江西等処行中書省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
江西行省の位置

江西等処行中書省(こうせいとうしょ-こうちゅうしょしょう、以下江西行省と略称する)はが設置した1級行政区画の行中書省

地理[編集]

1299年大徳3年)以降、長江以南の江西省の大部分、雷州半島を除く広東省全域、湖南省及び福建省の一部を管轄していた。なお現在の江西省北東部は江浙行省の管轄とされていた。

歴史[編集]

1276年至元13年)、元軍は南宋の都城である臨安(現在の杭州市)を占領、南宋皇帝であった恭宗が捕虜となり宋朝は滅亡、南宋支配地域は元朝の版図に編入された。1277年(至元14年)、元朝は江西等処行中書省を設置した。翌年には福建行省に一旦編入されたが。1280年(至元17年)には福建行省が分割され、江西行省、福建行省、泉州行省とされたがm1282年(至元19年)に冗官整理のために江西、福建の両行省の統合が行われた。1285年(至元22年)から1291年(至元28年)まで福建行省は江西行省に移管されるなどの改編が行われている

1299年大徳3年)には福建行省が江浙行省に移管されて以降、江西行省の行政管轄地域も固定され元末まで沿襲された。

下部行政区画[編集]

1276年(至元13年)から1298年(大徳2年)以前は頻繁な行省統廃合に伴い下部行政区画も安定しなかったが、1299年(大徳3年)以降は安定し18路9州を管轄した。

江西行省では宋代の江南西路及び広南東路の2路を統合し成立した経緯より、元代においても江西道及び広東道の区分が存在していた。

  • 江西道(11路、1州)
    • 竜興路
    • 吉安路
    • 瑞州路
    • 袁州路
    • 臨江路
    • 撫州路
    • 江州路
    • 南康路
    • 贛州路
    • 建昌路
    • 南安路
    • 南豊州
  • 広東道(7路、8州)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 元史』(中華書局)
  • 『中国歴史地図集』(中国地図出版社 1997年)
  • 周振鶴『中国行政区画通史 元代巻』(復旦大学出版社 2009年)