池上岑夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「池上岺夫」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

池上 岑夫(いけがみ みねお、1935年6月9日 - )は、日本の言語学者ポルトガル語ロマンス語の研究者、東京外国語大学名誉教授。

経歴[編集]

長野県伊那市出身。東京外国語大学、1961年東京大学文学部卒。東京外大講師、助教授、教授。1999年定年、名誉教授、天理大学国際文化学部ブラジル学科教授。神奈川県葉山町在住。日本ロマンス語学会会員。

名の「みねお」は正しくは「岺」と綴るが稀な字のため、著作物中においても、むしろ「岑」で表記されている場合が殆どであり、本人もそれを許容している。図書検索との整合上も考慮し、但し書きの上で本表記による見出し掲載が適当と思われる。尚、「池上嶺夫」の表記も散見されるが、誤りである。

単著 [編集]

  • 『ポルトガル語常用6000語』大学書林、1961年
  • 『ポルトガル語とガリシア語 その成立と展開』大学書林、1984年
  • 『ポルトガル語文法の諸相』大学書林、1987年
  • 『Se考 ポルトガル語のseの正体を探る』大学書林、2002年

共著・編著[編集]

  • 『現代ポルトガル語辞典』1996年。白水社
    日本最大(語数59,000)の本格的ブラジル、ポルトガル辞典。新語・専門語・口語・俗語・地方語を多数追加。巻末に和ポ4,700語と発音概説。
  • 『スペイン・ポルトガルを知る事典』平凡社、2001年
  • 『日本語で引く仏西葡対照単語』大学書林、1977年

主な訳書[編集]

関連項目[編集]