池田千絵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

池田 千絵子(いけだ ちえこ、1964年3月10日 - )は、日本厚生労働技官医師新潟県副知事や、厚生労働省大臣官房総括審議官を経て、厚生労働省関東信越厚生局長。

人物・経歴[編集]

神奈川県出身。1988年筑波大学医学専門学群卒業[1]厚生省入省[2]、健康政策局計画課配属、埼玉県衛生部保健予防課出向。1989年埼玉県所沢保健所。1990年厚生省大臣官房厚生科学課。同年環境庁企画調整局環境保健部保健業務課特殊疾病対策室。1992年厚生省大臣官房統計情報部衛生統計課[1][3]。1993年厚生省大臣官房国際協力室国際協力専門官[2]。1994年厚生省大臣官房厚生科学課課長補佐。1995年ハーバード大学公衆衛生大学院卒業、MPH(公衆衛生修士)。1996年同MS理学修士[1][2]

同年厚生省生活衛生局食品保健課課長補佐。1997年厚生省保健医療局エイズ疾病対策課課長補佐[1]。1999年厚生省大臣官房厚生科学課課長補佐、世界保健機関西太平洋地域事務局技術移転課長。2000年国際連合エイズ合同計画アジア地区担当課長。2003年厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室長補佐。2003年厚生労働省医政局総務課課長補佐[1]。2004年三重県健康福祉部医療政策監兼保健・医療分野総括室長[2]

2006年文部科学省ライフサイエンス課先端医科学研究企画官。2007年厚生労働省医薬食品局食品安全部国際食品室長[2]。2009年厚生労働省医政局経済課医療機器政策室長[4]。2011年防衛省人事教育局衛生官。2013年から北島智子の後任として新潟県副知事を務め[5][2]病院再編にあたった[3]。2015年国立病院機構医療部長[1]。同年国立病院機構理事。2017年厚生労働省大臣官房総括審議官(国際保健担当)(命内閣官房TPP等政府対策本部員)[2]。2019年厚生労働省関東信越厚生局[6]

脚注[編集]


先代:
山本尚子
厚生労働省総括審議官(国際担当)
2017年 - 2019年
次代:
佐原康之
先代:
北窓隆子
厚生労働省関東信越厚生局長
2019年 -
次代:
(現職)