池崎祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
池崎祐介
Yusuke-Ikezaki20110123.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横須賀市[1]
生年月日 (1988-11-07) 1988年11月7日(28歳)
身長 162.5cm
体重 46.4kg
血液型 O型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 美浦・池上昌弘(2007.3.1 - 2008.2.29)
美浦・フリー(2008.3.1 - 2012.12.31)
初免許年 2007年3月1日
免許区分 平地・障害
騎手引退日 2012年12月31日
テンプレートを表示

池崎 祐介(いけざき ゆうすけ、1988年11月7日 - )は日本中央競馬会(JRA)・美浦トレーニングセンターに所属していた元騎手

来歴[編集]

座右の銘は「初志貫徹」[1]。目標とする騎手はクリストフ・ルメール[1]としていた。

競馬学校第23期生で、同期には浜中俊藤岡康太らがいる。2007年、美浦・池上昌弘厩舎の所属騎手としてデビュー。同期生から1週遅れとなる3月10日に初騎乗を果たすも、翌日に騎乗停止処分を受ける。

この後も騎乗馬に恵まれず、この年は71戦0勝という結果に終わり、デビューからわずか1年後に未勝利のまま、同厩舎を離れフリー騎手へと転向となった[2]

デビューから1年2か月を経た2008年5月11日新潟競馬場第1レースのフジマサルビーにて初勝利を記録、デビュー97戦目での白星を挙げる。

初騎乗以来平地競走のみに騎乗していたが、若手騎手の負担重量特典が失われた4年目の2010年には騎乗数が大幅に減少、同年12月より騎乗数確保のため障害競走への騎乗を開始した。しかし、4年目以降は勝利に恵まれなかった。

2012年12月31日付で騎手を引退した。その後の進路は不明であり、調教助手などにはならずに競馬サークルから去った[3][4]

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
平地 初騎乗 2007年3月10日 2回中山5日12R 4歳上1000万円下 ハセノダンディ 16頭 14 11着
初勝利 2008年5月11日 1回新潟4日1R 3歳未勝利 フジマサルビー 15頭 6 1着
障害 初騎乗 2010年12月5日 5回中山2日4R 障害未勝利 プロスペクタス 14頭 11 8着
年度 平地競走 障害競走
1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
2007年 0 1 2 71 .000 .014 .042 -
2008年 2 1 1 99 .020 .030 .040 -
2009年 3 1 5 182 .016 .022 .049 -
2010年 0 0 0 30 .000 .000 .000 0 0 0 2 .000 .000 .000
2011年 0 1 0 6 .000 .167 .167 0 0 0 17 .000 .000 .000
2012年 0 0 0 9 .000 .000 .000 0 0 0 22 .000 .000 .000
中央 5 4 8 397 .013 .023 .043 0 0 0 41 .000 .000 .000

脚注[編集]

  1. ^ a b c 【競馬学校】卒業生(=新人騎手)紹介(1)「池崎祐介」(競馬学校ブログ、2007年2月21日)
  2. ^ 増沢騎手など5人がフリーに
  3. ^ “池崎祐介騎手が31日付で引退…今後は未定”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2012年12月28日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2012/12/28/kiji/K20121228004864620.html 2015年7月21日閲覧。 
  4. ^ 池崎祐介騎手が引退”. JRAニュース. 日本中央競馬会 (2015年12月27日). 2013年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月21日閲覧。

関連項目[編集]