沖縄県道191号与那覇上地線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
沖縄県道191号標識

沖縄県道191号与那覇上地線(おきなわけんどう191ごう よなはうえちせん)は沖縄県宮古島市下地与那覇と下地上地と結ぶ一般県道

概要[編集]

区間[編集]

  • 起点:宮古島市下地字与那覇
  • 終点:宮古島市下地字上地(国道390号
  • 総延長:1.18km(実延長も同じ)

通過自治体[編集]

交差する道路[編集]

重複路線[編集]

  • 沖縄県道235号保良上地線(宮古島市下地上地 - 終点)

主要施設[編集]

  • 宮古島市下地庁舎(宮古島市下地上地)

歴史[編集]

  • 1953年(昭和28年)に琉球政府道平良与那覇線として指定。1972年(昭和47年)の本土復帰と同時に県道となった。
  • 1975年(昭和50年)に平良市西里(現宮古島市平良西里) - 下地町上地(現同市下地上地)の(旧)城辺下地線(現県道246号の同路線とは別)交点間が国道390号に昇格したため現路線名となった。

関連項目[編集]