池辺巌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 池辺 巌
  • 池辺 巖
  • 池邉 巖
  • 池邉 巌
  • 池邊 巌
  • 池邊 巖
池辺 巌
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県長崎市
生年月日 (1944-01-18) 1944年1月18日(77歳)
身長
体重
178 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手内野手
プロ入り 1962年
初出場 1962年9月2日
最終出場 1979年11月4日(日本シリーズ第7戦)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

池辺 巌(いけべ いわお、1944年1月18日 - [注 1])は、長崎県長崎市出身[注 2]の元プロ野球選手外野手内野手)・コーチ野球解説者日本プロ野球OBクラブ(全国野球振興会)会員。

1979年から1986年までは池辺 豪則(いけべ たけのり)[注 3]1987年以降は池辺 巖(いけべ いわお)の登録名で活動していた[注 4]。日本プロ野球OBクラブまたは日本学生野球協会の資料では、池邉 巖[注 5]。このほか、池邉 巌池邊 巌池邊 巖と表記される場合もある[注 6]

愛称は、ガンちゃん[注 7]

1972年日本プロ野球で制定されたダイヤモンドグラブ賞(のちにゴールデングラブ賞へ改称)第1号受賞者の一人である(パシフィック・リーグ、外野手部門)[17]

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

海星高校では3年時にエースとして甲子園に春夏連続出場を果たした。まず1960年秋季九州大会決勝で小倉工を完封、翌1961年春の選抜への出場を決める。しかし大会では1回戦で、阪本敏三らのいた平安高に完封負けを喫した[18]。夏は西九州大会決勝で長崎西高に大勝、夏の甲子園に出場するが、1回戦で準優勝校の桐蔭高に完封負け[19]

現役時代[編集]

1962年大毎オリオンズ[注 8]へ投手として入団しプロ入り[注 9]1963年には三塁手として4試合に先発出場。1964年には外野手へ転向し一軍に定着、1966年には中堅手の定位置を確保する。1967年は初めて規定打席に到達し、打率.286でベストテン8位に入った。1968年にはかつて経験のある三塁手に回るが、リーグ最多の29失策を記録してしまう。1969年は中堅手に戻り、自己最高の打率.322(ベストテン3位)を記録。1970年のリーグ優勝にも攻守の要として大きく貢献、同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズでは全5試合に二番打者、中堅手として出場、15打数4安打2打点を記録した。1972年には第1回ダイヤモンドグラブ賞を受賞。オールスターゲームにも4度出場(1967年, 1969年 - 1971年)するなど堅実な守備と勝負強い打撃で活躍した[注 10]1973年には弘田澄男が中堅手に定着し右翼手に回るが、自身の守備や起用法を巡り金田正一監督と激しく対立、さらに背番号も入団以来着用した34国鉄スワローズ[注 11]読売ジャイアンツ(巨人)での現役投手時代に一貫して着用していた金田監督[注 12]に召し上げられる形で16に変更、一時はトレード要員となる。1974年得津高宏の台頭もあって出場機会が減少するが、シーズン後半には故障欠場のジョージ・アルトマンに代わって起用され、一番打者としてリーグ優勝に貢献。しかし中日ドラゴンズとの日本シリーズでは、第3戦に右翼手、六番打者として先発するものの、通算6打数1安打と活躍の場がなかった(チームは日本一)。

1975年鈴木皖武上辻修小川清一森山正義平山英雄との交換トレードで井上圭一と共に阪神タイガースへ移籍。ここでもレギュラー中堅手として4年間を過ごし、1976年には2度目のダイヤモンドグラブ賞を受賞。全盛時は強肩で知られていたが、肩の弱さが目立ち始め、1979年には近鉄バファローズ[注 13]に移籍。同年の広島との日本シリーズでは3試合に出場するが、2打数無安打と活躍の場はなかった。同年限りで現役を引退。

引退後[編集]

1980年から1983年までラジオ大阪(OBC)で野球解説者を務めた[注 14]のち、1984年から1987年までは近鉄[注 13]一軍外野守備コーチ[注 15]1988年からは南海ホークス[注 16]二軍守備・走塁コーチ、福岡ダイエーホークスとなった1989年はチーフコーチ、1990年から1992年までは横浜大洋ホエールズ[注 17]一軍守備・走塁コーチ、1993年から1994年までは千葉ロッテマリーンズ[注 8]で一軍打撃コーチを歴任。1995年には千葉テレビ放送(CTC)解説者を務めたが、1996年は再びロッテで一軍守備・走塁コーチ[1]を務めた。[注 18]

1997年からはロッテのフロントに入り、スカウト部長も務めた。2001年編成部調査担当を最後に退団。[注 19]

ロッテのフロント退任後はJ SKY SPORTSで解説者を務めた[注 20]また、2007年には、当時連盟無所属のクラブチームだった長崎セインツの監督を務めていた。[要出典]

2014年1月20日学生野球資格回復に関する規則 第4条による認定者となる(修了認証番号:S-0139、登録名:池邉 巖)[14]

エピソード[編集]

阪神時代の1977年4月30日の対大洋[注 17]戦(川崎)では、捕手を守ったこともある。この試合で阪神は、8回裏の時点で、捕手として守備に就いている片岡新之介が7回裏に受けたファウルチップによる負傷のため、盗塁を許すなど既にまともに守れる状態ではなく、1点リードしていたものの無死二塁、三塁のピンチに陥っていた。更に、この時阪神は田淵幸一(こちらもファウルチップが当たったため交代)、大島忠一(代打起用済)と捕手全員を使い切っていた。この際困り果てた阪神首脳陣は池辺に捕手を命じた[27]。「外野から投球の様子を見ているからなんとかリードできるだろう」程度の考えで任せたものであった[27]が、池辺はアマチュア時代を含めて捕手の経験はなく、文字通りの急造捕手であった。この後の2イニングを古沢憲司とバッテリーを組み、速球カーブのみでなんとか無失点に抑え、勝利を収めた。この池辺の活躍に対して、球団から金一封が出たという[28]

守備位置に関しては二塁手以外の8ポジションの出場があり、指名打者としても3試合出場している。これは全ポジション(指名打者含む)出場がある五十嵐章人(ロッテ、オリックス、近鉄)、高橋博士(南海、日本ハム、ロッテ)に次いで多い。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 大毎
東京
ロッテ
1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1963 19 21 21 1 2 0 0 0 2 1 0 1 0 0 0 0 0 14 1 .095 .095 .095 .190
1964 93 132 128 10 31 5 1 0 38 6 2 3 1 1 1 0 1 27 3 .242 .254 .297 .551
1965 95 150 143 18 28 6 0 3 43 9 1 4 2 0 4 0 1 24 1 .196 .223 .301 .524
1966 105 243 229 31 52 7 1 10 91 32 2 2 3 1 7 0 3 32 3 .227 .259 .397 .657
1967 128 500 455 50 130 27 1 6 177 44 10 11 12 2 21 0 10 55 3 .286 .331 .389 .720
1968 131 544 504 61 124 19 0 15 188 47 9 4 12 2 19 0 7 56 4 .246 .283 .373 .656
1969 105 446 394 56 127 17 1 11 179 33 16 5 19 4 23 1 5 44 6 .322 .367 .454 .822
1970 125 524 467 71 128 17 1 22 213 61 14 7 27 3 23 1 4 65 9 .274 .314 .456 .770
1971 106 430 382 76 110 12 1 19 181 56 11 4 9 3 25 0 10 50 4 .288 .348 .474 .822
1972 121 501 459 69 123 22 0 21 208 70 11 8 1 5 29 1 7 69 16 .268 .321 .453 .774
1973 93 318 279 34 60 4 0 12 100 36 6 4 4 1 29 0 5 38 6 .215 .300 .358 .659
1974 99 272 249 28 70 10 1 5 97 27 8 3 6 1 13 0 3 28 2 .281 .325 .390 .714
1975 阪神 121 425 396 36 103 13 2 3 129 28 5 3 8 2 13 1 5 59 11 .260 .292 .326 .618
1976 121 366 337 33 94 14 1 13 149 40 5 2 6 3 16 0 4 37 8 .279 .319 .442 .761
1977 113 389 368 31 101 15 0 13 155 46 6 2 4 2 10 3 5 40 8 .274 .303 .421 .724
1978 92 291 272 27 62 7 1 1 74 18 1 3 4 2 11 0 2 25 7 .228 .263 .272 .535
1979 近鉄 64 138 125 11 32 2 0 2 40 10 1 0 3 1 6 1 3 11 3 .256 .306 .320 .626
通算:18年 1732 5690 5208 643 1377 197 11 156 2064 564 108 66 121 33 250 8 75 674 95 .264 .308 .396 .704
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大毎(毎日大映オリオンズ)は、1964年に東京(東京オリオンズ)に、1969年にロッテ(ロッテ・オリオンズ)に球団名を変更

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 大毎 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 11 3.0 2 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.33
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 11 3.0 2 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.33

表彰[編集]

記録[編集]

投手記録
打撃記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 34 (1962年 - 1972年、1975年 - 1978年)[注 21]
  • 16 (1973年 - 1974年)[12][22]
  • 27 (1979年)[9]
  • 70 (1984年 - 1987年)[9]
  • 80 (1988年 - 1989年)[10]
  • 72 (1990年 - 1992年)[11]
  • 81 (1993年 - 1994年)[12][30]
  • 94 (1996年)[12][15]

登録名[編集]

  • 池辺 巌 (いけべ いわお、1962年 - 1978年)
  • 池辺 豪則 (いけべ たけのり、1979年、1984年 - 1986年)
  • 池辺 巖(いけべ いわお、1987年 - 1994年、1996年)

関連情報[編集]

解説者としての出演番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 参考:
  2. ^ 参考(出身地情報):
  3. ^ 参考(池辺豪則の名前について):
    • 日本野球機構公式サイト内プロ野球在籍者名簿より、1979年から1986年までの登録名として明記[6]
    • 読み仮名付きで明記[3]
    • 1980年…野球解説者として紹介[7]
    • 1985年…読み仮名付きで紹介[8]
    • 2003年当時の一部プロ野球名鑑でも読み仮名付きで野球解説者として紹介[5]
    • 「豪則」表記について「たけのり」の読み仮名付きで紹介…[2]
  4. ^ 参考(池辺巖の名前について):
    • 日本野球機構公式サイト内プロ野球在籍者名簿より、1987年以降の登録名として明記[6]
    • 『日本プロ野球80年史』資料編に収録のデータベース
      • 1987年…[9]
      • 1988年 - 1989年…[10]
      • 1990年 - 1992年…[11]
      • 1993年 - 1994年、1996年…[12]
  5. ^ 参考(「池邉巖」表記):
    • 日本プロ野球OBクラブ…[13]
    • 日本学生野球協会…[14]
  6. ^ 参考:
    • 池邉巌…千葉ロッテマリーンズ公式サイトより、1996年当時の監督・コーチ・選手一覧表[15]
    • 池邊巌…[16]
    • 池邊巖…[1]
  7. ^ 参考:
  8. ^ a b 1964年より東京オリオンズ、1970年よりロッテ・オリオンズ、1992年より千葉ロッテマリーンズ。
  9. ^ 参考:
    • 次の資料より、1962年に投手として大毎へ入団。1964年以降は外野手として登録(ロッテとなった1969年のみ内野手として登録)されていたことが確認できる[12]
      • 次の資料では、1963年より内野手、1964年より外野手として登録されていたことが確認できる[20][21][22]
  10. ^ 参考:
    • “好守と勝負強い打撃の外野手”と記載[23]
  11. ^ 1965年シーズン途中よりサンケイスワローズ、1966年よりサンケイアトムズ、1969年よりアトムズ、1970年よりヤクルトアトムズ、1974年よりヤクルトスワローズ、2006年より東京ヤクルトスワローズ
  12. ^ 特に巨人では金田の400勝を称え、34が永久欠番となっている。
  13. ^ a b 1999年より大阪近鉄バファローズ、2004年シーズンを最後にオリックス・ブルーウェーブと合併(オリックス・バファローズとして発足)し解散。
  14. ^ a b c 参考(ラジオ大阪野球解説者だったことについて):
    • 1980年
      • 当時のラジオ専門誌より、同局のプロ野球ナイター中継として編成されていた『近鉄バファローズナイター』『OBCビッグナイター』両番組の解説者として紹介[7]
  15. ^ 参考:
    • 1985年…「守備走塁コーチ」と紹介[8]
  16. ^ 1988年まで南海ホークス、1989年より福岡ダイエーホークス。2005年より福岡ソフトバンクホークス。
  17. ^ a b 1977年まで大洋ホエールズ、1978年より横浜大洋ホエールズ、1993年より横浜ベイスターズ、2012年より横浜DeNAベイスターズ。
  18. ^ 参考:
    • 近鉄、南海、大洋、ロッテでコーチを歴任の旨が記載[5]
  19. ^ 参考:
    • 1996年のロッテコーチ退任後フロント転身の旨が記載…[24]
    • ロッテでスカウト部長を務めたことが明記…[5]
    • 2001年10月12日付で編成部調査担当を最後に退団となった(球団発表)ことが明記[25][26]
  20. ^ a b 参考(ロッテのフロント退任後にJ SKY SPORTSで解説者を務めたことについて):
    • 2003年当時のプロ野球名鑑より、「池辺豪則」の名前で「Jスカイスポーツ」(局名は原資料より)の解説者として紹介(「旧名巌」との記述もあり)[5]
  21. ^ 参考:

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『'96プロ野球12球団全選手百科名鑑』(『ホームラン』1996年3月号増刊。同31日、日本スポーツ出版社発行)P122掲載「池邊 巖」
  2. ^ a b c d 「長崎」左翼手・池辺巌(豪則) 名前いけべ…:「全国」 夢のベストナイン特集:時事ドットコム
  3. ^ a b 日本野球機構公式サイト内「池辺 豪則」プロフィールを参照。
  4. ^ a b 『週刊ベースボールONLINE』内「池辺巌」プロフィールを参照。
  5. ^ a b c d e f 『12球団全選手カラー百科名鑑2003』(『ホームラン』2003年3月号増刊。同29日、日本スポーツ出版社発行)P236掲載のプロフィール
  6. ^ a b 検索結果:池辺巖 - 日本野球機構公式サイト内プロ野球在籍者名簿
  7. ^ a b 『ランラジオ』1980年3号「全国タイムテーブル総集」P47掲載「ラジオ大阪」番組表より、火曜 - 木曜18:25 - 21:20『バファローズナイター』にて解説として辻佳紀とともに、土・日曜18:10 - 21:10『ビッグナイター』にて解説として辻佳紀・別所毅彦・豊田泰光とともに、「池辺豪則」の名が明記。 ※番組名表記は、原資料に基づく。
  8. ^ a b c 『週刊ベースボール』1985年2月25日号「'85プロ野球全選手写真名鑑」(第40巻・第8号、通算1511号。同年月日、ベースボール・マガジン社発行)掲載「池辺豪則」プロフィール(近鉄の守備走塁コーチとして紹介 ※2014年に同社から発行された『日本プロ野球80年史』の初回生産分限定復刻版にも掲載)
  9. ^ a b c 日本プロ野球80年史』記録編に収録された、近鉄パールス→近鉄バファロー→近鉄バファローズ→大阪近鉄バファローズの年度別監督・コーチ・選手一覧表を参照。
  10. ^ a b 日本プロ野球80年史』記録編に収録された、南海→近畿日本→近畿グレートリング→南海ホークス→福岡ダイエーホークス→福岡ソフトバンクホークスの年度別監督・コーチ・選手一覧表を参照。
  11. ^ a b 日本プロ野球80年史』記録編に収録された、大洋ホエールズ→大洋松竹ロビンス→大洋ホエールズ→横浜大洋ホエールズ→横浜ベイスターズ→横浜DeNAベイスターズの年度別監督・コーチ・選手一覧表を参照。
  12. ^ a b c d e f 日本プロ野球80年史』記録編に収録された、毎日オリオンズ→毎日大映オリオンズ→東京オリオンズ→ロッテ・オリオンズ→千葉ロッテマリーンズの年度別監督・コーチ・選手一覧表を参照。
  13. ^ 日本プロ野球OBクラブ公式サイト「池邉 巖」プロフィールを参照。
  14. ^ a b 学生野球資格回復に関する規則 第4条による認定者 - 日本学生野球協会公式サイト内 ※認定者一覧。35番目に「池邉 巖」の表記で掲載。
  15. ^ a b 1995年~1999年所属選手 - 千葉ロッテマリーンズ公式サイトより、1960年から1964年までの監督・コーチ・選手一覧表
  16. ^ 中学校軟式野球強化事業IN長崎県諫早市 | 社団法人全国野球振興会 日本プロ野球OBクラブBlog 2010年2月8日配信 ※7日に諫早球場(長崎県諫早市)で行われた、中学校軟式野球強化事業にて外野手担当講師を務めた人物として「池邊巌」表記で紹介。
  17. ^ a b 三井ゴールデングラブ賞 歴代受賞選手”. 三井広報委員会公式サイト. 2021年2月17日閲覧。
  18. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  19. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  20. ^ a b 1960年~1964年所属選手 - 千葉ロッテマリーンズ公式サイトより、1960年から1964年までの監督・コーチ・選手一覧表
  21. ^ a b 1965年~1969年所属選手 - 千葉ロッテマリーンズ公式サイトより、1960年から1964年までの監督・コーチ・選手一覧表
  22. ^ a b c 1970年~1974年所属選手 - 千葉ロッテマリーンズ公式サイトより、1960年から1964年までの監督・コーチ・選手一覧表
  23. ^ 【球界高校人脈】甲子園最多勝監督は長崎・海星高出身! - スポーツ - ZAKZAK 2012年5月13日配信 ※長崎・海星高校出身のプロ野球選手として紹介。
  24. ^ 『'97プロ野球12球団全選手百科名鑑』(『ホームラン』1997年3月号増刊。同31日、日本スポーツ出版社発行)P177掲載の千葉ロッテマリーンズにおける現役引退・退団者リスト ※異動者についても併せて記載。
  25. ^ 2001年1月5日から12月19日までの『スポーツ報知』ウェブサイト内ロッテ情報バックナンバー一覧(インターネットアーカイブ同12月19日付保存キャッシュ) → ロッテ仰天人事 木樽チーフスカウト退団 - 同10月12日付記事(日付は一覧ページを参照。インターネットアーカイブ同11月7日付保存キャッシュ) ※12日付で球団から退団発表が行われた旨が記載。
  26. ^ 江尻編成部長らが退団 - 『スポニチアネックス』(スポーツニッポンウェブサイト)2001年10月13日配信(インターネットアーカイブ同11月23日付保存キャッシュ) ※フルネームではなく「池辺調査担当」と記載のうえ、12日付退団となったことが球団から発表されたことが報道。
  27. ^ a b 【4月30日】1977年(昭52) 捕手がいない!鬼門・川崎球場、阪神選手が連日の骨折 - 『スポニチアネックス』内連載「日めくりプロ野球 4月」2008年4月13日6時配信
  28. ^ 内田雅也 (2012年3月27日). “猛虎人国記(14)~長崎県~ 初体験の捕手でピンチ救った”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/mouko/kiji/K20120327002919050.html 2013年5月3日閲覧。 
  29. ^ 日本プロ野球80年史』記録編に収録された、大阪タイガース→阪神→大阪タイガース→阪神タイガースの年度別監督・コーチ・選手一覧表を参照。
  30. ^ 1990年~1994年所属選手 - 千葉ロッテマリーンズ公式サイトより、1960年から1964年までの監督・コーチ・選手一覧表

関連項目[編集]