沖縄県道20号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
沖縄県道20号標識
沖縄県道20号胡屋泡瀬線[1]
コザゲート通り
路線延長 約7 km[2]
起点 沖縄市比屋根[2]
終点 沖縄市上地
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0329.svg国道329号
Japanese National Route Sign 0331.svg国道331号
Japanese National Route Sign 0330.svg国道330号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路
沖縄県道20号胡屋泡瀬線

沖縄県道20号胡屋泡瀬線(おきなわけんどう20ごう ごやあわせせん)[1]沖縄県沖縄市比屋根と上地とを結ぶ一般県道。胡屋十字路から終点までの区間は「コザゲート通り」(旧称「空港通り」)と呼ばれている[3]

概要[編集]

1953年(昭和28年)に嘉手納基地第1ゲート - 第2ゲートと同ゲート - 胡屋十字路のゲート通り(現「コザゲート通り」)が軍道20号線、胡屋 - 高原が琉球政府道20号線として指定された。その後、1972年(昭和47年)の本土復帰と同時に嘉手納基地内を除く区間が県道20号線となった。なお、復帰前は起終点が逆だった。

1980年代まで起点 - 沖縄市安慶田部分が未整備だったがのちに整備され、国道329号方面から胡屋方面への交通の利便性が向上した。

国道330号と交わる胡屋十字路 - 終点の嘉手納基地第2ゲートまでの区間はかつてゲート通りと呼ばれ、その後「空港通り」に改名されたが、呼称が定着しないことや誤認もあったため、改めて「コザゲート通り」に改名された[3]。アメリカ軍人やその家族らも多く、道沿いには外国人向けの店舗も少なくない。

2014年には、県道85号 - 高原交差点間の沖縄市道および沖縄市道泡瀬国体線が当路線に昇格された。前者は新しく当路線の標識が設置されているが、後者は沖縄市道であったのに沖縄県道227号沖縄県総合運動公園線距離標が設置されており、当路線の標識は設置されていない。どちらも交差点の案内標識が当路線になるように書き換えられている。また、泡瀬干潟埋立予定地へ当路線を延長する計画がある。[4]

要目[編集]

通過自治体[編集]

  • 沖縄市

交差する路線[編集]

重複路線[編集]

  • 沖縄県道85号沖縄環状線(沖縄市泡瀬)

沿線の主な施設[編集]

  • 嘉手納基地(終点)

路線バス[編集]

高原まで全線開通後に東陽バスの東南植物楽園線が胡屋十字路 - 高原交差点間に乗り入れたが、2004年(平成16年)に廃止された。その後、路線再編により改めて乗り入れを行っているが、泡瀬循環線(60番)が同区間を平日のみ運行している。なお、「コザゲート通り」区間には路線バスは乗り入れていない(米軍のスクールバスは乗り入れている)。

脚注[編集]

  1. ^ a b 20_一般県道_胡屋泡瀬線
  2. ^ a b c d 県道20号線(泡瀬工区)
  3. ^ a b 「コザゲート通り」復活 「空港通り」なじめず - 琉球新報(2005年5月15日付、2011年4月19日閲覧)
  4. ^ 県道20号延長を可決 県議会 泡瀬関連 - 琉球新報(2012年10月13日付、2014年11月11日閲覧)
[ヘルプ]

関連項目[編集]