江藤恭二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

江藤 恭二(えとう きょうじ、1928年10月10日-2013年12月25日[1])は、教育学者。

静岡県生まれ。東京大学文学部哲学科卒、野間教育研究所研究員、東大助手、九州大学教育学部助手、1960年名古屋大学教育学部助教授、73年教授。76-79年名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校校長、83年教育学部長、92年定年退官、名誉教授、愛知淑徳大学現代社会学部教授、学部長[2]、2004年退職、名誉教授。

著書[編集]

  • 『西洋教育史叙説 近代教育思想の形成』福村出版 1967
  • 『ドイツのこころ ワイマール精神の探求』講談社現代新書 1980
  • 『世界子どもの歴史 5 絶対主義・啓蒙主義時代』第一法規出版 1985

共編著[編集]

  • 『子どもの生活と教育の歴史』宍戸健夫共編著 川島書店 1966
  • 『道徳教育の探究』田浦武雄共編 川島書店 1967
  • 『明日を築く教育』編 福村出版 教育選書 1968
  • 『西洋教育史』渡部晶,木下法也共編著 学文社 1972
  • 『道徳教育の理論と実践』鈴木正幸共編 福村出版 教育選書 1972
  • 『現代教育の理論と課題』伊藤敏行,篠田弘共編著 福村出版 1974
  • 『西洋近代教育史』木下法也、渡部晶共編著 学文社 教育演習 1979
  • 『現代学制改革の展望』小川利夫共編 福村出版 1982
  • 『道徳教育の研究』鈴木正幸共編著 福村出版 1982
  • 『子どもの教育の歴史 その生活と社会背景をみつめて』監修 篠田弘,加藤詔士,吉川卓治,鈴木正幸共編 名古屋大学出版会 1992

翻訳[編集]

  • ローベルト・アルト『コメニウスの教育学』明治図書出版 1959
  • 東ドイツ教育史研究者集団『現代教育史 社会主義教育の成立と展開』平野一郎,吉本均共編訳 明治図書出版 1962

記念論文集[編集]

  • 『教育近代化の諸相 江藤恭二教授退官記念論集』篠田弘, 鈴木正幸編 名古屋大学出版会 1992

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 死去ネット
  2. ^ 『現代日本人名録』