江頭美鈴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

江頭美鈴(えがしら みすず、MISUZU)は、日本のイメージコンサルタントフリーアナウンサー司会、マナー講師、カラーアナリスト、ファッション骨格診断士、交流分析士心理カウンセラー、婚活講師、元東映株式会社専属女優。一般社団法人 エグゼクティブ・イメージコンサルタント代表理事、M.E.プロダクション代表。東京都目黒区出身、群馬県高崎市在住[1]

来歴・人物[編集]

東京都目黒区中目黒に生まれる。埼玉県所沢市狭山市で育つ。栃木県宇都宮市に2年住んだ後、現在は、群馬県高崎市在住。

影響を与えた人物[編集]

東映株式会社の専属女優として舞台やCM、テレビ、映画の仕事をしていた時代に、大きな影響を与えられた恩師がふたりいる。

ひとりは、慶應義塾大学出身のテレビ、映画監督、プロデューサーである牧口雄二氏。「暴れん坊将軍」シリーズや「柳生一族の陰謀」、「影の軍団」シリーズ、「長七郎江戸日記」などを手がけた牧口雄二に子どもがいなかった事から、牧口夫妻から本当の娘の様に可愛がられ、京都での仕事時には下京区中堂寺の監督の自宅に住み込み、電車で太秦東映京都撮影所に通っていた。

もうひとりは、故二瓶秀雄早稲田大学卒業後に俳優・声優として時代劇から昼のドラマの主演や舞台にて、ニ枚目からコミカルな役柄までをこなした隠れた名優、故二瓶秀雄氏に師事する。晩年、俳優育成に尽力した二瓶(二瓶塾)の一番弟子のひとりである。役作りをする上で本(台本)を深く読み込む事を徹底的に指導され、仕事や人生に対する基盤を学ぶ。「例え女優以外の仕事をしても、生涯女優でいろ。シェイクスピアの『人生は舞台、人はみな役者』の言葉通りに生きろ」という二瓶からの言葉を座右の銘としている。

現在に至るまで[編集]

その後、東映株式会社を経て、二瓶氏のアシスタントとして、新人俳優の育成補助をしたり、東京キー局のテレビ局編成部において、総務のオフィスワークを経験したのち、リポーターアナウンサー司会などの話す仕事へ転向。

2002年に、M.E.プロダクションを創業。2019年10月に、一般社団法人エグゼクティブ・イメージコンサルタントの創業。

現在は、経営や後進の指導の傍ら、イメージコンサルタントとして、各企業や各学校、各施設での制服の選定、マナー講師や人材育成、心理カウンセラーとしてのモチベーションアップやメンタル強化のサポートをしている。

また、経営者・ビジネスマン・起業家をはじめ、サービス業全般に携わる職種、婚活中の男女、より自分を高めたい人を中心に、そのクライアントに合った外見・内面の価値や魅力を最大限に引き出す、ブラッシュアップアドバイザーである。

専門である「司会アナウンサー」「カラーアナリスト・ファッション骨格診断士」「マナー講師」「心理カウンセラー」の4つのスペシャリストのスキルを統合した独自カリキュラム、メソッドを開発し、一度だけの人生をよりその人らしく、楽しく心豊かに過ごすためのトータル・イメージコンサルタントである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 江頭 美鈴” (日本語). www.facebook.com. 2019年12月17日閲覧。

脚注?[編集]

出典[編集]

1. 江頭 美鈴

2. [1]写真集Creative Style of 50 WOMEN 今を生きる50人の女たち イメージコンサルタント MISUZU

3. [2] 群馬県発行 異性に好感を持たれる方法 イメージコンサルタント江頭美鈴

4. [3]ヒューマンキャンパス高等学校

5. [4] ICBインターナショナル