江陵カーリングセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
江陵カーリングセンター
강릉 컬링 센터
Korea Special Olympics 29 (8381901277).jpg
江陵カーリングセンターの位置(韓国内)
江陵カーリングセンター
施設情報
所在地 大韓民国の旗 韓国江原道江陵市総合運動場通り32[1]
位置 北緯37度46分25.3秒 東経128度53分32.8秒 / 北緯37.773694度 東経128.892444度 / 37.773694; 128.892444座標: 北緯37度46分25.3秒 東経128度53分32.8秒 / 北緯37.773694度 東経128.892444度 / 37.773694; 128.892444
開場 1998年[2]
修繕 2015年10月 - 2016年10月[2]
旧称
江陵室内総合体育館
使用チーム、大会
2009年世界女子カーリング選手権大会2018年平昌オリンピックのカーリング競技
収容能力
3500人[2]
アクセス
KORAIL江陵駅からバス利用[1]

江陵カーリングセンター(カンヌンカーリングセンター、朝鮮語: 강릉 컬링 센터)は、大韓民国江原道江陵市にあるカーリング競技場。1999年アジア冬季競技大会アイスホッケー競技場として、1998年に江陵室内総合体育館(강릉실내종합체육관)の名称で開館した。収容能力は3500人である[2]。施設は地上4階地下1階建てであり[1][2]、地上部は必要に応じて製氷するが、地下階は恒久的にアイスリンクが維持される。

カーリング競技場としては2009年世界女子カーリング選手権大会[1][2]、2017年世界ジュニアカーリング選手権[3]2018年平昌オリンピックのカーリング競技[1][2]平昌パラリンピック車いすカーリング競技、2018年パシフィックアジアカーリング選手権大会に利用された[4]。カーリング・シートは4面ある[2][1]。そのほか1999年アジア冬季競技大会のアイスホッケー競技、2005年四大陸フィギュアスケート選手権、2008年世界ショートトラックスピードスケート選手権大会2011年世界ジュニアフィギュアスケート選手権の会場ともなっている[1][2]

平昌オリンピックの江陵地区会場の中では唯一の既存施設であった。オリンピックに備えて2015年10月から2016年10月にかけて改修工事が行われ[2]、施設名称も江陵カーリングセンターに改称した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 江陵カーリングセンター”. 競技場|大会紹介. 2018平昌冬季オリンピック大会及び冬季パラリンピック大会組織委員会. 2018年3月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 江陵カーリングセンター”. 江陵市. 2018年3月5日閲覧。
  3. ^ <カーリング>韓国男子ジュニア、米国破り世界選手権優勝”. 中央日報 (2017年2月27日). 2018年3月5日閲覧。
  4. ^ 車いすカーリング”. 競技種目. 2018平昌冬季オリンピック大会及び冬季パラリンピック大会組織委員会. 2018年3月5日閲覧。