池田長頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

池田 長頼(いけだ ながより、? - 寛永9年4月6日1632年5月24日))は、江戸時代前期の旗本

池田長吉の四男。母は池田家家老伊木忠次の娘。池田長幸の弟。妻は久留島通春の娘。子は池田長忠、池田長氏。通称助三郎。官位は従五位下、豊後守。

慶長6年(1601年)、徳川秀忠に仕え、御書院番頭となり知行3000石を与えられる。寛永4年(1627年)、従五位下、豊後守に叙任。

寛永9年(1632年)4月4日、兄池田長幸の病が重く、親族が集まり後嗣について評議した。嫡男長常は病弱のため、次男長純(長教)と分割相続する案に長頼は1人反対し、評議の場から外された。怒った長頼は、長純とその親族の脇坂安信脇坂安経に斬りかかり、安経を殺害する。同月6日に責めを負って切腹した。翌日、安信も改易された。