池田克忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

池田 克忠(いけだ かつただ、1942年4月1日 - )は、日本労働官僚。元東京労働基準局長。労働省退職後はものつくり大学の設立に携わった。佐賀県出身。

経歴・人物[編集]

1942年佐賀県生まれ[1]長崎県立長崎東高等学校を経て[2]1964年東京大学経済学部経済学科卒業[1]1965年国家公務員上級職試験合格、翌年労働省に入省[1]職業安定局雇用保険課長、兵庫労働基準局長、労働基準局安全衛生部長、東京労働基準局長などを歴任し、1995年に退職した[1]

労働省退職後、ものつくり大学設立準備財団事務局長を務め、同大学の設立に関わった[3]。開校を翌年に控えた2000年に、設立財団の母体であるケーエスデー中小企業経営者福祉事業団(KSD)における汚職事件が発覚し、大学設置・学校法人審議会に設立条件としてKSDとの関係排除を提示される事態に見舞われたが[3]、調整を重ね翌年の開学に漕ぎつけた。2016年瑞宝中綬章受章[4]

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『実務に役立つ労働安全衛生規則の逐条詳解 第2巻 安全基準編1 機械、爆発・火災等、電気』(中央労働災害防止協会、1993年)ISBN 978-4805904534
  • 『実務に役立つ労働安全衛生規則の逐条詳解 第2巻 安全基準編4 掘削作業等、建築物等の鉄鋼の組立て等の作業、鉄橋架設等の作業、木造建築物の組立て等の作業、コンクリート造の工作物の解体等の作業、コンクリート橋架設等の作業、墜落・飛来崩壊等、通路・足場等、作業構台』(中央労働災害防止協会、1993年)ISBN 978-4805904565
  • 『実務に役立つ労働安全衛生規則の逐条詳解 第6巻 衛星基準編 有害な作業環境、保護具等、気積及び換気、採光及び照明、温度及び湿度、休養、清潔、食堂及び炊事場、救急用具、健康の保持増進、快適な職場環境の形成』(中央労働災害防止協会、1993年)ISBN 978-4805904572
  • 『実務に役立つ労働安全衛生規則の逐条詳解 第7巻 特別規制編 特定元方事業者等、機械等貸与者等、建築物貸与者、付則』(中央労働災害防止協会、1993年)ISBN 978-4805904589

論文・記事[編集]

  • 「労働力・経済計画―フィリピン」『海外労働経済月報』17(3)、労働大臣官房統計情報部、1967年。
  • 「「ME・労働国際シンポジウム」で得られたもの」『労働レーダー』9(11)、労働問題研究会議、1985年。
  • 「雇用管理調査からみた日本的雇用慣行」『労働統計調査月報』39(2)、1987年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『全国官公界名鑑 2001年』(同盟通信社、2001年)
  2. ^ 「第二次合格者氏名」『東京大学新聞』1960年3月21日付、5頁。
  3. ^ a b 「「ものつくり大学」開学へ…KSDとの関係排除を 条件付き認可で資金「困った!」」『毎日新聞』2000年12月13日付東京版朝刊、29頁。
  4. ^ 春の叙勲 受章者”. 毎日新聞 (2016年4月29日). 2016年11月24日閲覧。

関連項目[編集]