汾州 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

汾州(ふんしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から明代にかけて、現在の山西省中部に設置された。

概要[編集]

434年延和3年)、北魏により吐京鎮が立てられた。488年太和12年)、吐京鎮は汾州と改められた。その州治は蒲子城に置かれた。汾州は西河郡・吐京郡・五城郡・定陽郡の4郡10県を管轄した[1]

北斉のとき、汾州は南朔州と改称された。

北周のとき、南朔州は介州と改称された。

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、介州の属郡は廃止された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、介州は西河郡と改称された[2]617年義寧元年)、西河郡のうち介休平遥の2県が分離されて介休郡が置かれた。

618年武徳元年)、により介休郡は介州と改められ、西河郡は浩州と改められた。620年(武徳3年)、浩州は汾州と改称された。627年貞観元年)、介州が廃止され、介休・平遥の2県は汾州に併合された。742年天宝元年)、汾州は西河郡と改称された。758年乾元元年)、西河郡は汾州の称にもどされた。汾州は河東道に属し、西河孝義・介休・平遥・霊石の5県を管轄した[3]

のとき、汾州は河東路に属し、西河・介休・孝義・平遥・霊石の5県を管轄した[4]

のとき、汾州は河東北路に属し、西河・介休・孝義・平遥・霊石・温泉の6県と郭柵・洪山の2鎮を管轄した[5]

のとき、汾州は冀寧路に属し、西河・介休・孝義・平遥の4県を管轄した[6]

1376年洪武9年)、により汾州は山西等処承宣布政使司に直属した。1595年万暦23年)、汾州は汾州府に昇格した。汾州府は山西省に属し、直属の汾陽・孝義・平遥・介休・石楼の6県と永寧州に属する寧郷県の合わせて1州7県を管轄した[7]

のとき、汾州府は山西省に属し、汾陽・孝義・平遥・介休・石楼・臨・寧郷・永寧州の1州7県を管轄した[8]

1912年中華民国により汾州府は廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ 魏書』地形志二上
  2. ^ 隋書』地理志中
  3. ^ 旧唐書』地理志二
  4. ^ 宋史』地理志二
  5. ^ 金史』地理志下
  6. ^ 元史』地理志一
  7. ^ 明史』地理志二
  8. ^ 清史稿』地理志七