江馬時政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
江馬時政
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正13年(1585年
別名 通称:右馬助
氏族 江馬氏
父母 父:江馬輝盛
兄弟 女(金森可重室)、時政
なし
なし

江馬 時政(えま ときまさ)は、安土桃山時代武将

江馬氏桓武平氏経盛流を称する飛騨国国人

天正10年(1582年)、父・江馬輝盛八日町の戦い三木自綱や小島時光に敗死すると[1]、時政は越中国に逃れた(越前大野を領した金森長近を頼ったとも)。

天正13年(1585年)に長近率いる飛騨侵攻軍に加わり戦功を挙げる。この戦いで父の仇姉小路氏が滅び、江馬氏の旧領も長近軍の手に落ちたが旧領復帰はならなかった。これに不満を持った時政は、後に鍋山右近大夫や広瀬宗直と共に兵を挙げるが鎮圧され自害した。

脚注[編集]

  1. ^ 大日本史料』第11編之2 821頁

出典[編集]

  • 『飛州軍乱記』(江馬家滅亡之事)
  • 『飛州志』