池野成一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
池野 成一郎
生誕 1866年6月25日慶応2年5月13日
江戸 駿河台
死没 (1943-10-04) 1943年10月4日(77歳没)
東京
国籍 日本の旗 日本
研究分野 植物学
研究機関 帝国大学
出身校 帝国大学
主な業績 ソテツ精子の発見
主な受賞歴 帝国学士院恩賜賞
プロジェクト:人物伝

池野 成一郎(いけの せいいちろう、1866年6月25日慶応2年5月13日) - 1943年昭和18年)10月4日)は日本植物学者。日本の植物形態学の先駆者でソテツ精子を発見した。

経歴[編集]

江戸駿河台旗本の家で生まれた。開成学校大学予備門から帝国大学理科大学植物学科に入学し、明治23年(1890年)に同校を卒業。翌年に帝国大学農科大学助教授に就任、留学先のドイツなどの大学の教授にも就任。

平瀬作五郎イチョウの研究を手助けし、明治29年(1896年)に平瀬はイチョウの精子を発見した。池野はその傍らソテツの研究でソテツの精子を発見し明治45年(1912年)に帝国学士院恩賜賞を受賞した。

昭和2年(1927年)に帝国学士院会員となった。

栄典[編集]

著書[編集]

家族・親族[編集]

参考文献[編集]

  • 「ソテツの精子の発見者、池野成一郎」 上山明博(『飛翔』富士通,2000年2月20日)

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。
  2. ^ 『官報』第1773号「叙任及辞令」1918年7月1日。