汪英紫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 汪英紫
琉球国南山王
在位 1388年 - 1402年?
全名 汪英紫
居城 島尻大里城
出生
死去 1402年
子女 達勃期、汪応祖、屋富祖
王朝 大里王統
父親 大里按司
テンプレートを表示

汪英紫(おうえいじ、? - 1402年 在位:?- 1402年)は琉球国の歴史書に登場する王である。

概要[編集]

大里王統の2代目。父の三男であった。先代の承察度の叔父であったと伝わるが、承察度が2、3代襲名した名前であった場合、父も兄も承察度であったことになる。島尻大里城主。

系譜[編集]

  • 父:不詳
  • 母:不詳
    • 兄(長男):承察度の父(大里按司)
    • 弟:函寧寿
  • 妃:不詳
    • 長男:達勃期
    • 次男:汪応祖
    • 三男:屋富祖

参考文献[編集]

関連項目[編集]