池原止戈夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

池原 止戈夫(いけはら しかお、1904年4月11日 - 1984年10月10日)は日本数学者理学博士

経歴[編集]

大阪府生まれ。マサチューセッツ工科大学ノーバート・ウィーナーに師事し1928年卒業。1932年にはウィーナーとともにタウバー型定理を確立、その応用として素数定理の新しい証明を与えた。帰国後、東京工業大学教授などを歴任。ウィーナーが提唱したサイバネティックスの学理を追求するとともに、その国内普及に寄与した。

著訳書[編集]

  • アメリカ学生生活、小峰書店、1948
  • 初等解析的整数論、河出書房、1949
  • ウィーナー、人間機械論-サイバーネティクスと社会(訳)、みすず書房、1954
  • ウィーナー、ノーバート・ウィーナー自伝-天才の生い立ち(訳)、鱒書房、1956
  • ウィーナー、サイバネティックス-動物と機械における制御と通信(訳)、岩波書店、1957
  • 初等微分方程式、学術図書、1958
  • 応用数学講義、学術図書、1964
  • 常微分方程式、学術図書、1971
  • ウィーナー、人間機械論 第二版-人間の人間的な利用(共訳)、みすず書房、1979
  • 情報理論入門-情報科学の誕生とMIT(共著)、啓学出版、1983

関連項目[編集]