沖縄県営鉄道海陸連絡線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海陸連絡線
概要
現況 廃止
起終点 起点:那覇駅
終点:桟橋荷扱所駅
駅数 2駅
運営
開業 1917年7月1日 (1917-07-01)
運行停止 1945年3月 (1945-3)
所有者 沖縄県
使用車両 沖縄県営鉄道#車両の節を参照
路線諸元
路線総延長 1.0 km (0.62 mi)
軌間 762 mm (2 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線(停止当時)
凡例
exSTR
与那原線
exSTR exENDEa
exBHF exDST
0.0 那覇駅
exABZg+l exSTRr
exKDSTe
1.0 桟橋荷扱所駅
BOOT
那覇港

海陸連絡線(かいりくれんらくせん)は、与那原線の起点であった那覇駅から那覇港の桟橋荷扱所駅まで伸びていた、沖縄県営鉄道鉄道路線である。

那覇駅の構内側線として与那原線の開業時から存在していたが、1917年(大正6年)に正式な貨物線として開業した。貨物列車のほか、団体列車など臨時に旅客列車を運行したこともあったようである。太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)3月に運行を停止、沖縄戦で線路施設が破壊され、そのまま消滅した。

路線データ[編集]

運行停止時点

  • 路線距離:那覇 - 桟橋荷扱所 1.0km
  • 軌間:762mm
  • 駅数:2(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化

歴史[編集]

  • 1917年(大正6年)7月1日 那覇 - 桟橋荷扱所間が開業。(貨)桟橋荷扱所駅が開駅。
  • 1945年(昭和20年)3月 運行を停止。

駅一覧[編集]

運行停止時点。全駅が沖縄県に所在

駅名 読み方 接続路線(当時) 周辺施設(現在) 開業年月日 市町村(現在)
那覇駅 なは 沖縄県営鉄道与那原線 那覇バスターミナル(旧駅敷地の一部)
沖縄都市モノレール線旭橋駅
1914年12月1日 那覇市
桟橋荷扱所駅 さんばしにあつかいしょ   那覇港 1917年7月1日

関連項目[編集]