池辺巌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
池辺 巌
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県長崎市
生年月日 (1944-01-18) 1944年1月18日(74歳)
身長
体重
178 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手内野手
プロ入り 1962年
初出場 1962年9月2日
最終出場 1979年11月4日(日本シリーズ第7戦)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

池辺 巌(いけべ いわお、1944年1月18日 - )は、長崎県長崎市出身の元プロ野球選手外野手内野手)・コーチ解説者

1979年から1986年までは豪則(たけのり)と名乗っていた。

経歴[編集]

海星高校では3年時の1961年、投手として甲子園に春夏連続出場。春の選抜では1回戦で、阪本敏三らのいた平安高に完封負け。夏の甲子園も1回戦で、準優勝校の桐蔭高に完封負けを喫した。

1962年大毎オリオンズへ入団し、1963年には三塁手として4試合に先発出場。1964年には外野手に転向し一軍に定着、1966年には中堅手の定位置を確保する。1967年は初めて規定打席に到達し、打率.286でベストテン8位に入った。1968年にはかって経験のある三塁手に回るが、リーグ最多の29失策を記録してしまう。1969年は中堅手に戻り、自己最高の打率.322(ベストテン3位)を記録。1970年のリーグ優勝にも攻守の要として大きく貢献、同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズでは全5試合に二番打者、中堅手として出場、15打数4安打2打点を記録した。1972年には第1回ダイヤモンドグラブ賞を受賞。オールスターにも4度出場(1967年, 1969年 - 1971年)するなど堅実な守備と勝負強い打撃で活躍した。1973年には弘田澄男が中堅手に定着し右翼手に回るが、自身の守備や起用法を巡り金田正一監督と激しく対立、一時はトレード要員となる。1974年得津高宏の台頭もあって出場機会が減少するが、シーズン後半には故障欠場のジョージ・アルトマンに代わって起用され、一番打者としてリーグ優勝に貢献。しかし中日ドラゴンズとの日本シリーズでは、第3戦に右翼手、六番打者として先発するものの、通算6打数1安打と活躍の場がなかった。

1975年鈴木皖武上辻修小川清一森山正義平山英雄との交換トレードで井上圭一と共に阪神タイガースへ移籍。ここでもレギュラー中堅手として4年間を過ごし、1976年には2度目のダイヤモンドグラブ賞を受賞。その後は肩の弱さが目立ち始め、1979年には近鉄バファローズに移籍。同年限りで現役を引退。

その後はOBCラジオ大阪解説者1980年 - 1983年)を経て、近鉄(1984年 - 1987年一軍外野守備コーチ)、南海・ダイエー1988年二軍守備・走塁コーチ, 1989年チーフコーチ)、大洋1990年 - 1992年一軍守備・走塁コーチ)、ロッテ(1993年 - 1994年一軍打撃コーチ, 1996年一軍守備・走塁コーチ, 1997年スカウト)、長崎2007年監督)で監督・コーチ・スカウトを歴任。ロッテ退団後は千葉テレビJ SPORTSで再び解説を務めた。

エピソード[編集]

阪神時代の1977年4月30日の対大洋戦(川崎)では、捕手を守ったこともある。この試合で阪神は、8回裏の時点で、捕手として守備に就いている片岡新之介が7回裏に受けたファウルチップによる負傷のため、盗塁を許すなど既にまともに守れる状態ではなく、1点リードしていたものの無死二塁、三塁のピンチに陥っていた。更に、この時阪神は田淵幸一(こちらもファウルチップが当たったため交代)、大島忠一(代打起用済)と捕手全員を使い切っていた。この際、池辺が捕手を務めることを名乗り出た。池辺はアマチュア時代を含めて捕手の経験はなく、文字通りの急造捕手であった。この後の2イニングを古沢憲司とバッテリーを組み、速球カーブのみでなんとか無失点に抑え、勝利を収めた。この池辺の活躍に対して、球団から金一封が出たという[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 大毎
東京
ロッテ
1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1963 19 21 21 1 2 0 0 0 2 1 0 1 0 0 0 0 0 14 1 .095 .095 .095 .190
1964 93 132 128 10 31 5 1 0 38 6 2 3 1 1 1 0 1 27 3 .242 .254 .297 .551
1965 95 150 143 18 28 6 0 3 43 9 1 4 2 0 4 0 1 24 1 .196 .223 .301 .524
1966 105 243 229 31 52 7 1 10 91 32 2 2 3 1 7 0 3 32 3 .227 .259 .397 .657
1967 128 500 455 50 130 27 1 6 177 44 10 11 12 2 21 0 10 55 3 .286 .331 .389 .720
1968 131 544 504 61 124 19 0 15 188 47 9 4 12 2 19 0 7 56 4 .246 .283 .373 .656
1969 105 446 394 56 127 17 1 11 179 33 16 5 19 4 23 1 5 44 6 .322 .367 .454 .822
1970 125 524 467 71 128 17 1 22 213 61 14 7 27 3 23 1 4 65 9 .274 .314 .456 .770
1971 106 430 382 76 110 12 1 19 181 56 11 4 9 3 25 0 10 50 4 .288 .348 .474 .822
1972 121 501 459 69 123 22 0 21 208 70 11 8 1 5 29 1 7 69 16 .268 .321 .453 .774
1973 93 318 279 34 60 4 0 12 100 36 6 4 4 1 29 0 5 38 6 .215 .300 .358 .659
1974 99 272 249 28 70 10 1 5 97 27 8 3 6 1 13 0 3 28 2 .281 .325 .390 .714
1975 阪神 121 425 396 36 103 13 2 3 129 28 5 3 8 2 13 1 5 59 11 .260 .292 .326 .618
1976 121 366 337 33 94 14 1 13 149 40 5 2 6 3 16 0 4 37 8 .279 .319 .442 .761
1977 113 389 368 31 101 15 0 13 155 46 6 2 4 2 10 3 5 40 8 .274 .303 .421 .724
1978 92 291 272 27 62 7 1 1 74 18 1 3 4 2 11 0 2 25 7 .228 .263 .272 .535
1979 近鉄 64 138 125 11 32 2 0 2 40 10 1 0 3 1 6 1 3 11 3 .256 .306 .320 .626
通算:18年 1732 5690 5208 643 1377 197 11 156 2064 564 108 66 121 33 250 8 75 674 95 .264 .308 .396 .704
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大毎(毎日大映オリオンズ)は、1964年に東京(東京オリオンズ)に、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 大毎 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 11 3.0 2 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.33
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 11 3.0 2 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.33

表彰[編集]

記録[編集]

投手記録
打撃記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 34 (1962年 - 1972年、1975年 - 1978年)
  • 16 (1973年 - 1974年)
  • 27 (1979年)
  • 70 (1984年 - 1987年)
  • 80 (1988年 - 1989年)
  • 72 (1990年 - 1992年)
  • 81 (1993年 - 1994年)
  • 94 (1996年)

登録名[編集]

  • 池辺 巌 (いけべ いわお、1962年 - 1978年、1987年 - 1996年)
  • 池辺 豪則 (いけべ たけのり、1979年 - 1986年)

関連情報[編集]

解説者としての出演番組[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]