沖縄県立宮古農林高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

沖縄県立宮古農林高等学校(おきなわけんりつ みやこのうりんこうとうがっこう)は、沖縄県宮古島市に所在した公立農業高等学校

2008年(平成20年)4月に本校と沖縄県立翔南高等学校とを統合した沖縄県立宮古総合実業高等学校が発足。在校生が卒業した2010年(平成22年)3月をもって閉校した。

設置学科[編集]

  • 生物生産科
  • 環境工学科
  • 生活福祉科

沿革[編集]

  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 宮古群島政府立宮古中学校に農科を併設[1]
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 宮古群島政府立宮古高等学校農林部となる[1]
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革に伴い宮古農林高等学校に改称[1]
  • 1952年(昭和27年)4月1日 - 琉球政府に移管され、琉球政府立宮古農林高等学校となる。また、男女共学となる[1]
  • 1972年(昭和47年)5月15日 - 本土復帰に伴い沖縄県立宮古農林高等学校に改称[1]
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 沖縄県立翔南高等学校と統合され宮古総合実業高校が発足[1]
  • 2010年(平成22年)3月2日 - 閉校式[2]

環境工学科環境班の活動[編集]

同班の研究「「宮古の水を守れ~土壌蓄積リンで環境に優しい有機肥料作り~」が、2004年日本河川協会第3回青少年研究活動賞を受賞し[3]、さらにスウェーデンストックホルムで日本人初の第8回ストックホルム青少年水大賞を受賞した[4]。同賞は「水のノーベル賞」とも呼ばれ、世界の青少年を対象に、地球規模で水の保全、保護及び水資源管理などに取り組むことを支援する目的で設けられたもので、環境工学科環境班は河川がなく、飲み水のすべてを地下水に頼らざるを得ない宮古島にて化学肥料による汚染から、命の源である地下水を守るため、有機肥料バイオ・リンの研究開発を発表し、製造した肥料を地域の農家に普及させ地下水保全に取り組んできたことが評価された[5]

翔南高校との統合[編集]

同じ市内沖縄県立翔南高等学校との統合が県によって進められ、2008年(平成20年)4月に統合された。ただし、地域住民の反対意見も多く難航した。

その理由として、県が2002年から統合を進めてきたにも関わらず、地域住民への説明会が行われたのは2006年6月3日であり、その説明会では「地域住民は聞いたことがない。3年間も説明会も開かず、きょうの説明会で県側は『再編統合しますから』ということは、離島・地域住民の軽視だ」、「両校とも宮古の第一次産業の人材育成に寄与している。再編統合すると人材育成ができない。統合反対だ」などの意見が出た。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]