沖縄赤十字病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 沖縄赤十字病院
New Okinawa Red Cross Hospital.JPG
情報
英語名称 Okinawa Red Cross Hospital
前身 厚生協会診療所
厚生協会病院
許可病床数

314床


一般病床:314床
職員数 360人[1]
開設者 日本赤十字社沖縄県支部
管理者 高良英一[2](病院長)
開設年月日 1952年12月19日
所在地
902-8588
沖縄県那覇市与儀一丁目3番1号
位置 北緯26度12分24秒
東経127度41分35秒
二次医療圏 南部
PJ 医療機関
テンプレートを表示
移転前の沖縄赤十字病院(那覇市古波蔵)

沖縄赤十字病院(おきなわせきじゅうじびょういん)は、沖縄県那覇市に所在する医療機関である。周産期母子医療センターの指定を受けている。

沿革[編集]

ゆいクロス[編集]

2010年6月2日、日本赤十字社沖縄県支部と沖縄県赤十字血液センター、同年7月5日に沖縄赤十字病院の3施設が那覇市与儀に移転し、この合同施設は「ゆいクロス」と命名された[3]。1階にファミリーマートが開業、5階には日本赤十字社沖縄県支部事務局が置かれた。

以前この場所は、琉球大学医学部附属病院西原町に移転)、その後沖縄県立那覇病院を開設したが、県が赤十字社に土地を売却した[4]。那覇病院は南風原町に移転し、名称は沖縄県立南部医療センター・こども医療センターに変更された。

診療科目[編集]

周辺施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 病院のご案内(PDF)
  2. ^ 「高」ははしご高。
  3. ^ 2010年7月 第24号 沖縄赤十字病院広報誌 おきせき
  4. ^ 県、日赤に売却へ 那覇病院跡地 琉球新報