決戦関ヶ原大垣博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

決戦関ヶ原大垣博(けっせんせきがはらおおがきはく)とは、2000年(平成12年)3月25日から10月9日まで岐阜県大垣市大垣公園で開催された地方博。主催は決戦関ヶ原大垣博実行委員会。後援は岐阜県、大垣市、大垣市商工会議所。

1600年慶長5年)の関ヶ原の戦いより400年を記念し開催された。

マスコットは「みつなりくん」と「いえやすくん」。「みつなりくん」は石田三成デフォルメしたものとキツネの姿のものが、「いえやすくん」は徳川家康をデフォルメしたものとタヌキの姿のものがある。

開催の経緯[編集]

  • 2000年が関ヶ原の戦いより400年になることから企画される。大垣市が中心となり、西濃地区全体の博覧会として位置づけられた。
  • 当初は大規模な博覧会を計画していたが、会場の広さや予算など、様々な問題があり、小規模となった。

パビリオン[編集]

  • メイン会場は、岐阜県大垣市郭町の大垣公園を一時閉鎖して使用。駐車場は会場内にはなく、オーミケンシ大垣工場の空き地に専用駐車場を設け、シャトルバスを運行した。また、市内の有料駐車場も一部使用された。
  • テーマ館は、決戦関ヶ原館、東芝DVD館、大垣城、大垣市郷土館の4箇所。大垣城大垣市郷土館は既存の施設を使用。
  • NHK大河ドラマ葵 徳川三代とはタイアップが行なわれ、使用した小道具甲冑などが展示された。
  • コーエーゲームソフトである決戦を楽しむコーナーもあった。
  • その他に、関ヶ原の戦い当時の陣中食や、東西の味比べといった飲食コーナー、土産処などがあった。

関連交通[編集]

  • 決戦関ヶ原大垣博に関連して、イベントバスが運行された。
    • 西美濃歴史探訪号:決戦関ヶ原大垣博会場から、南宮大社、関ヶ原の戦いの決戦地、布陣地をめぐるバス。
    • ハリンコ号(公共施設巡回ワンコインバス):大垣市の主要施設を巡回するコミュニティバス

現在[編集]

  • 小規模の地方博であったが、最終的には成功であったという。
  • 会場であった大垣公園は再整備され、専用駐車場跡地は大規模ショッピングセンターアクアウォーク大垣アピタ大垣店)になっている。

関連項目[編集]