池杉昭次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

池杉 昭次郎(いけすぎ しょうじろう、1931年 - 1995年8月12日)は、大洋ホエールズ→横浜大洋ホエールズ→横浜ベイスターズ私設応援団長。東京都千住地域出身。

来歴・人物[編集]

本職は横浜市交通局勤務で市電の運転士。元々は読売ジャイアンツ(巨人)ファンであった。応援団を組織するきっかけは1955年のある日、たまたま観戦していた川崎球場での大洋・巨人戦。当時は最下位続きだった大洋が巨人に惨敗する中、社命で必死に応援している大洋漁業社員を気の毒に思い、大漁旗を振るのを代わったことに始まる。試合が終わって帰ろうとしたとき、応援していた社員からよく通る声と堂々たる旗さばきを見込まれ、「応援道具一式をあげるから、是非応援団を作ってくれ」と頼まれる。江戸っ子で頼まれたら嫌とは言えない性格の池杉は快諾。ここに応援団長・池杉昭次郎が誕生する。

始めた当初は仕事のスケジュール調整に苦労し、内部で軋轢もあった。しかし熱心さと直向さで周囲を納得させ、同僚たちも「池杉なら仕方ない」と次第に認めてくれるようになった。後年「同僚には申し訳なかった」と語っている。始めた当時の苦労から、若い団員には「自分の仕事はキチンとやれ。誠実にやれば必ず解ってもらえる。」と説いていた。「金はなくとも友達が財産」をモットーとした。

その熱心さから観客のみならず選手や球団関係者にも親しまれ、選手からは「池杉は10人目の選手」と認められた。1960年の初優勝時には中部謙吉オーナーからは応援団を代表して、金一封として10万円(現在の200万円以上)の大金を渡された。池杉は全てを応援団費として使い、収支表も保管されている。

1960年の大洋初優勝時の応援風景が写真に残っており、「まるは」印の法被に笛をくわえて必死に応援しながら、頬に涙が流れているのがはっきり写っているという。大洋・横浜時代を通じて唯一発行されている公式球団史『大洋ホエールズ十五年史』にも池杉の姿がキャプション入りで掲載されている。川崎市内の優勝パレードで、中部から「お前も乗れ」と声を掛けられてオープンカーに同乗しパレードに参加。大漁旗を振りまくり選手よりも目立っていたといわれる。後に「まるで夢のようだった」と語っている。

上述の大漁旗、そして1978年の横浜移転後は氷川丸銅鑼[1]がトレードマークだった。その頃の池杉はダグアウトの上に駆け上り、お客に深々と一礼の後、口にくわえた笛を吹き、手にした銅鑼を打ち鳴らすというスタイルだった。チームの遠征にも付いて行き、若い団員の面倒もよく見たため給料は全く家に入れず、家計は専ら夫人が支えていた。後に夫人は「とんでもない亭主だった」と笑いながら取材に答えている。

1995年の夏頃から体調が悪化。「もう一度優勝を見るまでは死ねるか」と、酸素ボンベ持参で応援に執念を燃やすも、黄疸が悪化し入院。亡くなる直前には、意識混濁の中で銅鑼を叩く動作を繰り返した。肝不全胆石の悪化で急逝。享年64。通夜の夜、横浜は広島東洋カープに勝利。試合終了の直後、団員の中から「団長、勝ったよ!」との声が上がり、大洋時代の応援歌「行くぞ大洋」を合唱。その日から49日間は喪章を付けての応援となった。球団OBの青田昇は「こんな男は二度と現れないだろう」と池杉の死を悼んだ。

1998年の38年ぶり2度目のリーグ優勝時には阪神甲子園球場のスタンドで、夫人が遺影とともに優勝の瞬間を見守った。日本シリーズ後の日本一パレードにも、球団の計らいで遺影として参加している。遺影はオープンバスの後続を走る球団バスに乗せられた。1960年と1998年の両方のパレードに「参加」したのは池杉だけである。

脚注 [編集]

  1. ^ 氷川丸マリンタワーから応援団に寄贈されたもの。池杉の死後に返還され、1998年には横浜ベイスターズが日本一になった記念として氷川丸で公開された。「横浜必勝」のステッカーが貼られ、長年叩き続けて凹んだままの姿で展示されており、当時の応援を偲ぶことができた。

関連項目[編集]