沖駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

沖駅(おきえき)は、石川県小松市沖町に存在した北陸鉄道小松線である。1986年(昭和61年)に廃駅となった。

概要[編集]

正式な開業の前に臨時駅として営業していた時期があり、その名残で打越駅の駅名標は1980年(昭和55年)頃まで隣駅の表示が「こまつ(おき)」とされていた。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線の無人駅で、線路の南側に位置していた。駅開設当時の主力車両で乗降口にステップがないモハ1000形に合わせるため、ホーム面は他の駅よりも高く作られていた。

歴史[編集]

  • 1960年(昭和35年)4月1日 北陸鉄道小松線の駅として開業。
  • 1986年(昭和61年)6月1日 小松線全線廃止により廃駅。

隣の駅[編集]

北陸鉄道
小松線
小松駅 - 沖駅 - 打越駅

廃止後[編集]

跡地は2車線道路となっている。

関連項目[編集]

座標: 北緯36度24分5.1秒 東経136度27分49.6秒