江村理紗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
江村 理紗
えむら りさ
生年月日 (1985-10-25) 1985年10月25日(33歳)
出生地 京都府京都市
出身校 同志社大学政策学部卒業
前職 株式会社ミスミ社員
所属政党 地域政党京都党
称号 学士(政策学)
公式サイト 【京都市会議員】江村りさ 公式サイト

選挙区 右京区選挙区
当選回数 3回
在任期間 2011年4月30日 - 現職
テンプレートを表示

江村 理紗(えむら りさ、1985年昭和60年)10月25日 - )は、日本政治家京都市会議員(3期)[1]地域政党京都党副代表兼幹事長[2]。2016年2月から8月まで党代表を務めていた[1][3]。いわゆる美人議員として、インターネット上などで注目を集めているとされる[1]

経歴[編集]

京都府京都市出身で、嵯峨野保育園、嵐山小学校、嵯峨中学校と進学し、北嵯峨高校に入学する[4]

同志社大学政策学部に第一期生として入学[1]。在学中、京都市議の村山祥栄のもとで議員インターンシップを行っていた[5][6]。その活動の中で、京都市の財政難や職員不祥事など多くの課題を目の当たりにしてきたという[7]。大学卒業後は、東京の商社である株式会社ミスミに就職する[1]。その後、村山の新党結成に応じて、2010年に京都党の結党メンバーとなった。

2011年4月の統一地方選挙において京都市会議員選挙に立候補した[6]。当初は選挙資金不足で泡沫候補とみなされていたものの[5]、右京区選挙区にて7,863票を得て初当選を果たした[8]。当選時の年齢は25歳6ヶ月であり、立候補者のなかで最年少だった[6]2015年4月の統一地方選挙にて5,474票を得て、二選を果たす[9]

2016年2月の京都市長選挙に独自候補を擁立することを党幹事長として模索していた[10]。しかし、党首の村山が立候補することで議席数が減り、交渉会派としての立場を失う懸念があったため、これは断念することとなった[1]

村山が京都市長選の不出馬など一連の騒動により代表を辞任したことを受けて、2016年2月に無投票にて京都党新代表に選ばれる[11][12]。その後、同年8月に行われた党大会では村山の代表復帰が決議され、江村は副代表兼幹事長に復した[注釈 1]2019年の京都市議選で3選を果たした[13]

人物[編集]

  • 「美人議員」とされることが政治活動において有利に働くことを肯定しているが、その一方で女性議員が売り出し方を誤ると「会いに行けるアイドル」となってしまわないように「人柄」を出すように心がけていると述べている[14]
  • 女優の夏帆と容姿がよく似ているという[1]

政策・主張[編集]

  • 政治面での自身の姿勢は保守的であるとしている[15]
  • 政策立案は「草の根型」の行動を重視しており、結党時に行った議員定数を減らす直接請求では朝から晩まで署名活動に奔走していたという[15]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 村山の任期途中での代表就任であったため、任期は同年8月末までだった[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 夏帆そっくりの「美貌」京都党新代表・江村市議の素顔…怖がりで人前が苦手、酒で記憶なくなる?”. 産経新聞. 2017年3月14日閲覧。
  2. ^ 役員紹介 【京都党official web】2017年12月5日閲覧。
  3. ^ a b 京都党代表に30歳女性市議 「草の根活動もう一度」(アーカイブ)”. 京都新聞. 2017年3月14日閲覧。
  4. ^ 右京区支部長 江村理紗”. 京都党. 2017年3月14日閲覧。
  5. ^ a b 「地方政治は国政にしばられず」京都市議の江村理紗氏”. 日本経済新聞 (2012年1月14日). 2017年3月14日閲覧。
  6. ^ a b c 京都党、最年少の25歳女性が市議初当選”. 読売新聞. 2017年3月14日閲覧。
  7. ^ プロフィール - 江村りさオフィシャルサイト2017年12月5日閲覧
  8. ^ 京都府政令市議選 - YOMIURI ONLINE2017年12月5日閲覧
  9. ^ 京都府政令市議選 - YOMIURI ONLINE2017年12月5日閲覧
  10. ^ 蠢く第3極…京都市長選「非共産」対「共産」から一転、混戦模様へ”. 産経新聞 (2015年12月7日). 2017年3月15日閲覧。
  11. ^ 「京都党代表に江村・京都市議」『産経新聞』2016年2月9日付。
  12. ^ 美しすぎる30歳京都市議 京都党代表に就任 「市民の市民による市民のための政治を」”. 産経新聞. 2017年3月14日閲覧。
  13. ^ 京都市議選右京区”. NHK (2019年4月8日). 2019年4月8日閲覧。
  14. ^ 記者が選ぶ イケてる 地方議員”. 中日新聞 (2015年3月30日). 2017年3月14日閲覧。
  15. ^ a b 「新・奮闘地方議員-京都市議会議員-江村理紗氏」『日経グローカル』308号、日本経済新聞社、2017年1月16日、pp.34-35。

関連項目[編集]