沖縄都ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
沖縄都ホテル
Okinawa Miyako Hotel.JPG
ホテル概要
正式名称 沖縄都ホテル
運営 近鉄・都ホテルズ
所有者 近鉄不動産
階数 地下1階 - 地上15階
部屋数 307室
開業 1974年3月1日
閉業 2018年1月22日
最寄駅 安里駅
最寄IC 沖縄自動車道那覇インターチェンジ
所在地 〒902-0062
沖縄県那覇市松川40
位置 北緯26度13分9.5秒
東経127度42分24.3秒
座標: 北緯26度13分9.5秒 東経127度42分24.3秒
テンプレートを表示

沖縄都ホテル(おきなわみやこほてる)は、沖縄県那覇市にあった近鉄グループ都ホテルズ&リゾーツに加盟するホテルのひとつ。

概要[編集]

那覇市の首里丘陵に1974年オープン。回転レストラン、宴会場、プールなどを備える当時沖縄最大のリゾートホテルであった[1]

開業当初は近畿日本ツーリストと地元企業の共同出資による「沖縄観光開発株式会社」が運営していたが[1]2007年近畿日本鉄道が吸収合併し、近鉄・都ホテルズが受託運営していた。のち土地・建物は近鉄不動産の所有となった[2]

2017年7月、沖縄県と那覇市が沖縄都ホテルを含む複数のホテルを震度6強 - 7の地震により倒壊する危険性があるもしくは高い施設として公表[2]。これに伴い耐震改修のめどを付ける中で、土地と建物・運営権はモルガン・スタンレー関連会社に譲渡されることになり[2]、2018年1月22日をもって営業終了。同31日には所有権が近鉄不動産から譲渡された[3]

建物の耐震補強や館内の全面改装を行い部屋数を増やしつつ、同年8月に「ノボテル沖縄那覇」としてリニューアルオープンすることが予定されている[3][4]。運営はモルガン側が設立した現地法人「琉球ホテルマネジメント」によって行われ、従業員124名のうち約70名が新しいホテルへ転籍することになった[3]

周辺[編集]

アクセス[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 近畿日本鉄道100年のあゆみ P.405
  2. ^ a b c 那覇の老舗ホテル、外資系企業が買収 上級ブランドへ全面改装、来夏開業”. 沖縄タイムス (2017年10月3日). 2018年4月27日閲覧。
  3. ^ a b c 都ホテルを全面改修 「ノボテル沖縄那覇」に 8月オープン目指す”. 沖縄タイムス (2018年2月2日). 2018年4月27日閲覧。
  4. ^ 沖縄都ホテルをモルガン・スタンレー関連会社が買収。来夏ノボテル開業予定”. HOTELIER (2017年10月23日). 2018年4月27日閲覧。