勝利 ※史上75人目
  • 1000奪三振:1980年6月8日、対広島東洋カープ7回戦(阪神甲子園球場)、5回表に衣笠祥雄から ※史上59人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 49 (1971年)
  • 16 (1972年 - 1975年)
  • 29 (1976年 - 1981年)

背番号について江本は「東映時代は四苦八苦(49)、ホークスに行って色男(16)、阪神ではニクイ奴(29)」とコメントしている。

関連情報[編集]

野球以外での表彰[編集]

著書[編集]

  • プロ野球を10倍楽しく見る方法』シリーズ(映画化もされた)
    • 『プロ野球を10倍楽しく見る方法:抱腹絶倒!』(ベストセラーズ、1982年5月、ISBN 4584004676)
    • 『プロ野球を20倍楽しく見る方法:痛快無類!』(ベストセラーズ、1982年9月、ISBN 4584004773)
    • 『帰ってきたプロ野球を10倍楽しく見る方法:もっと抱腹!さらに絶倒!』(ベストセラーズ、1988年6月、ISBN 4584006687)
    • 『プロ野球を10倍楽しく見る方法:2002年版』(日本文芸社
    • 『プロ野球を10倍楽しく見る方法:2006年版』(日本文芸社、2005年11月、ISBN 4537253304)
  • 『おれ、紆球曲球』(日之出出版、1982年8月、ISBN 4891980273/ワニ文庫、1985年6月、ISBN 4584300615)
  • 『「プロ野球」仁義なき大戦争:ストーブリーグ乱闘編』(ベストセラーズ、1983年2月、ISBN 4584004943)
  • 『女性に捧げるプロ野球 エモやんより愛をこめて』ワニの本 ベストセラーシリーズ 1983
  • 『江本孟紀と12人の美女打線 男のマウンド<対談集>』中央公論社 1984
  • 『これはヘンだぞプロ野球 エモやんの<いちゃもん解説>』ワニの本 ベストセラーシリーズ 1984
  • 『謀略にはまった選手たち : 今だからバラす<プロ野球>』ベストセラーズ,ワニの本 1984
  • 『エモやんのああ言えば交遊録 今だからホンネ プロ野球の珍友・悪友・奇友たち』ベストセラーズ ワニの本 1985
  • 『プロ野球バカが勝負すりゃバカをみる』ワニの本 1985
  • 『よってたかって、みんな悪かった エモやんのザンゲ録 ごめんなさい阪神さん』ワニの本 1985
  • 『江本孟紀のプロ野球ウオッチング:のけぞりシュート、球界直撃!!』(共同通信社、1986年4月、ISBN 476410184X)
  • 『エモやんの今年もファンは騙される プロ野球、選手たちは知らん顔』ワニの本 1986
  • 『今年は変わるぞプロ野球 気分すっきり 選手もファンも初体験!』角川書店 1986
  • 『ひまつぶしに読む大胆な意見』青人社 1986
  • 『プロ野球がわかれば日本が見えてくる エモやんのサラリーマンに捧げる「自分主義宣言」』現代書林 1987
  • 『プロ野球夢球場 江本孟紀の球界大改造プラン』サンケイ出版 1987
  • 『帰ってきたプロ野球を10倍楽しく見る方法 もっと抱腹!さらに絶倒!』ワニの本、1988
  • 『ゴルフ好きをさらに10倍中毒症状にする本』ケイブンシャブックス 1988
  • 『その気にさせる星野監督術 ミラクル野球が10倍わかる本』ニッポン放送出版 1988
  • 『巨人野球を面白くする本 これで巨人は優勝できる!!』実業之日本社 実日新書 1989
  • 『超B級!ドーム場外放夢乱 体感編 女たちのbox seat』TIS,パパラブックス 1989
  • 『プロ野球天国・地獄のウラ勝負! ストーブリーグ情報局』ケイブンシャブックス 1989
  • 『プロ野球はチキンライスだッ!? 平成元年』ケイブンシャブックス 1989
  • 『’90プロ野球ウソ八百!!』ケイブンシャブックス 1990
  • 『プロ野球裏があるから面白い 野球ファンにおくる抱腹絶倒エピソード集』学習研究社 1990
  • 『ミッドナイト・ベースボール 球界モデル小説』勁文社 1990
  • 『エモやんの巨人軍再建大計画』アイペックプレス 1991
  • 『エモやんのプロ野球ちょっといえないここだけの話』アイペックプレス 1991
  • 『エモやんのプロ野球非常事態宣言』アイペックプレス 1991
  • 『大胆不敵のがんばれ!ジャイアンツ!! 最悪阪神の再建案付き』ケイブンシャブックス 1991
  • 『プロ野球大反省大予想』ケイブンシャブックス 1991
  • 『主役・脇役・役立たず』ケイブンシャブックス 1992
  • 『プロ野球選手 わが思い出の波瀾の野球人生』実業之日本社 仕事-発見シリーズ 1992
  • 『赤じゅうたんのコリない紳士録』集英社 1993
  • 『長嶋×野村のデスマッチ!! ’93プロ野球は監督勝負!』ケイブンシャブックス 1993
  • 『長嶋vs王、爆笑大バトル 勃発!プロ野球最終戦争 エモやんだけが知っている二人の真実』ベストセラーズ ワニの本 1995
  • 『神さま仏さま長嶋さま 巨人軍を100倍楽しむ法』光文社 1996
  • 『誰もわかっちゃいない! 江本孟紀の超論プロ野球』芸神出版社 1996
  • 『野村監督部下が育つ「将の器」』二見書房 1996 『野村マジック・阪神再生の秘策』フタミ文庫
  • 『野球がベースボールを超える日!? 日本vs大リーグ徹底比較』勁文社 1996
  • 『生命エネルギーの秘密 江本孟紀が体験した究極のパワー』経済界 1998
  • 『プロ野球勝てる監督・使える選手』三笠書房 1998
  • 『野村監督知将の思考』東方出版 1999
  • 『野村阪神vs.長嶋巨人 エモやんの僕だけが知っている!!』ぶんか社 1999
  • 『ベースボールはひとつの小石から エモやんの痛快!プロ野球原論』学習研究社 2000
  • 『総理大臣長嶋茂雄:明るい破壊者だけが日本を救う』(飛鳥新社、2001年)
  • 『ダメ虎を猛虎に復活させる方法:阪神タイガース再生計画虎の巻』(ビジネス社、2001年)
  • 『星野式「悪」の処世術』飛鳥新社 2002
  • 『痛快!阪神優勝を120%楽しむ本』日本実業出版社、2003
  • 『読売巨人軍をダメにした「ジャイアンツバカ」』講談社+α文庫 2003
  • 『逆プライド 自分に負けない意地を持て!』ダイヤモンド社 2004
  • 『プロ野球をダメにする致命的構造 それでも、変革の芽は出ている』PHP研究所 2006
  • 『職業としてのプロ野球解説者』サンガ新書 2007
  • 『日本のプロ野球を作った男たち!』たちばな出版 2007
  • 『野村克也解体新書:ノムさんは本当にスゴイのか?』(無双舎、2011年7月、ISBN 4864084742)
  • 『プロ野球経営が破綻するこれだけの理由』産経新聞出版 2011
  • 『「アホ」がプロ野球を滅ぼす』ロング新書 2012
  • 『実は大したことない大リーグ』双葉新書 2014
  • 『星野仙一にみる名将の条件』(双葉新書、2014年4月、ISBN 9784575154368)
  • 『野球バカは死なず』(文藝春秋)2018年

編共著・監修[編集]

  • 『プロ野球戦国志 1999年版』責任編集 イースト・プレス 1999
  • 『男涙のプロ野球 感動秘話100本ノック』監修 宝島社 2004
  • 『マンガ日本政治入門』荒木俊明漫画 あおば出版 2006

ゲーム監修[編集]

出演[編集]

レギュラー[編集]

映画・ドラマ[編集]

準レギュラー、不定期出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

ゲスト出演[編集]

CM出演[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • あぶさん台詞水島新司)c/w 暖炉(1973年)
  • 恋する御堂筋(1979年)入江マチ子とデュエット
  • 霜降り橋まで(1980年)
  • アカシヤの面影(1982年)
  • あなたまかせの夜(1983年)
  • 素敵なジェラシー(1987年、アルバム)

脚注[編集]

  1. ^ 森岡浩 『プロ野球人名事典 2003』 日外アソシエーツ2003年、92 - 93頁。ISBN 4816917713。
  2. ^ 『証言 プロ野球ドラフト会議50年』 別冊宝島編集部 総編集、宝島社2015年、47頁。ISBN 978-4800247674。
  3. ^ 『法政大学野球部 六大学最多優勝校のプライド』 ベースボール・マガジン社〈B・B MOOK 1165 東京六大学野球連盟結成90周年シリーズ 4〉、2015年、15頁。ISBN 978-4-583-62256-9。
  4. ^ 【軍師・黒田の野球戦記】田淵さん、江本とプレーした法大時代は財産”. サンスポコム (2014年11月21日). 2018年8月1日閲覧。
  5. ^ a b c 野球バカは死なず、文藝春秋、P77-81
  6. ^ a b c d e f g 野球バカは死なず、P90-108
  7. ^ a b c d e 週刊文春2018年6月28日号『阿川佐和子のこの人に会いたい』第1216回、プロ野球解説者、江本孟紀、134-138頁
  8. ^ 『南海ホークス栄光の歴史 1938-1988』 ベースボール・マガジン社2012年、34頁。ISBN 9784583618876。
  9. ^ 江本はこの時投球のための準備を全くしておらず、審判が運よくストライクを取ってくれたので助かったと後に著書で述べている。
  10. ^ 野球バカは死なず、P143-144
  11. ^ 『日本プロ野球 トレード大鑑 2004』 ベースボールマガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2004年、48 - 49頁。ISBN 4583612508。
  12. ^ 野球バカは死なず、P157-158
  13. ^ 「江」が付く投手はみんな無頼派!?江夏と江本の大型トレード”. MEN人 (2013年8月25日). 2016年1月24日閲覧。
  14. ^ 野球バカは死なず、P167
  15. ^ a b c d e f g h 野球バカは死なず、P177-182
  16. ^ 江本孟紀「ベンチがアホやから」発言の翌日に…”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2016年10月31日閲覧。[リンク切れ]
  17. ^ 江本孟紀、140キロでたばことライターを投げつけ
  18. ^ 野球バカは死なず、P206-207
  19. ^ 野球バカは死なず、P211-213
  20. ^ TVでた蔵 江本孟紀”. ワイヤーアクション (2012年2月4日). 2016年1月24日閲覧。
  21. ^ [1][リンク切れ] [2][リンク切れ] 国会会議録検索システム、2013年5月10日閲覧
  22. ^ 2005年10月26日 日刊スポーツ 6面 など
  23. ^ 京都ファイアーバーズ・ベースボークラブ・京丹後市 連携・協力に関する包括協力協定を締結 江本孟紀氏 来丹スケジュール (PDF)” (2006年2月7日). 2016年1月24日閲覧。
  24. ^ 2005年3月18日 日刊スポーツ 社会面
  25. ^ 2007年11月30日 日刊スポーツ 6面
  26. ^ 江本先生、法大で初講義「スポーツと政治」[リンク切れ] サンケイスポーツ
  27. ^ “江本氏、国民新党から立候補”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2010年5月26日). オリジナル2010年5月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100529180049/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100526/stt1005261633011-n1.htm 2016年10月31日閲覧。 
  28. ^ 「「極道」&「極道の妻」と砂かぶりで相撲を観戦した参院候補「エモヤン」と昔の衆院候補「野村サッチー」」、『週刊新潮』、新潮社2010年6月10日
  29. ^ “FD総監督に江本氏が就任 弘田氏は今季限りで退任へ”. 高知新聞. (2015年10月27日). オリジナル2015年10月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151030021309/http://www.kochinews.co.jp/il/15il/151027news01.htm 2016年10月31日閲覧。 
  30. ^ “江本孟紀さんの叙勲受章祝賀会 お孫さんが放ったMVP級のひと言で大爆笑 (1/2ページ) 松本秀夫 プロ野球実況中継”. ZAKZAK. (2018年2月1日). https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180201/spo1802010010-n1.html 2018年2月1日閲覧。 
  31. ^ “江本孟紀氏、各界からの祝福に感謝 旭日中綬章受章記念式典”. スポーツニッポン. (2018年1月30日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/30/kiji/20180130s00001173016000c.html 2018年2月1日閲覧。 
  32. ^ “「叙勲受章祝賀会」でエモやん節健在!川淵氏はtoto創設秘話を明かす”. 東京スポーツ. (2018年1月30日). https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/901762/ 2018年2月1日閲覧。 
  33. ^ a b c d 大阪日刊スポーツ1981年8月27日1面「【問題の場面】 グラブも投げつける」
  34. ^ 『やっぱり「書いてよかった」』産経新聞2009年4月15日8時25分配信
  35. ^ “「ベンチがアホやから」エモはわざと聞こえるように言った”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年12月13日). オリジナル2011年12月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111213104358/http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/111213/wsp11121311010001-n1.htm 2014年5月30日閲覧。 
  36. ^ a b 西澤暲 『阪神戦・実況32年。 甲子園の放送席から見続けたタイガースの真実』 講談社2014年、10 - 14頁。ISBN 9784062187732。
  37. ^ 江本孟紀 『プロ野球を10倍楽しく見る方法』 ベストセラーズ1982年、194頁。ISBN 4584004676。
  38. ^ 江本孟紀 「前書き」『プロ野球 裏があるから面白い 野球ファンにおくる抱腹絶倒エピソード集』 学習研究社1990年。ISBN 4051052192。
  39. ^ 江本孟紀 『プロ野球 天国・地獄のウラ勝負! ストーブリーグ情報局』 勁文社1989年、177頁。ISBN 4766911024。
  40. ^ 「江本孟紀(野球解説者)から中西太へ 「ベンチがアホ」発言 いまからでも謝りたい」、『週刊現代』、講談社、2014年4月19日、 188頁。
  41. ^ 東京スポーツ、2013年1月31日『第16回、赤ヘル機動力野球の申し子 高橋慶彦 赤い疾風伝説』
  42. ^ 江本孟紀 『プロ野球を20倍楽しむ方法』 ベストセラーズ、1982年、125 - 127頁。ISBN 4584004773。
  43. ^ a b 江本孟紀 「第2章 監督としての野村監督」『野村克也解体新書 ノムさんは本当にスゴイのか?』 無双舎、2011年。ISBN 9784864084741。
  44. ^ https://www.asagei.com/excerpt/101264
  45. ^ https://sportsbull.jp/p/275845/
  46. ^ https://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/405229/
  47. ^ 野村克也 「人格—人間的成長なくして技術的進歩なし」『この一球 野村克也の人生論』 海竜社2012年。ISBN 9784759312324。
  48. ^ 10倍楽しく見る方法 1982, pp. 195 - 197
  49. ^ 博堂は風になった―大塚博堂その短すぎた音楽人生(吟遊社 大塚俊英・著)「博堂 触れ合いの人びと」の章より
  50. ^ hakudo大塚博堂倶楽部通信57”. まぐまぐ (2007年1月5日). 2016年1月24日閲覧。
  51. ^ https://yomidr.yomiuri.co.jp/network/20160824-OYTEW172943/
  52. ^ http://www.jprime.jp/articles/-/10091
  53. ^ https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02190801/?all=1&page=1
  54. ^ https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02190801/?all=1&page=2
  55. ^ https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02200801/?all=1
  56. ^ https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02200801/?all=1&page=2

関連項目[編集]