池田修一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 池田修一 七段
名前 池田修一
生年月日 (1945-02-12) 1945年2月12日
没年月日 (2006-07-03) 2006年7月3日(61歳没)
プロ入り年月日 1969年4月1日(24歳)
棋士番号 102
出身地 青森県八戸市
師匠 花村元司九段
段位 七段
戦績
通算成績 244勝494敗(0.3306)
2016年10月23日現在

池田 修一(いけだ しゅういち、1945年2月12日 - 2006年7月3日)は、将棋棋士花村元司九段門下。棋士番号102。青森県八戸市出身。

人物[編集]

1960年に15歳で奨励会に入る。

19から20歳前後の三段時に肺結核を発症し、故郷で1968年(昭和43年)5月まで治療入院していた[1]。無収入のため医療費は将棋を教えていた医師が、生活費は親友でプロになりたての中原誠四段(当時)が支えていた[1]

病気復帰の翌年、1969年に四段昇段。

1972年1982年王位戦で本戦リーグ入り。

1982年には、米長邦雄永世棋聖(当時棋王)を破るなど活躍した。

1993年竜王戦において中井広恵に敗れ、女流棋士に公式戦で敗れた最初の棋士となった。

1993年に現役勤続25年。

2000年8月20日に引退。2004年4月1日付で七段に昇段。通算成績は、244勝494敗。

現役時代から[注釈 1]出身地の八戸市に戻り、対局の度に東京に出てくる生活を送っていた[2]。その頃の池田を八戸に訪ねた先崎学は、タクシーの運転手に「将棋の池田」で通じるなど「八戸の大名士」であった池田について記している

[2]

1977年より毎年八戸市で開催されている「はちのへ将棋まつり」の運営責任者を務めていた。また、地元新聞の将棋欄担当として観戦記の執筆などもこなしていた。

心筋梗塞のため、2006年7月3日に61歳で死去した。

昇段履歴[編集]

  • 1960年 - 入門
  • 1969年4月1日 - 四段
  • 1976年4月20日 - 五段
  • 1988年4月13日 - 六段
  • 2000年8月20日 - 引退
  • 2004年4月1日 - 七段

主な成績[編集]

表彰[編集]

  • 1993年 現役勤続25年

注釈[編集]

  1. ^ 1970年生の先崎学は、20歳の頃に、八戸に戻っている池田を訪問している。1990年頃の出来事となり、池田が引退する約10年前である。

出典[編集]

  1. ^ a b 将棋世界1991年7月号、池田修一六段(当時)の「師匠と弟子の物語 花村と私(上)」(将棋ペンクラブ 中原人情流)より
  2. ^ a b 先崎学「八戸の名士の死」『山手線内回りのゲリラ』2007年、日本将棋連盟、206‐209頁。

関連項目[編集]