沈徳燮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
沈徳燮
沈德燮.jpg
生誕 1895年11月16日[1]
清の旗 福建省福州
死没 1983年
中華民国の旗 中華民国台湾
所属組織 直隷軍閥
国民軍
中華民国空軍
最終階級 陸軍少将(直隷軍閥)
空軍少将(中国空軍)
除隊後 中国航空公司総経理
宝石店経営
テンプレートを表示

沈 徳燮(しん とくしょう/シェン・デーシェ、沈德燮)は、中華民国空軍軍人。字は少悦

経歴[編集]

現在の福州市倉山区城門鎮出身。福州英華書院及び協和大学を経て[2]、1913年7月、煙台海軍学校中国語版8期駕駛班卒業。同期には中山艦艦長として壮絶な最期を遂げた薩師俊中国語版がいる。1917年3月、南苑航空学校第2期卒業[3]。1920年、北京航空事務処の主催で蔣逵、江光瀛、呂德英らとともにイギリスに留学。1921年6月、海軍部の主催で蔣逵とともにアメリカに留学[4]

1922年、保定航空隊(隊長:敖景文)航空練習班教官兼主任[5]。23年冬、航空練習班は保定航空教練所(所長:鄧建中)となり、教育長[6]。1924年3月19日、工兵上校[7]。1924年4月、保定航空教練所所長。

1924年9月、中央航空司令部航空第2隊隊長[8]。第2次奉直戦争に参加。10月、保定航空教練所は孫岳率いる国民軍第3軍に接収され、保定航空学校に改称。また、1925年1月に国民第三軍航空司令就任。

1925年12月6日、陸軍少将[9]

国民革命軍航空処に加入し、1927年4月に蒋達、黄静波と共に中央軍事政治学校航空籌備委員[10]。同年10月1日、国民革命軍海軍航空処処長[11]。軍事委員会軍政庁航空処飛機工廠長(1928年8月3日[12])、1929年9月、上海海軍總司令部飛機處處長[13]。9月18日、中華航空協進第2回全国代表大会監察委員[14]。11月、航空処飛行訓練班教官[15]

海軍航空処長(1930年4月1日[16])、飛行考試委員会主任委員(1931年春[17])、軍政部航空署軍務処長(1933年7月17日[18])を歴任。

1934年5月、南昌にて航空委員会が設立されると第一処(参謀処)処長[19]。1935年9月4日、空軍上校[20]。1936年1月、航空委員会は南京に移駐。1月14日、航空気象委員会第一処処長[21]

日中戦争勃発後の8月、南京第一空軍区司令[22]。ただしこの時、沈は王叔銘佟彦博中国語版とともに戦闘機200機・爆撃機100機の購入交渉のためソ連に赴いており[23]、その間は職務を劉牧群に代行させていたものと思われる。

12月の南京陥落後、第一空軍区司令部は蘭州に移る。1939年1月、航空委員会訓練総監部総監。1940年5月25日、空軍少将[24]。1941年3月26日、航空委員会副主任。1943年、カイロ会談に中国空軍代表として参加。

1945年2月、退役し中国航空公司総経理。同年8月、国際民航機臨時理事会儀出席。

1947年5月、中国航空公司高級顧問。国共内戦後、中国航空は香港に拠点を置く。1949年11月9日、中国航空のパイロットらが中共に転じた両航事件中国語版が起こり、11月15日、総経理に復帰。しかし中国航空は解散が決まり、香港にて清算事務を行う。1950年3月、香港にて一年ほど宝石店を経営し、台湾に渡った[25]

栄典[編集]

  • 五等雲麾勲章中国語版 1937年1月1日[26]
  • 三等雲麾勲章 1943年10月10日[27]
  • 二等空軍復興栄誉勲章 1943年10月10日[27]
  • 四等宝鼎勲章中国語版 1944年8月13日[28]

出典[編集]

  1. ^ 軍事委員會銓敍廳. “陸海空軍軍官佐任官名簿第1巻 part2 (PDF)” (中国語). 臺灣華文電子書庫. pp. 74. 2018年2月28日閲覧。
  2. ^ 盧 1974, p. 7.
  3. ^ 南苑航空學校” (中国語). 中國飛虎研究學會. 2017年9月6日閲覧。
  4. ^ 金、p.445
  5. ^ 中國飛機尋根(之十六)
  6. ^ 直系空軍” (中国語). 中國飛虎研究學會. 2017年9月8日閲覧。
  7. ^ 政府広報 2872号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月6日閲覧。
  8. ^ 李 1973, p. 42.
  9. ^ 政府広報 3476号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月6日閲覧。
  10. ^ 馬 1994, p. 610.
  11. ^ 馬 1994, p. 611.
  12. ^ 国民政府広報 80期 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月6日閲覧。
  13. ^ 中國飛機外篇(之九)
  14. ^ 馬 1994, p. 400.
  15. ^ 金、p.p.155
  16. ^ 国民政府広報 433号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月6日閲覧。
  17. ^ 李 1973, p. 82.
  18. ^ 国民政府広報 1185号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月6日閲覧。
  19. ^ 馬 1994, p. 411.
  20. ^ 国民政府広報 1837号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月6日閲覧。
  21. ^ 劉廣英『寫風暴的人』 (PDF)” (中国語). 中華航空氣象協會. 2017年9月8日閲覧。
  22. ^ 馬 1994, p. 414.
  23. ^ 褚晴暉『The Legend of Tsoo Wong 王助教授事略』 (PDF)” (中国語). 高雄科學工藝博物館. 2017年9月8日閲覧。
  24. ^ 国民政府広報 261号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月6日閲覧。
  25. ^ 第一节人物传略*沈德燮” (中国語). 上海市地方志办公室. 2017年9月8日閲覧。
  26. ^ 国民政府広報第2243号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月8日閲覧。
  27. ^ a b 国民政府広報渝字第612号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月8日閲覧。
  28. ^ 国民政府広報渝字第701号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月8日閲覧。

参考[編集]

  • 国軍空軍少将介紹” (中国語). 中国黄埔軍官学校網. 2017年9月6日閲覧。
  • 金智『青天白日旗下民國海軍的波濤起伏(1912-1945)』獨立作家出版、2015.5。ISBN:9789865729707
  • 马毓福編著 (1994). 1908-1949中国军事航空. 航空工业出版社. 
  • 盧克彰編著 (1974). 空軍建軍史話. 空軍總部政治作戰部. 
  • 李天民 (1973). 中國航空掌故. 中國的空軍出版社. 
軍職
先代:
王助中国語版
海軍航空処長
第2代:1930.4.1 - 1936.2.11
次代:
陳文麟
先代:
なし
航空委員会第1処処長
初代:1934.5 - 1937.5
次代:
張有谷
先代:
なし
第一空軍区司令部
初代:1937.8 - 1939.5
次代:
黄秉衡
先代:
毛邦初
航空委員会副主任
第4代?:1941.3.26 - 1943.1
次代:
毛邦初