沖ノ島古墳群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
沖ノ島 古墳群の位置(兵庫県内)
沖ノ島 古墳群
沖ノ島
古墳群
沖ノ島古墳群の位置

沖ノ島古墳群(おきのしまこふんぐん、沖の島古墳群)は、兵庫県南あわじ市阿那賀の沖の島にある古墳群。史跡指定はされていない。

概要[編集]

淡路島南部、鳴門海峡に面した伊毘港の沖合に浮かぶ沖の島(無人の小島)に営まれた古墳群である[1]。約18基から構成される[1]1960-1961年昭和35-36年)に発掘調査が実施されている[1]

古墳はいずれも直径数メートルの小円墳で、主体部の埋葬施設は2基(1・2号墳)が片袖式の横穴式石室とし、11基が小型竪穴式石室とする[2][1]。副葬品として、須恵器などのほかに鉄釣針・軽石うき・土錘・イイダコ壺・棒状石製品などの漁具が多数出土した点で特色を示す[2][1][3]。営造時期は古墳時代後期-終末期6世紀後半-7世紀前半頃と推定され[1]、立地・副葬品により海に関係する集団の墓として注目される古墳群である[2][1][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

(記事執筆に使用した文献)

  • 浦上雅史「沖ノ島古墳群」『日本古墳大辞典東京堂出版、1989年。ISBN 4490102607。
  • 「沖の島古墳群」『日本歴史地名大系 29 兵庫県の地名』平凡社、1999年。

関連文献[編集]

(記事執筆に使用していない関連文献)

  • 『淡路・沖ノ島 -淡路・沖ノ島古墳群発掘調査報告-』西淡町教育委員会、1987年。

座標: 北緯34度15分27.05秒 東経134度40分14.95秒 / 北緯34.2575139度 東経134.6708194度 / 34.2575139; 134.6708194 (沖ノ島古墳群)