池田浩士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

池田 浩士(いけだ ひろし、1940年6月20日 - )は、ドイツ文学者評論家京都大学名誉教授

略歴[編集]

滋賀県大津市出身。慶應義塾高校から、1963年慶應義塾大学文学部独文科卒業、1968年同大学院博士課程満期退学。1968年京都大学教養部講師、助教授、総合人間学部教授、人間・環境学研究科教授。2004年定年退官、名誉教授、京都精華大学客員教授。

専門のドイツ文学ではルカーチ・ジェルジナチズムに関する研究や翻訳を精力的に行っているが、ドイツ文学者としての枠を超えて大衆小説や死刑廃止問題、天皇制問題、憲法九条問題、寄せ場研究などについての幅広い著作や発言を行う。作家の車谷長吉とは大学時代の友人[1]

著作[編集]

  • 『似而非物語 池田浩士評論集』(序章社、1972年)
  • 『初期ルカーチ研究』(合同出版、1972年)
  • 『ルカーチとこの時代』(平凡社、1975年)
  • 『ファシズムと文学――ヒトラーを支えた作家たち』(白水社、1978年)
  • 教養小説の崩壊』(現代書館、1979年)
  • 『抵抗者たち――反ナチス運動の記録』(TBSブリタニカ、1980年。新版、軌跡社、1991年。増補新版、共和国、2018年)
  • 『闇の文化史 モンタージュ年代』(駸々堂出版、1980年)
  • 『大衆小説の世界と反世界』(現代書館、1983年)
  • 『ふぁっしょファッション 池田浩士表現論集』(社会評論社、1983年)
  • 『隣接市町村音頭』(青弓社、1984年)
  • 『仮設縁起絵巻』貝原浩 戯画(現代書館、1985年)
  • 『文化の顔をした天皇制』(社会評論社、1986年。同新版、2004年)
  • 『死刑の「昭和」史』(インパクト出版会、1992年)
  • 『権力を笑う表現? 池田浩士虚構論集』(社会評論社、1993年)
  • 『「海外進出文学」論・序説』(インパクト出版会、1997年)
  • 火野葦平論―「海外進出文学」論・第1部』(インパクト出版会、2000年)
  • 『歴史のなかの文学・芸術 参加の文化としてのファシズムを考える』(河合ブックレット、 2003年)
  • 『虚構のナチズム 「第三帝国」と表現文化』(人文書院、2004年)
  • 池田浩士コレクション』全5巻(インパクト出版会、2004-09年)
  • 『子どもたちと話す天皇ってなに?』(現代企画室、2010年)
  • 『石炭の文学史 〈海外進出文学〉論 第2部』(インパクト出版会、2012年)
  • 『ヴァイマル憲法とヒトラー――戦後民主主義からファシズムへ 』(岩波書店、2015年)
  • 『戦争に負けないための二〇章』(共和国、2016年)
  • 『ドイツ革命―帝国の崩壊からヒトラーの登場まで』(現代書館、2018年)
  • 『ボランティアとファシズム―自発性意図と社会貢献の近現代史 』(人文書院、2019年)

共編著[編集]

  • 『ドイツ語の本』好村冨士彦野村修共著(三一書房、1977年)
  • 『検証・「昭和の思想」』全5巻 天野恵一共編(社会評論社、1988-94年)
  • 『コメンタール戦後50年 第3巻 戦争責任と戦後責任』(編)(社会評論社、1995年)
  • 『<大衆>の登場 ヒーローと読者の20~30年代』「文学史を読みかえる」研究会・編(インパクト出版会、1998年)
  • 『死刑文学を読む』川村湊共著 (インパクト出版会、2005年)
  • 『逆徒「大逆事件」の文学』編(インパクト出版会、2010年)
  • 『〈いま〉を読みかえる 「この時代」の終わり』「文学史を読みかえる」研究会・編(インパクト出版会、2007年)
  • 大東亜共栄圏の文化建設』編 高村竜平、藤井祐介、藤原辰史鷲谷花、渡辺洋介共著(人文書院、2007年)
  • 『蘇らぬ朝「大逆事件」以後の文学』編(インパクト出版会、2010年)
  • 『いま、「共和制日本」を考える 9条を1条に』堀内哲杉村昌昭平井玄共著(第三書館、2011年)

編訳[編集]

  • エルンスト・フィッシャー『時代精神と文学』(合同出版、1967年)
  • ルカーチとの対話』訳(合同出版、1968年)
  • 『ルカーチ・ブロッホゼーガース表現主義論争』編訳(盛田書店、1968年)
  • レオ・コクラー『現代文学論』松本嘉久共訳(合同出版、1971年)
  • ジェルジ・ルカーチ『ソルジェニーツィン』(紀伊国屋書店、1971年)
  • 『ルカーチ初期著作集 政治編 1』訳編(合同出版、1971年)
  • ベルトルト・ブレヒトの仕事 ブレヒトの文学・芸術論』石黒英男責任編集 五十嵐敏夫、好村冨士彦、内藤猛、野村修共訳(河出書房新社、1972年)
  • エルンスト・フィッシャー『回想と反省 文学とコミンテルンの間で』(人文書院、1972年)
  • 『ルカーチ初期著作集』全4巻(三一書房、1975-76 年)
  • 『論争歴史と階級意識』編訳(河出書房新社、1977年)
  • エルンスト・ブロッホ『この時代の遺産』(三一書房、1982年)のちちくま学芸文庫、水声社
  • ジェルジ・ルカーチ著 イシュトヴァーン・エルシ編『生きられた思想 対話による自伝』(白水社、1984年)
  • 表現主義論争』(れんが書房新社、1988年)
  • 『ドイツ・ナチズム文学集成 第1 ドイツの運命』編訳(柏書房、2001)
  • ブロッホ『ナチズム 地獄と神々の黄昏』藤原辰史、本庄史明共訳(水声社、2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 車谷『世界一周恐怖航海記』文春文庫、p.73

参考[編集]