池山田剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

池山田 剛(いけやまだ ごう、5月25日[1] - )は、日本漫画家性別は女性。宮城県出身[1]血液型はA型[1]

来歴[編集]

2002年小学館の『少女コミック』本誌15号にて掲載された、「GET GOAL!!」でデビュー。

当初、この作品は読み切り掲載のみの予定だったが、読者からの反響が大きく人気が高かった為、その後に続編を数回同じく読み切りという形で掲載された。しかし、当時の編集長からの「まだ新人なのでデビュー作以外のキャラも描いた方がいい」という判断から、この作品で初連載とはならなかった[2]

2003年、上記のことから『オオカミなんかコワくないっ!?』で短期初連載。

同年『オオカミなんかコワくないっ!?』連載終了後、「GET GOAL!!」を『GET LOVE!!〜フィールドの王子さま〜』として連載開始。 この連載を機に新人にも関わらず、デビューから僅か1年ほどで、水波風南等と共に『Sho-Comi』の看板作家の一人となる。

2011年単行本の累計発行部数が1000万部を突破[3]。2015年には累計発行部数が1600万部を突破している[4]

人物[編集]

マクロスF』のランカ・リーがお気に入りのキャラクターであり、当初は同作に影響されて『好きです鈴木くん!!』のヒロインを歌手にする予定であった。 しかし、他の作家と題材がかぶってしまったために設定を変えたと語っている[5]

デビュー前には、自身も大ファンである『ヒカルの碁』や『るろうに剣心』などの同人誌を描いていたことがある[要出典]。その当時のペンネームは「伊達グリコ」。

自身の連載作品のタイトル全てに「!!」が付いていることについて、「元気がある感じがして好きなので意図的に付けている」と述べている[6]

自身の主な連載作品のタイトルに「鈴木」「小林」「中島」といった平凡な苗字が含まれていることについて、読者たちに親近感を感じさせるためにあえて「クラスメイトや近所にいそうな苗字」を付けている旨を語っている[7]

作品一覧[編集]

読み切り作品[編集]

  • GET GOAL!!
  • LOVE PENALTY!
  • YELLOW CARD!!
  • HALF TIME!!
  • Girl's Revolution
  • Full Moonにご用心
  • 守ってあげたい
  • バレンタインなんかコワくないっ!?
  • らぶりぃ番長
  • 妄想♥乙女
  • 少年シンデレラ

連載作品[編集]

刊行作品[編集]

コミックス[編集]

  • オオカミなんかコワくないっ!?
  • GET LOVE!!〜フィールドの王子さま〜(全7巻)
  • 萌えカレ!!(全7巻)
  • うわさの翠くん!!(全10巻)
  • 好きです鈴木くん!!(全18巻)
  • 小林が可愛すぎてツライっ!!(全15巻)
  • 世界は中島に恋をする!! (全5巻)
  • 佐藤、私を好きってバレちゃうよ!?(全4巻)

オムニバス[編集]

  • メガネ〜はずしてもいいですか?〜
  • 放課後、キミと恋をして。
  • 犬彼キュート
  • 女装男子はいかがですか?
  • メガネsecond〜その奥をのぞきたい〜
  • チューしちゃった!?…トモダチと!

ファンブック[編集]

  • 萌えカレ!! 公式ファンブック
  • うわさの翠くん!! 公式ファンブック
  • 好きです鈴木くん!! 公式ファンブック
  • 好きです鈴木くん!! 公式ファンブック 完全版!!

・小林が可愛すぎてツライっ‼公式ファンブック

小説[編集]

原作:池山田剛・著者:時海結以

  • 好きです鈴木くん!!-ピュア・ホワイト・ラブ-
  • 好きです鈴木くん!!-ウィズ・プレシャス・ハート-
  • 好きです鈴木くん!!-カーテンコール-

その他[編集]

  • 池山田剛 ポストカードブック
  • 好きです○○くん!!〜恋の戦略ノート〜

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Sho-Comi漫画家情報(2011年7月27日閲覧)
  2. ^ デビュー10周年(^o^)!!(2012年7月6日閲覧)
  3. ^ 小学館コミック『好きです鈴木くん!!』(2011年7月27日閲覧)
  4. ^ 単行本『小林が可愛すぎてツライっ!!』第13巻初版本の帯より。
  5. ^ 『好きです鈴木くん!!』単行本1巻の作者コメントより。なお、『好きです鈴木くん!!』で実現できなかった“ヒロインを歌手にする設定”は、後に『世界は中島に恋をする!!』で実現されている。
  6. ^ ファンレター(^o^)&QアンドA(2012年1月24日閲覧)
  7. ^ 2016年1月5日ブログ記事