江藤隆美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
江藤隆美
えとう たかみ
生年月日 1925年4月10日
出生地 日本の旗 宮崎県日向市
没年月日 (2007-11-22) 2007年11月22日(82歳没)
死没地  ベトナムホーチミン市
出身校 旧制宮崎農林専門学校卒業
所属政党 自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
親族 江藤拓(長男)

日本の旗 第16代 総務庁長官
内閣 村山改造内閣
在任期間 1995年8月8日 - 1995年11月13日

内閣 第1次海部内閣
在任期間 1989年8月10日 - 1990年2月28日

日本の旗 第49代 建設大臣
内閣 第2次中曾根第2次改造内閣
在任期間 1985年12月28日 - 1986年7月22日

選挙区旧宮崎1区→)
宮崎2区
当選回数 10回
在任期間 1969年12月28日 - 1990年1月24日
1993年7月19日 - 2003年10月10日

当選回数 3回
テンプレートを表示

江藤 隆美(えとう たかみ、男性、1925年4月10日 - 2007年11月22日[1])は、日本の政治家。位階正三位勲等勲一等自由民主党衆議院議員として建設大臣運輸大臣総務庁長官を歴任した。タカ派議員として知られ、その言動が物議を醸すこともあった[1]

来歴・人物[編集]

宮崎県日向市生まれ。旧制富高実業学校(現・宮崎県立門川高等学校)を経て、旧制宮崎農林専門学校(現・宮崎大学)を卒業[1]。卒業後、宮崎県議会議員選挙に立候補し、3期当選した。

1969年第32回衆議院議員総選挙に立候補し、初当選[1](当選同期に小沢一郎羽田孜梶山静六奥田敬和林義郎渡部恒三綿貫民輔塩崎潤森喜朗村田敬次郎松永光中山正暉浜田幸一など)。この選挙で初当選した衆議院議員は「四十四年組」と呼称された。1973年には中川一郎が主催する青嵐会の結成に、石原慎太郎らと共に参加した[1]1983年、自民党国会対策委員長に就任した。

1985年12月、第2次中曽根内閣の建設大臣として初入閣[1]

1989年6月、宇野宗佑内閣自民党幹事長代理となる。

橋本龍太郎自民党幹事長代理の幹事長昇格に伴い土井たか子が委員長を務める社会党マドンナ旋風にさらされた1989年の参議院選挙当時の自民党幹事長代理を務めるが、宇野宗佑首相の女性問題、消費税リクルート事件、と逆風が吹き荒れる中、この参議院選挙で自民党は歴史的な大敗を喫す。

続く第1次海部内閣で運輸大臣に就任[1]1990年1月30日に、新東京国際空港(現・成田国際空港)2期工事推進のため、建設予定地を視察する(成田空港問題、後述)。

1990年第39回衆議院議員総選挙に前年のマドンナ旋風の煽りを受けて現職運輸大臣ながら落選したが[注釈 1]1993年第40回衆議院議員総選挙で当選し中央政界に復帰した。

1995年8月、村山改造内閣で総務庁長官に就任するが[1]、同年11月、朝鮮半島に対する日本の植民地支配に関し「日韓併合は強制的なものだったとした村山首相(当時)の発言は誤りだ。植民地時代に日本は悪いこともしたが、良いこともした」というオフレコ発言を巡り批判を受け、長官を辞任した(後述)。

植民地発言と同じ頃、沖縄県知事の大田昌秀によるアメリカ軍用地強制使用手続きの代理署名拒否問題が起こった際、防衛施設庁長官の宝珠山昇が、オフレコで首相の村山富市を「頭が悪い」と批判して辞任するなど、メディアがオフレコを報じるべきか報じないべきかをめぐり、その場にいた記者が江藤の「ここから先はオフレコで」という発言を認めていながらオフレコの内容を報道したこととあわせて当時論争になった。なお、江藤は2019年3月現在、中国韓国に歴史認識をめぐる発言を追及されて辞任した最後の閣僚である。

1998年11月3日勲一等旭日大綬章受章。1999年3月、亀井静香らとともに、「日本国民の精神文化再構築」「慎みと品格ある日本人本来の国民性の復活」を標榜する志帥会を旗揚げする[3]

2000年日本における口蹄疫では、党総合農政調査会最高顧問兼対策本部長として陣頭指揮を執った[4][5][6]

小泉純一郎内閣道路公団民営化を主張した際には道路族議員として強く反発。郵政民営化で猛烈に反発した亀井静香とともに、民営化路線を推進する小泉純一郎政権下において「抵抗勢力」と位置づけられ、江藤自身も著書で小泉や竹中平蔵のことを「欧米かぶれした白面の輩」とこき下ろしている[注釈 2][3][2]。なお、「抵抗勢力」は、流行語大賞にもノミネートされた(受賞者は不詳)。

2003年の総選挙には出馬せず、引退した。通算で当選10回[1]

2007年11月22日、訪問先のベトナムホーチミン市内のホテルで、就寝中の心臓発作で死去した。82歳没。

政策[編集]

タカ派として知られ、若手の頃から武闘派で鳴らした。中曽根派では渡辺美智雄宇野宗佑藤波孝生山崎拓らと共に幹部として発言力を持っていた。

派閥は中曽根派→渡辺派を経て、村上・亀井派に所属。村上正邦が自民党参議院議員会長に転出し派閥会長を退いたため、亀井が会長として名前挙がるも旧渡辺派から入ってきたメンバーに山中貞則中山正暉のような頑固者の重鎮が多くとてもじゃないが手に負えないと思った江藤に会長を打診するも「お金がない」と一度断るも亀井がお金を出すことで江藤が1999年7月に第2代会長に就任(亀井は会長代行)[2]、同派は江藤・亀井派となる(2003年江藤引退後は亀井が会長)。引退後も志帥会(伊吹派)名誉会長として派閥会合に毎回出席していた。

人物・発言[編集]

  • 森喜朗によると、獣医学部が6年制に改められた際に国立大学の獣医学部を地域ごとに統合することが構想されたが、江藤はこれに対して日本獣医師会とともに激しく反発し、私立大学に新たな獣医学部を設けさせないことを文部省に呑ませた。森はこれが安倍晋三政権下での岡山理科大学での獣医学部新設に至るまで私立大学での獣医学部設置の実績が半世紀なかった原因だとしている(加計学園問題[7]
  • 2001年4月の総裁選に亀井が出馬、議員投票の前に小泉純一郎と9項目の政策協定を結んで辞退したが、総裁選の翌日江藤・森喜朗・亀井の3人で食事している際に亀井のところに平沼赳夫から電話があり「小泉さんから電話があって、政調会長をやってくれと頼んできた」、しかし9項目の一つに「人事は両派で相談して決める」というがあり、いきなり反故された形になり亀井も政策協定を結んだばかりなのに協議もせず勝手なことを気持ちがあったものの「平沼の事だからいいか」と思い、「まあええわ」と返したが江藤が電話を奪い「まかりならん、協定違反だぞ」と一喝した。これで平沼の政調会長はなくなり、同席していた森がその様子を見てこっそり出て行った。亀井は代わりの人選をするために森は小泉のところに行ったとしている。結局、政調会長は麻生太郎が就任し、平沼は経済大臣に落ち着いた[2]
  • 身長は自著[8]によると174cmあった。
  • 妻との馴れ初めはストーカーみたいな追っかけをし道の途中で待ち受けて、「私はあなたと結婚します」と宣言したという。それで実際に結婚できてしまったのだから、嘘みたいな本当の話である。相手を圧倒するほどの情熱と溢れる男らしさがあってことだろうと亀井は述べている[2]

成田空港問題との関わり[編集]

1989年11月30日三里塚芝山連合空港反対同盟熱田派から公開質問状を受けた江藤は、運輸大臣として成田空港問題について「地元への不十分な説明が問題の長期化が原因」と答えて遺憾の意を表明する文書を郵送し、その旨を12月4日に会見で発表した。運輸大臣が公に成田空港問題について過去の誤りを認めたのはこれが初めてである[注釈 3][2][9]

江藤は1990年1月30日に現地を訪問している。反対同盟熱田派の地元住民らは「江藤は絶対に土下座して謝ると思う。」「あいつはそれができる男だ」「ヤツに先に土下座されちゃったら俺らは不利だ」と、百姓の子であることを売り物にしていた江藤が土下座してくることを予測しており[10]、反対同盟のイメージを守るためのパフォーマンスとして反対派は地元の農家の老人が江藤に先んじて土下座することで示し合わせていた。しかし、当日江藤はライトバンで乗り付け、黒塗りの車で大臣がくると思っていた反対派を慌てさせる[11][12]。江藤の来訪に気づいた老人が手筈通り道路に飛び出して土下座し「これ以上農民を苦しめないでくれ」と訴えると、江藤は自らも膝を地面につき、老人の手を取りながら話し掛けた。また雨天の中反対派農家を回り、卓を囲んで住民の話に耳を傾けるなど、武闘派らしからぬ一面を見せた。

公開質問状に直接答えるという形でこの日横堀公民館で行われた反対派との会談は、激しいやり取りとなった。「私を殴って気がすむならそれで結構。誠実に皆さんの気持ちにこたえたい[13]」と切り出した江藤に対し、何か一つでも言質をとろうとする反対派は執拗な質問を続けた。これを受けて、自分は百姓の子であり胸襟を開いて話し合えばわかると述べていた江藤も「わしは命をかけてきちょるんじゃ」とタンカをきり、地元農家が「大臣に腹切ってもらうべや」と台所に包丁をとりに行こうとする局面もあった。さらに、江藤が成田空港の状況を説明しようとした際に「戦車を持っていってぶっ潰す」と反対派に脅しをかけていると受け取られる舌禍も招き[注釈 4]、表面上の議論は平行線をたどった。1時間半ほどの会談の中で江藤は「強制収用は念頭に置かず、誠心誠意やっていく」と話した[11][12]

江藤は後にこの時のことを以下のように振り返っている。

現地について車から降りたら、いきなり道路で土下座されたのでびっくりした。争いをおさめようとするなら強いほうが弱いほうに頭を下げなければならない、こっちが先に頭を下げようと思っていたのに、機先を制せられた。俺はどん百姓の出だから、成田の農民の気持ちは痛いほど分かった。農民は純真で、愚直なほどまじめ。だが、まかり間違うと、てこでも動かなくなる。当時、そういう状態だった。部下にはよく、こう言っていた。死んでも土地を守るというのが本当の農民。農民が売らないから、空港ができないというのは大きな誤りだと。私は、空港問題をこじらせた責任は、むしろ行政のほうにあると思っていた。国はずっと対応を誤ってきた。空港を作ることには熱心だが、周辺住民に対する心配りが欠けていた。農民が過激派と手を結んだのも、やむを得ない面があった。だから、住民に反省の意を込めて、一度おわびして、改めて協力を求めることが大事だと思った。だが、それは役人に任して、やれることではない。政治家が命をかけてやるべきこと。そこで、大臣の私が自ら糸口を見つけるべきだと考えてあの会談を部下に設定させた。空港問題が片付くなら、政治家としてはもう、死んでもかまわないと覚悟を決めて出かけた。--朝日新聞成田支局『ドラム缶が鳴りやんで―元反対同盟事務局長石毛博道・成田を語る』四谷ラウンド、1998年、132-133頁。

この会談直後の第39回衆議院議員総選挙で江藤は落選するが、運輸大臣を辞める直前の同年2月21日に「最後に運輸省の誠意を伝えたい」として反対同盟小川派代表の小川嘉吉の自宅を訪問した。玄関の上がり框に腰かけて2時間にわたり小川を待ったが、小川は最期まで顔を出さず、奥の部屋に向かって空港建設への協力を求める口上を述べた後、「今朝は大変失礼しました」としたためた名刺を置いて引き上げた[15]。なお、小川は1996年新東京国際空港公団への用地売却に応じ、反対闘争を終えている。

なお、現役の運輸大臣が現地に赴いて反対派住民の集団と対話したのは江藤が初めてであり、現地訪問は結果として話し合いの機運を生んだことから、元熱田派事務局長は江藤のことを「成田問題の最大の功労者[16]」と評価をしている。江藤が1993年に復活当選した時には空港周辺住民ら50人が当選祝いの会を開いている[11][12]。江藤が政界を引退した後も、元熱田派が江藤を地元に招いて慰労会を開いている[16]

「日本はいいこともした」発言[編集]

1995年10月、江藤は記者会見後に、「これからは雑談。記事にする話ではないし、メモもとらないでほしい。若いみなさんの参考のためにお話ししよう」と切り出し、「日韓併合条約は、法的に有効だった」「植民地時代、日本はいいこともした」などと述べた。これは「名前を伏せたとしても、記事にはしない」という形のオフレコであったが、会員制月刊誌『選択』が江藤の名前を伏せた形で「フタされた某現職閣僚の暴言の中身」と題し懇談の内容を報じた。さらに、韓国の東亜日報が「江藤長官が妄言」と江藤を名指しで報道したことにより、国際問題に発展する[17]

これを受けて国内の報道各社にオフレコ解除を求められ江藤は拒否したものの、結局は批判の高まりによって長官辞任に追い込まれた[17]

またその後の2003年7月12日に福井市内で行った講演においても、日本の過去の戦争が全て正しかったわけではないとしつつ、「侵略戦争だったと頭を下げて、自分の国が悪いように言ってきた」として、日本の歴代首相が謝罪を行ってきたことを批判した[18]。1910年の韓国併合条約については、「両国が調印して国連が無条件で承認した[注釈 5]」と発言した[19]。1937年の南京事件については、死者30万人は虚偽であると主張した[18]。中韓両国は、江藤のこれらの発言に反発した[20][21]

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『「真の悪役」が日本を救う ポピュリズムは最後に民衆を苦しめる』(2003年5月、講談社 ISBN 4062118831)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 亀井静香は「江藤さんは閣僚ながらまさかの落選を喫する。成田の問題に熱心に取り組むあまり、地元にほとんど入ることができなかったからだ。自分の当選だけを考える議員が多いなか、自分の果たすべき仕事を優先する稀有な人だった。」と述べている[2]
  2. ^ 亀井は「しかし、今となっては、どちらが国民の方を向いていたのかは明らかなのではないか。俺は常に下からの目線の政治を大切にしてきたが、江藤さんも百姓出身なだけに、常に下から目線の政治家だったのだ」としている[2]
  3. ^ 亀井静香は「公団が仁義を切らずに力で押し切り、土地を強制収用したことに対して、江藤さんは元農民として、深い同情を寄せていたのだと思う」と回顧している[2]
  4. ^ 実際には、「外国からそのような意見を受けることがあるが、我々はそれをするつもりがない」という趣旨の発言であった[11][14]
  5. ^ 国際連盟の結成は1920年、国際連合の結成は1945年であり、1910年当時はいずれも存在していない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 江藤 隆美(えとう たかみ)とは”. コトバンク. 2019年12月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 週刊現代2019年3月2日号、連載亀井静香の政界交差点/第16回、江藤隆美-「下から目線」で筋を通した人格者、66-67頁
  3. ^ a b 月刊基礎知識 from 現代用語の基礎知識”. www.jiyu.co.jp. 自由国民社. 2019年12月11日閲覧。
  4. ^ 参議院会議録情報 第174回国会 本会議 第24号”. kokkai.ndl.go.jp. 国立国会図書館. 2019年12月11日閲覧。
  5. ^ 第174回国会 農林水産委員会 第13号(平成22年5月25日(火曜日))”. www.shugiin.go.jp. 2019年12月11日閲覧。
  6. ^ 第180回国会 農林水産委員会 第3号(平成24年3月21日(水曜日))”. www.shugiin.go.jp. 2019年12月11日閲覧。
  7. ^ 【単刀直言】森喜朗元首相「僕のときもそうだったけどマスコミの印象操作は相変わらずひどいな」「内閣改造は嫌いな人や縁遠い人ほど近くに置くことが大事なんだ」「加計学園の真相を一番知っているのは…」”. 産経ニュース (2017年7月27日). 2020年4月1日閲覧。
  8. ^ 『「真の悪役」が日本を救う』P166
  9. ^ 原口和久『成田空港365日』崙書房、2000年、204-205頁。
  10. ^ 福田克彦『三里塚アンドソイル』平原社、2001年、350頁。
  11. ^ a b c d 朝日新聞成田支局『ドラム缶が鳴りやんで―元反対同盟事務局長石毛博道・成田を語る』四谷ラウンド、1998年、130-133頁。
  12. ^ a b c 伊藤睦 編『三里塚燃ゆ―北総台地の農民魂』平原社、2017年、100-102・254-255頁
  13. ^ “「今さら」すれ違う感情 成田の運輸相会談 解決への道険しく”. 讀賣新聞 夕刊: 14. (1990-01-30). 
  14. ^ 報道スクープ超特大版 (1993年) 「NARITA AIRPORT 止まってしまった時間」 - YouTube
  15. ^ 原口和久『成田空港365日』崙書房、2000年、41頁。
  16. ^ a b “成田問題で江藤氏慰労 元熱田派呼びかけ懇談会”. 讀賣新聞千葉版: 32. (2004-04-15). 
  17. ^ a b 「政府高官」としか書けない 「オフレコ懇談」とは何か”. J-CASTニュース (2009年3月9日). 2019年12月15日閲覧。
  18. ^ a b “南京虐殺30万人はうそ 江藤氏、講演で発言”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年7月12日). オリジナルの2013年12月20日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131220094357/http://www.47news.jp/CN/200307/CN2003071201000425.html 2017年1月25日閲覧。 
  19. ^ “「植民地期間に良いことも」発言の自民党議員、またも妄言” (日本語). 東亜日報日本語版. (2003年7月13日). http://japanese.donga.com/List/3/all/27/275534/1 2017年1月25日閲覧。 
  20. ^ “江藤氏発言「嘆かわしい」 韓国、一斉に反発”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年7月13日). オリジナルの2013年12月20日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131220094254/http://www.47news.jp/CN/200307/CN2003071301000241.html 2017年1月25日閲覧。 
  21. ^ “「動かぬ証拠」と反論 江藤氏発言に中国”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年7月13日). オリジナルの2013年12月20日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131220094355/http://www.47news.jp/CN/200307/CN2003071301000246.html 2017年1月25日閲覧。 
  22. ^ 「98年秋の叙勲 勲三等以上と在外邦人、及び外国人の受章者一覧」『読売新聞』1996年11月3日朝刊
議会
先代:
木野晴夫
日本の旗 衆議院内閣委員長
1980年 - 1981年
次代:
石井一
公職
先代:
山口鶴男
日本の旗 総務庁長官
第16代:1995年
次代:
中山正暉
先代:
山村新治郎
日本の旗 運輸大臣
第62代:1989年 - 1990年
次代:
大野明
先代:
木部佳昭
日本の旗 建設大臣
第49代:1985年 - 1986年
次代:
天野光晴
党職
先代:
森下元晴
小此木彦三郎
自由民主党国会対策委員長
第30代 : 1984年 - 1985年
第28代:1983年 - 1984年
次代:
藤波孝生
森下元晴
先代:
村上正邦
志帥会会長
第2代 : 1999年 - 2003年
次代:
亀井静香