池田正介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池田正介

池田 正介(いけだ しょうすけ、1855年〈安政2年〉 - 1914年〈大正3年〉9月5日)は、日本軍人。陸軍少将。

人物[編集]

山口県防府市三田尻の出身。父は池田新之丞。子は四男二女に恵まれる。長男の忠篤は東京慈恵会医科大学を卒業して医師となった。正介の墓所は山口県防府市三田尻の正福寺。

日露戦争の時に北関大捷碑を発見し、朝鮮半島から同碑を日本へ持ち帰り靖国神社に奉納した。

官歴[編集]

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『アジア歴史資料センター』「陸軍少将池田正介特旨叙位ノ件」(レファレンスコード  A12090212200)。
  2. ^ 『官報』第796号「官庁事項 - 辞令」1886年3月2日。
  3. ^ 『官報』第1026号「官庁事項」1886年11月30日。
  4. ^ 『官報』第1984号「叙任及辞令」1890年2月13日。
  5. ^ 『官報』第1991号「叙任及辞令」1890年2月21日。
  6. ^ 『官報』第3194号「叙任及辞令」1894年2月23日。
  7. ^ 『官報』第3769号「叙任及辞令」1896年1月24日。
  8. ^ 『官報』第3795号「叙任及辞令」1896年2月26日。
  9. ^ 『官報』第3976号「叙任及辞令」1896年9月28日。
  10. ^ 『官報』第4258号「叙任及辞令」1897年9月9日。
  11. ^ 『官報』第4647号「叙任及辞令」1898年12月24日。
  12. ^ 『官報』第5002号「叙任及辞令」1900年3月8日。
  13. ^ a b c d 『アジア歴史資料センター』「歩兵大佐 池田正介 勲績明細書」(レファレンスコード  C06041126000)
  14. ^ 『官報』第6462号「叙任及辞令」1905年1月17日。
  15. ^ a b c d 『日本陸軍将官総覧』152項
  16. ^ 『官報』第6804号「叙任及辞令」1906年3月8日。
  17. ^ 『官報』第6906号「叙任及辞令」1906年7月7日。
  18. ^ 『官報』第7100号「叙任及辞令」1907年3月4日。
  19. ^ 『官報』第3613号「叙任及辞令」1895年7月16日。
  20. ^ 『官報』第6315号「叙任及辞令」1904年7月19日。
  21. ^ 『官報』第7175号「叙任及辞令」1907年6月1日。
  22. ^ 『官報』第632号「叙任及辞令」1914年9月8日。
  23. ^ 『官報』第1174号「叙任及辞令」1887年5月31日。
  24. ^ 『官報』第1938号「叙任及辞令」1889年12月12日。
  25. ^ 『官報』第2974号「叙任及辞令」1893年5月31日。
  26. ^ 『官報』第3693号「叙任及辞令」1895年10月19日。
  27. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  28. ^ 『官報』号外、「叙任及辞令」1906年12月30日。
  29. ^ 『官報』第1464号「叙任及辞令」1888年5月19日。
  30. ^ a b c 『官報』第3404号「叙任及辞令」1894年10月31日
  31. ^ 『官報』第3786号「叙任及辞令」1896年2月15日。
  32. ^ 『官報』第4038号「叙任及辞令」1896年12月12日。
  33. ^ a b 『官報』第7200号「叙任及辞令」1907年7月1日。
  34. ^ 『官報』第7210号「叙任及辞令」1907年7月12日。

参考文献[編集]

  • 官報
  • 『日本陸軍将官総覧』新人物往来社