江頭憲治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

江頭 憲治郎(えがしら けんじろう、1946年11月3日 - )は、日本の法学者東京大学名誉教授早稲田大学名誉教授[1]。公益社団法人商事法務研究会会長。専門は商法全領域[2]博士(法学)東京大学、1996年)(学位論文「結合企業法の立法と解釈」)。日本学士院会員。文化功労者本庶佑小松和彦とともに、「講書始の儀」の進講者として皇居に招かれる[3]兵庫県揖保郡(現たつの市)出身[4]

江頭 憲治郎
人物情報
生誕 (1946-11-03) 1946年11月3日(72歳)
日本の旗 日本 兵庫県揖保郡(現たつの市
出身校 灘中学校・高等学校
東京大学
学問
研究分野 商法全般
研究機関 日本の旗 日本
東京大学
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア大学バークレー校
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ハーバード大学ロースクール[5]
学位 博士(法学)東京大学、1996年)
称号 東京大学名誉教授
早稲田大学名誉教授
文化功労者
主要な作品
影響を
受けた人物
鴻常夫
学会
  • 日本私法学会 (理事 、1988年-1992年、1994-2000 )
  • 日本海法学会 (理事長 、2000年- )
  • 日本空法学会 (理事 、1983年- )
  • 金融法学会 (理事 、1991年-1996年)
  • 日米法学会
  • 租税法学会
主な受賞歴
  • 日本海法学会・小町谷賞 (1986年 、国内 )
  • 日本海法学会・日本海法学会賞(小町谷特別賞) (1992年)
  • 紫綬褒章 (2009年)
  • 文化功労者(2018年)
  • テンプレートを表示

    人物[編集]

    日本商法学会大御所であり、法務省法制審議会会社法(現代化関係)部会長として、2005年(平成17年)に成立した会社法の制定に尽力した。

    飲まない、食べない、走らない、で約40kmを歩くかち歩きに連続して参加するなど体力にも優れている。熱心な阪神ファン。東京大学・早稲田大学時代の弟子、ゼミ生らによって組織される「江友会」がある。

    経歴[編集]

    研究テーマ[編集]

    主要著書・論文等[編集]

    • 『会社法人格否認の法理』(東京大学出版会、1980年)
    • 『結合企業法の立法と解釈』(有斐閣、1995年)
    • 『株式会社・有限会社法 第4版』(有斐閣、2005年)(第3版2004年、第2版2002年、初版2001年)
    • 『商取引法 第6版』(弘文堂法律学講座双書、2010年)(第5版2009年、第4版2005年)
    • 『株式会社法 第6版』(有斐閣、2015年)(第5版2014年、第4版2011年、第3版2009年、第2版2008年、初版2006年)
    • 「取引相場のない株式の評価」法学協会編『法学協会百周年論文集第3巻民事法』(有斐閣)
    • 「社債の管理に関する受託会社の義務と責任」江頭憲治郎編『八十年代商事法の諸相-鴻常夫先生還暦記念』(有斐閣)
    • 「手形保証とスタンドバイ信用状-その独立性をめぐって-」岩原紳作編『現代企業法の展開-竹内昭夫先生還暦記念』(有斐閣)

    受賞学術賞[編集]

    • 日本海法学会・小町谷賞 (1986年 、国内 )
    • 日本海法学会・日本海法学会賞(小町谷特別賞) (1992年)
    • 紫綬褒章 (2009年)
    • 文化功労者(2018年)

    所属学会[編集]

    • 日本私法学会 (理事 、1988年-1992年、1994-2000 )
    • 日本海法学会 (理事長 、2000年- )
    • 日本空法学会 (理事 、1983年- )
    • 金融法学会 (理事 、1991年-1996年)
    • 日米法学会
    • 租税法学会

    脚注[編集]