沖山光利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
沖山 光利
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1933-05-01) 1933年5月1日
没年月日 (2012-05-23) 2012年5月23日(79歳没)
身長
体重
172 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1956年
初出場 1956年3月21日
最終出場 1960年10月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 大洋ホエールズ
    横浜大洋ホエールズ (1961 - 1981)

沖山 光利(おきやま てるとし、1933年5月1日 - 2012年5月23日)は、東京都出身で、大洋ホエールズに在籍したプロ野球選手外野手)である。1960年の大洋V1戦士の1人。

来歴・人物[編集]

明治高校では外野手として、甲子園に3回出場した。2年生時の1950年春の選抜では1年上のエース・大崎三男を擁し、1回戦で彦根高を降すが、準々決勝で北野高に敗退[1]。同年夏の選手権は2回戦(初戦)で北海高に敗れる[2]。翌年の春の選抜では準決勝まで進むが、藤尾茂中田昌宏らを擁した鳴尾高に大敗した[1]

卒業後は明治大学に進学。東京六大学リーグではエース秋山登を擁し、1953年秋季リーグの戦後初優勝を含め、在学中に3度の優勝を経験。1954年1955年全日本大学野球選手権で連続優勝を果たす。同年の第2回アジア野球選手権大会日本代表として、日本チームの優勝に貢献。リーグ通算95試合出場、323打数86安打、打率.266、1本塁打、23打点、ベストナイン(外野手)2回。

1956年大洋ホエールズに入団。秋山、土井淳岩岡保宏黒木弘重らと同期入団し「明大五人衆」と呼ばれ話題になった。俊足・巧打の外野手として1年目からレギュラーとなり、19盗塁を記録。6月6日の対阪神戦で小山正明と対戦。初回先頭打者でヒットを打つ。しかし小山はその後の打者27人を完璧に抑えて完封し「沖山に打たれなければ完全試合だった」と悔しがった。

その後も勝負強い打撃で活躍するが、1960年オープン戦犠打を失敗し併殺打に倒れると、監督の三原脩が激怒し以後2ヶ月近く全く起用されなくなる。5月5日巨人戦でようやく代打起用され逆転タイムリーヒット。これ以後はレギュラーとして起用される。沖山は「打席に立った時、足の震えが止まらなかった」と後に語っている。これは当時6年連続最下位だった大洋のチーム体質を変える為に、三原監督が取った作戦だったと言われている。同年のリーグ初優勝、日本一に貢献するが、この年限りで引退。

30年以上にわたって二軍コーチ・球団フロントを歴任し、1996年に退団するまで大洋・横浜一筋のプロ野球人生だった。

ファームのコーチ時代、狙った所に正確に打つノックの腕は天下一品と言われていた。田代富雄ニックネーム「オバQ」および高木由一のニックネーム「とっつぁん」は、コーチ時代の沖山が付けたもの[3]

2012年5月23日、脳出血のため死去[4]。79歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1956 大洋 114 435 387 35 78 11 3 3 104 13 19 10 6 2 40 0 0 69 1 .202 .276 .269 .545
1957 93 297 264 32 66 12 1 0 80 9 9 5 9 0 23 0 1 40 5 .250 .313 .303 .616
1958 124 517 472 38 103 17 1 2 128 18 11 7 5 1 36 3 3 56 6 .218 .278 .271 .549
1959 84 200 179 14 30 7 0 2 43 12 6 4 5 2 14 0 0 23 1 .168 .228 .240 .468
1960 106 282 242 33 59 8 4 1 78 16 17 3 11 2 27 0 0 54 2 .244 .320 .322 .642
通算:5年 521 1731 1544 152 336 55 9 8 433 68 62 29 36 7 140 3 4 242 15 .218 .284 .280 .565

記録[編集]

背番号[編集]

  • 21 (1956年 - 1960年)
  • 41 (1961年 - 1980年)
  • 82 (1981年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 赤坂英一『最後のクジラ:大洋ホエールズ・田代富雄の野球人生』講談社、2013年、ISBN 4062185415
  4. ^ 元大洋選手の沖山光利氏死去 初の日本一に貢献 スポーツニッポン2012年5月27日閲覧

関連項目[編集]