沙伴王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
沙伴王
Baekje-monarchs(4-14).PNG
各種表記
ハングル 사반왕
漢字 沙伴王
片仮名
現地語読み
サバンワン
平仮名
日本語読み
さはんおう
ローマ字 Saban-wang
テンプレートを表示

沙伴王(さはんおう、生没年不詳)は百済の第7代の王(在位234年)。先代の仇首王の長子であり、仇首王が234年に死去した際に王位につけられたが、幼少であったため直ちに古尓王(こにおう、コイワン。第5代肖古王の同母弟)が王位についたという。

三国史記』百済本紀には沙伴王としての本紀記事はなく、次の古尓王の即位前紀に沙伴王が即位したことと、幼少のために古尓王が王位についたこととを記すのみである。『三国遺事』王暦に沙沸王沙伊王の別名が見え、また『新撰姓氏録』などの日本の史書に沙伴王の名が見えるという。

参考文献

今日は何の日(12月10日

もっと見る

「沙伴王」のQ&A