沖縄県道14号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
沖縄県道14号標識
沖縄県道14号線
源河有銘横断道路
路線延長 8.46 km
起点 名護市字源河
終点 国頭郡東村字有銘
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0058.svg国道58号
Japanese National Route Sign 0331.svg国道331号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

沖縄県道14号線(おきなわけんどう14ごうせん)は沖縄県名護市字源河と国頭郡東村字有銘とを結ぶ一般県道。通称・源河有銘横断道路。

概要[編集]

区間[編集]

  • 起点:名護市字源河(国道58号
  • 終点:国頭郡東村字有銘(国道331号
  • 総延長:8.46km(実延長も同じ)

通過自治体[編集]

  • 名護市 - 国頭郡東村

交差する路線[編集]

  • 国道58号(起点)
  • 国道331号(終点)

歴史・特徴[編集]

1955年(昭和30年)に琉球政府道14号線として指定、1972年(昭和47年)の本土復帰とともに県道14号線となった。山間部を通るため、当時整備されたのは起点の名護市字源河と終点の東村字有銘のそれぞれの集落部の僅かな部分のみだったが、(政府道時代から)指定から30年経った1980年代半ばになってようやく全線開通した。東村南部や名護市天仁屋方面から名護市街へ通じる重要な生活道路となった。この路線が開通するまでは東村平良経由大宜味村塩屋廻りか名護市二見廻りの2通りで遠回りしなければならなかった。

関連項目[編集]