沖縄市多目的アリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
沖縄アリーナ
OKINAWA ARENA
地図
施設情報
正式名称 沖縄アリーナ
収容人数 10,000人
管理運営 沖縄アリーナ株式会社
階数 地上6階
着工 2018年9月25日
所在地 904-0034
沖縄県沖縄市諸見里1丁目16
テンプレートを表示

沖縄アリーナ(おきなわアリーナ)は、沖縄県沖縄市諸見里のコザ運動公園(沖縄市総合運動場)に建設中の多目的アリーナである。

概要[編集]

アリーナが建設する以前は闘牛場があり[1]、2017年10月の「ORANGE RANGE presents テレビズナイト017 in 闘牛場 FINAL」をもって閉場。同地に1万人規模のアリーナ施設の建設を進めることとなった。

概算事業費は、概算で本体(地上5階、鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造・延べ面積約2万6,200平方メートル)の工事費が約135億7200万円、外構工や駐車場整備などを含むその他工事費を22億8,500万円と算出(什器備品、設計費、消費税を除く)。事業収入は年間3億3,000万円、支出も同額と想定。健全な経営が行われれば、年間4,000万円程度の指定管理料で維持できると試算している。また、経済波及効果は建設時約267億円、単年度運用時で約133億円と試算している[2]

琉球ゴールデンキングスのスポーツ興業を中心に、コンサートや展示会などにも対応できるようにする。また、バスや駐車場を含む交通面の整備、周辺地域や飲食・宿泊業などの付帯産業と連携を進め、経済波及効果の最大化、防災拠点としての役割も持たせる[3][4][5]

なお、2023年にフィリピン・インドネシアとの共催で開催される「2023年FIBAバスケットボール・ワールドカップ」の会場となる[6]

施設[編集]

コンクリート床仕上げのイベントフロアは県内最大の床面積を誇り、アリーナの天井から510インチの大型映像装置が吊り下げられており、演出に活用できる設計になっている[7]

沿革[編集]

沖縄アリーナの建設予定地

2016年9月15日、沖縄市は「(仮称)沖縄市多目的アリーナ施設等整備全体計画調査業務報告書」を公表。同地に1万人規模のアリーナ施設の建設を進めることになった。2016年度中に実施設計を終え、当初は17年末に本体工事に着工し、2020年度にオープンする予定であった。アリーナ施設は、多目的に利用できる土間床をベースとし、貴賓ルームやレストランスペースなどを完備。5階建ての鉄筋コンクリート造りで、床面積は約2万6,200平方メートル。サブアリーナや駐車場を含めた敷地面積は約22万9,500平方メートルとなる[8]

2018年[編集]

9月25日起工。施設は、米軍再編事業の進展に応じて支給される「再編推進事業補助金」などを活用する。延べ床面積は約2万7,000平方メートルで、6階建て。メインアリーナとサブアリーナ、多目的室を設け、2020年9月の工事完了を目指している。天候に左右されない沖縄県内初の「全天候型大規模アリーナ」として、スポーツやコンサートなどのエンターテインメント事業の開催を見込む[9][10]

2019年[編集]

7月10日、琉球ゴールデンキングスを運営する、沖縄バスケットボール株式会社のグループ会社「沖縄アリーナ株式会社」が、アリーナの指定管理者の候補者として決定[11][12]。また同日、琉球ゴールデンキングスエイベックスとの業務提携の合意を発表。アリーナエンタテインメントにおける取り組みが進められることになる[13][14]

9月6日、2021年のBリーグオールスターゲームの開催を発表した[15]

2020年[編集]

2月18日、沖縄市から、自然災害の発生による工期延長により、実施予定日までの竣工の確約が難しいことから、2021年に予定していたオールスターゲームの開催を、2022年に延期することを発表した[16][17]。着工した2018年8月ごろには廃棄物混じり土が見つかり、2019年1月には環境基準値の5倍を上回る六価クロムが検出。さらに同年に発生した台風の影響により、アリーナ建設が遅延されていた[18]

5月11日、FIBA(国際バスケットボール連盟)は「2023年FIBAバスケットボール・ワールドカップ」の日程を発表した[19]。アリーナでは、8カ国で構成される1グループの予選ラウンドなどが行われる[20]

8月7日、沖縄市議会で建設工事の請負契約変更議案を全会一致で可決。総事業費は予定金額より約2億8000万円増額し、約162億3000万円となった。また、台風に伴う建設資材の遅れなどを踏まえ、2021年3月までの完成が決まった[21][22]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ キングス本拠地が決定 沖縄市の闘牛場にアリーナ建設 - 沖縄タイムス社
  2. ^ http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/PPP/news/091900020/
  3. ^ http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/PPP/news/091900020/
  4. ^ “23年バスケW杯開催へ 沖縄市「1万人アリーナ」に託す夢 沖縄市上田副市長インタビュー(上)” (プレスリリース), スポーツイノベイターズ公式サイト, (2017年12月18日), https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/092100040/121200025/ 2019年7月17日閲覧。 
  5. ^ “沖縄市「1万人アリーナ」、試合・人・街つなげるICT 沖縄市上田副市長インタビュー(下)” (プレスリリース), スポーツイノベイターズ公式サイト, (2017年12月20日), https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/092100040/121300026/ 2019年7月17日閲覧。 
  6. ^ “2023年バスケW杯は沖縄市 3カ国共催、沖縄で8カ国が予選” (プレスリリース), 沖縄タイムス公式サイト, (2017年12月10日), https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/181869 2019年7月17日閲覧。 
  7. ^ “施設特長” (プレスリリース), 沖縄アリーナ公式サイト, https://www.okinawa-arena.jp/features/ 2019年12月23日閲覧。 
  8. ^ http://ryukyushimpo.jp/news/entry-358910.html
  9. ^ “(仮称)沖縄市多目的アリーナ建設工事 起工式開催のご報告” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年9月25日), https://goldenkings.jp/news/detail/id=7326 2019年1月22日閲覧。 
  10. ^ “全天候で1万人収容 「沖縄市多目的アリーナ」起工” (プレスリリース), 琉球新報公式サイト, (2018年10月4日), https://ryukyushimpo.jp/news/entry-813661.html 2019年1月22日閲覧。 
  11. ^ “沖縄アリーナ指定管理者決定” (プレスリリース), 公式サイト, (2019年7月10日), https://goldenkings.jp/news/detail/id=14010 2019年7月16日閲覧。 
  12. ^ “キングス子会社、指定管理者可決/沖縄市アリーナ” (プレスリリース), 沖縄タイムス公式サイト, (2019年7月9日), https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/443197 2019年7月16日閲覧。 
  13. ^ “琉球ゴールデンキングスとエイベックスが業務提携” (プレスリリース), 公式サイト, (2019年7月10日), https://goldenkings.jp/news/detail/id=14012 2019年7月16日閲覧。 
  14. ^ “キングス、エイベックスと業務提携/沖縄” (プレスリリース), 毎日新聞公式サイト, (2019年7月12日), https://mainichi.jp/articles/20190712/rky/00m/020/006000c 2019年7月16日閲覧。 
  15. ^ “Bリーグオールスターゲーム、2021年に沖縄で開催決定” (プレスリリース), 琉球新報公式サイト, (2019年7月12日), https://ryukyushimpo.jp/news/entry-996687.html 2019年12月23日閲覧。 
  16. ^ “Bリーグオールスター戦、沖縄開催は2022年に延期 沖縄市「試合日までにアリーナ完成を確約できない」” (プレスリリース), 琉球新報公式サイト, (2020年2月18日), https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1076256.html 2020年3月1日閲覧。 
  17. ^ “Bリーグオールスターゲーム2021の開催地が変更、沖縄市新アリーナの建設が昨年の台風の影響で遅れる” (プレスリリース), バスケットボールカウント, (2020年2月18日), https://basket-count.com/article/detail/37048 2020年3月1日閲覧。 
  18. ^ “バスケBリーグ 沖縄での2021年オールスター戦延期 アリーナ建設間に合わず” (プレスリリース), 沖縄タイムス公式サイト, (2020年2月18日), https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/536504 2020年3月1日閲覧。 
  19. ^ “「FIBAワールドカップ2023」の日程が発表…沖縄アリーナで予選ラウンドを開催” (プレスリリース), バスケットボールキング, (2020年5月12日), https://basketballking.jp/news/world/wc/20200512/229620.html 2020年6月16日閲覧。 
  20. ^ “23年バスケW杯 「沖縄らしいもてなしを」大会成功へシンポジウム” (プレスリリース), 琉球新報, (2020年8月26日), https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1180012.html 2020年9月8日閲覧。 
  21. ^ “沖縄市の多目的アリーナ、年度内完成へ 市議会で工事契約可決” (プレスリリース), 琉球新報, (2020年8月7日), https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1170253.html 2020年9月8日閲覧。 
  22. ^ “新たなエンタテインメントを提供する『沖縄アリーナ』は来年3月オープン予定、沖縄のバスケ熱の発信地に” (プレスリリース), バスケットカウント, (2020年9月4日), https://basket-count.com/article/detail/50233 2020年9月8日閲覧。 

座標: 北緯26度19分58.5秒 東経127度47分1.1秒 / 北緯26.332917度 東経127.783639度 / 26.332917; 127.783639