池田辰夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

池田 辰夫(いけだ たつお、1952年 - )は、日本法学者裁判官弁護士。専門は民事訴訟法大阪大学名誉教授。

人物・経歴[編集]

山口県生まれ。1970年山口県立防府高等学校卒業[1]。1974年九州大学法学部卒業、旧司法試験合格。1976年九州大学大学院法学研究科修士課程修了。神戸地方裁判所判事補東京地方裁判所判事補等を経て、大阪大学法科大学院教授を務めた[2]。1995年九州大学博士(法学)[3]。2005年北浜法律事務所客員弁護士[4]

著書[編集]

  • 『債権者代位訴訟の構造』信山社出版 1995年
  • 『新世代の民事裁判』信山社出版 1996年
  • 『ケースブック新民事訴訟法 1』(編著)法律文化社 1999年
  • 『民事訴訟法』(上原敏夫,山本和彦と共著)有斐閣 2002年
  • 『基本判例民事訴訟法』(上原敏夫, 山本和彦と共著)有斐閣 2002年
  • 『新現代民事訴訟法入門』(編)法律文化社 2005年
  • 『民事訴訟法Visual materials』(長谷部由起子, 安西明子, 勅使川原和彦と共著)有斐閣 2010年
  • 『アクチュアル民事訴訟法』(編)法律文化社 2012年

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 企画イベント案内学士会
  3. ^ 九州大学 , 博士 (法学) , 乙第5853号 , 1995-02-20
  4. ^ 「カウンセル/オブカウンセル」