沖縄県道235号保良上地線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
沖縄県道235号標識
沖縄県道235号保良上地線起点

沖縄県道235号保良上地線(おきなわけんどう235ごう ぼらうえちせん)は沖縄県宮古島市城辺保良と下地上地とを結ぶ一般県道。通称、「南岸線」[1]

概要[編集]

宮古島を一周する道路(宮古島一周道路)の一部を構成し、宮古島南部の太平洋岸に沿って走っている[2]。沿線にはゴルフ場や本土最大手の私鉄東京急行(東急)系のリゾートホテルなどのホテルがある。

区間[編集]

通過自治体[編集]

交差する道路[編集]

重複路線[編集]

  • 沖縄県道191号与那覇上地線(宮古島市下地上地 - 終点)

主要施設[編集]

歴史・特徴[編集]

  • 1989年(平成元年) - 県道に指定される。
  • 1988年度(昭和63年度)〜1994年度(平成6年度) - 第一期事業として保良〜友利間(7.84km)が開通[1]
  • 1995年度(平成7年度) - 友利〜上地間 (13.28km)に着工[1]
  • 2013年(平成25年)3月 - 全面開通[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「南岸線」が全面開通 宮古新報、2013年3月23日
  2. ^ 南岸線の最終工区整備はじまる 宮古新報、2012年11月3日

関連項目[編集]