池田政晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

池田 政晴(いけだ まさはる、宝永元年(1704年) - 寛延元年9月11日1748年10月3日))は、備中生坂藩の第2代藩主。

池田軌隆岡山藩主・池田綱政の次男)の長男。母は広田氏。正室池田政倚の娘。子に鵜殿政長(長男、峯之助・徳十郎、鳥取藩士・鵜殿央堯養子)、池田政員(次男)、池田政弼(三男)、池田長恵(四男、辰之助・與五郎、池田政倫養子)、娘(池田長仍室)、娘(山内豊産正室)、娘(松平忠庸正室)、娘(甲斐庄正堅正室)。官位従五位下丹波守。幼名は善太郎。

先代藩主・輝録の世子・輝廉が早世したため、宝永5年(1708年)に輝録の養嗣子として迎えられた。正徳3年(1713年)11月に輝録が死去したため、翌年2月19日にその跡を継いだ。

寛延元年(1748年)9月11日に45歳で死去した。法名は隆興院殿雲巌宗観大居士。跡を次男・政員が継いだ。