池田仲庸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
池田 仲庸
時代 江戸時代中期
生誕 享保6年7月6日1721年7月29日
死没 宝暦8年6月12日1758年7月16日
改名 達次郎・右膳(幼名)、仲庸
戒名 清障院雲外弘庸
墓所 鳥取県鳥取市国府町奥谷の池田家墓所
幕府 江戸幕府
因幡国鹿奴藩
氏族 池田氏
父母 父:池田仲央、母:五月氏
兄弟 仲庸、輝子(松平定温室)、邦子、央章、
鵜殿央堯、利久、庸熈
澄延延俊、安之助、数計子(勧修寺経逸室)

池田 仲庸(いけだ なかつね)は、因幡鹿奴藩(鳥取東館新田藩)の第3代藩主。

享保6年(1721年)7月6日、第2代藩主・池田仲央の長男として鳥取館で生まれる。宝暦3年(1753年)に父が死去したため家督を継ぎ、12月18日に従五位下・摂津守に叙位・任官する。江戸城常盤橋門番に任じられ、宝暦7年(1757年)には大手組防火に任じられる。宝暦8年(1758年)2月に公家接待役に任じられるが、間もなく病に倒れ、6月12日に鳥取館で死去した。享年38。

跡を長男・澄延が継いだ。

孫の勧修寺婧子仁孝天皇の生母であるため、仲庸は仁孝天皇の曽祖父に当たる。