沖鷹丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
艦歴
計画 明治5年度計画
建造所 石川島造船所
起工 明治5年(1872年)5月
進水
竣工 1875年12月
除籍
その後 1877年2月5日開拓使へ交付
要目
排水量 105トン
全長 長さ:96ft (29.3m)
全幅 幅:14ft(4.3m)
吃水
機関 22馬力
速力
航続距離
燃料
乗員
兵装

沖鷹丸(ちゅうようまる)は、日本海軍の運輸船。

船歴[編集]

明治5年度計画で石川島造船所(現 IHI)で建造された木造汽船で、1875年(明治8年)12月に竣工した。

1877年(明治10年)2月5日に「雷電丸」との交換で開拓使に交付された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』第一法規出版、1995年。
  • 造船協会『日本近世造船史 明治時代』復刻版、原書房、1973年。
  • 福井静夫『写真日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1