沙月愛奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

沙月 愛奈(さつき あいな、9月28日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する娘役。

神奈川県相模原市[1]駒沢学園女子高校[1]出身。身長160cm[1]。愛称は「あゆみ[1]

略歴[編集]

2001年宝塚音楽学校入学。

2003年第89期生として宝塚歌劇団入団。入団時の成績は49人中17番[2]。同期には、明日海りお美弥るりか望海風斗七海ひろき純矢ちとせ(入団時は男役で後に娘役に転向)、凪七瑠海羽桜しずく蓮城まこと大月さゆ夢咲ねね壱城あずさ白華れみ愛花ちさきなどがいる。

月組公演『花の宝塚風土記/シニョール・ドン・ファン』で初舞台を踏み、同年5月22日[2]に純矢、大月、蓮城らとともに雪組に配属される。

2008年、『ミロワール』では、当時の2番手スター彩吹真央とのデュエットダンスの相手に抜擢される。

2009年、『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-』では、ペトリューシカのバレリーナの役で高いバレエ技術を披露した。

2011年7月から、TAKARAZUKA SKY STAGEのスカイ・ナビゲーターズを同期生の蓮城まことと共に1年間務めた。

主な舞台出演[編集]

  • 2005年4月、『さすらいの果てに』(バウ)リディア
  • 2005年6月、『霧のミラノ』新人公演:クレリア(本役:舞咲りん)/『ワンダーランド』
  • 2005年11月、『銀の狼』リザ/『ワンダーランド』(全国ツアー)
  • 2006年2月、『ベルサイユのばら-オスカル編』新人公演:イザベル(本役:晴華みどり
  • 2006年7月、『Young Bloods!!-魔夏の吹雪-』(バウ・ワークショップ)ロバート(少年)
  • 2006年9月、『堕天使の涙』新人公演:マイヤ(本役:涼花リサ)/『タランテラ!』
  • 2007年2月、『ハロー!ダンシング』(バウ・ワークショップ)
  • 2007年5月、『エリザベート』新人公演:黒天使
  • 2007年10月、『シルバー・ローズ・クロニクル』(シアタードラマシティ・東京特別)キティ
  • 2008年1月、『君を愛してる-Je t'aime-』アンニーナ、新人公演:リュシール(本役:山科愛)/『ミロワール』
  • 2008年8月、『ソロモンの指輪』/『マリポーサの花』新人公演:リタ(本役:麻樹ゆめみ
  • 2009年3月、『風の錦絵』/『ZORRO 仮面のメサイア』ミルドリド 新人公演:ルイーザ(本役:天勢いづる
  • 2009年7月、『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-』バーリャ・ネコタナ/バレリーナ(ペトルーシュカ) 新人公演:ライサ・ネコタナ(本役:舞咲りん)/『RIO DE BRAVO!!』
  • 2009年11月、『情熱のバルセロナ』コンスエロ/『RIO DE BRAVO!!』(全国ツアー)
  • 2010年2月、『ソルフェリーノの夜明け』ジーナ/『Carnevale 睡夢』
  • 2010年10月、『はじめて愛した』(シアタードラマシティ・東京特別)シルビー
  • 2011年4月、『黒い瞳』パラーシカ/『ロック・オン!』(全国ツアー)
  • 2011年9月、『仮面の男』淑女(勝者)(ボーリング)/『ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』
  • 2012年1月、『インフィニティ』(バウ)
  • 2012年3月、『ドン・カルロス』イサベル王妃/『Shining Rhythm!』 
  • 2012年7月、『フットルース』(博多座)ダイアン/カウガール
  • 2012年10月、『JIN-仁-』お千代/『GOLD SPARK! -この一瞬を永遠に-』
  • 2013年2月、『ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌』(ドラマシティ・東京特別)エリ
  • 2013年4月、『ベルサイユのばら』ロミー
  • 2013年8月、『春雷』(バウ)サビーネ
  • 2013年11月、『Shall we ダンス?』ナタリー/『CONGRATULATIONS 宝塚!!』
  • 2014年3月、『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』(全国ツアー)バイオレット
  • 2014年6月、『一夢庵風流記 前田慶次』采女/『My Dream TAKARAZUKA』
  • 2014年10月、『伯爵令嬢 -ジュテーム、君を愛さずにはいられない-』(日生)ルイーズ
  • 2014年11月、轟悠ディナーショー『Yū!Just in Time』
  • 2015年1月、『ルパン三世 -王妃の首飾りを追え!-』踊り子/『ファンシー・ガイ!』
  • 2015年5月、『星影の人』早苗/『ファンシー・ガイ!』(博多座)
  • 2015年7月、『星逢一夜』澪、汀[3]/『La Esmeralda』
  • 2015年11月、『哀しみのコルドバ』リサ(エバの友人)/『La Esmeralda』(全国ツアー)
  • 2016年2月、『るろうに剣心』カトリーヌ/天神
  • 2016年6月、『ローマの休日』(中日劇場・赤坂ACTシアター・梅田芸術劇場)エヴァ・ガリアーノ
  • 2016年10月、『私立探偵ケイレブ・ハント』アデル/『Greatest HITS!』
  • 2017年2月、『星逢一夜』清/『Greatest HITS!』(中日劇場)
  • 2017年4月、『幕末太陽傳』女郎およし/『Dramatic “S”!』
  • 2017年8月、『琥珀色の雨にぬれて』エヴァ/『“D”ramatic S!』(全国ツアー)
  • 2017年11月、『ひかりふる路〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』テロワーニュ/『SUPER VOYAGER!-希望の海へ-』
  • 2018年3月、『誠の群像-新選組流亡記-』お梅/『SUPER VOYAGER!-希望の海へ-』(全国ツアー)
  • 2018年6月、『凱旋門-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-/Gato Bonito!!~ガート・ボニート、美しい猫のような男~』ケート・ヘグシュトレーム
  • 2018年11月、『ファントム』従者
  • 2019年3月、『20世紀号に乗って』(東急シアターオーブ)イメルダ・ソーントン

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2018年度版』宝塚クリエイティブアーツ、2018年。ISBN 978-4-86649-049-6。
  2. ^ a b 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、P115。ISBN 9784484146010
  3. ^ 汀役の舞咲りんが8月7日(金)13時公演より休演したため。8月8日より汀を演じる。そのため8月8日以降の澪役は妃華ゆきの