沂州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

沂州(ぎしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から清代にかけて、現在の山東省臨沂市一帯に設置された。

魏晋南北朝時代[編集]

529年永安2年)、北魏により設置された北徐州を前身とする。北徐州は東泰山郡・琅邪郡の2郡5県を管轄した[1]

578年宣政元年)、北周により北徐州は沂州と改称された。

隋代[編集]

初には、沂州は1郡4県を管轄した。583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、沂州の属郡の琅邪郡は廃止された。605年大業元年)、莒州が廃止され、その管轄県が沂州に統合された。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、沂州は琅邪郡と改称され、下部に7県を管轄した[2]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
沂州 莒州 琅邪郡
琅邪郡 東安郡 臨沂県 費県 顓臾県
新泰県 沂水県 莒県
東安県
即丘県 費県
武陽県 新泰県
東莞県 莒県

唐代[編集]

621年武徳4年)、徐円朗を平定すると、琅邪郡は沂州と改められた。742年天宝元年)、沂州は琅邪郡と改称された。758年乾元元年)、琅邪郡は沂州と改称された。沂州は河南道に属し、臨沂・費・・新泰・沂水の5県を管轄した[3]

宋代[編集]

北宋のとき、沂州は京東東路に属し、臨沂・承・沂水・費・新泰の5県を管轄した[4]

のとき、沂州は山東東路に属し、臨沂・費の2県と長任・向城・利城の3鎮を管轄した[5]

元代[編集]

のとき、沂州は益都路に属し、臨沂・費の2県を管轄した[6]

明代以降[編集]

1368年洪武元年)、により沂州は済寧府に転属した。1372年(洪武5年)、済南府に転属した。1374年(洪武7年)、青州府に転属した。1385年(洪武18年)、兗州府に転属した。沂州は郯城・費の2県を管轄した[7]

1724年雍正2年)、により沂州は直隷州に昇格した。1734年(雍正12年)、沂州直隷州は沂州府と改められた。沂州府は山東省に属し、蘭山・郯城・費・沂水・蒙陰日照莒州の1州6県を管轄した[8]

1913年中華民国により沂州府は廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ 魏書』地形志二中
  2. ^ 隋書』地理志中
  3. ^ 旧唐書』地理志一
  4. ^ 宋史』地理志一
  5. ^ 金史』地理志中
  6. ^ 元史』地理志一
  7. ^ 明史』地理志二
  8. ^ 清史稿』地理志八