沙羅 (ものまねタレント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
沙羅
生年月日 (1983-01-28) 1983年1月28日(38歳)
出身地 愛知県名古屋市
血液型 A型
身長 165 cm
言語 日本語
最終学歴 関西外国語大学外国語学部英米語学科 卒業
芸風 物真似
事務所 ホリプロコム
現在の代表番組

ものまねグランプリ ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ

沸騰ワード10など
過去の代表番組 笑っていいとも!
他の活動 ホリプロコムものまね軍団
公式サイト

プロフィール
沙羅 Instagram

沙羅ちゃんねる
テンプレートを表示

沙羅(さら、1983年1月28日 - )は、日本の女性ものまねタレント歌手女優。愛知県名古屋市出身。

ホリプロコム所属。綾瀬はるかのものまねを中心に活動。活動内容はドラマものまね、ものまねコント、歌ものまねなど。

ホリプロコムものまね軍団(ホリ河口こうへいメルヘン須長、沙羅、ハリウリサジャッキーちゃん)のメンバーの1人[1]

来歴・人物[編集]

愛知県名古屋市出身[2]関西外国語大学外国語学部英米語学科卒業[2]

小学生時代は友達に挨拶も言えなかったほど“超シャイ”[3][4]。中学1年生の時に、ある先生の物真似をしたらものすごく受けたことで、その頃から物真似が好きになり[5][4]、学校の数学の先生からJUDY AND MARY河村隆一島袋寛子SPEED)、モーニング娘。やテレビドラマ『冬のソナタ』の吹き替えの真似などをやっていた[3]。島袋寛子に顔が似ていると言われた時に声真似をし始めたら「すごく似ている」という評判が学校中に広まったこともあり、カラオケボックスで島袋の物真似で歌っていた時には、隣の部屋にいた人が見に来たほどだったという[4]。しかしこの当時は将来、ものまね芸人になろうとは全く思っていなかった。一方でお笑いは好きで、大学生時代から遊びで漫才をやっていたことがあった[4](あまりに寒かったので、さむぅずと呼ばれていた)[6]

大学卒業後に入社した会社では、人材採用の営業を担当。アポイントや取材などで壮絶な日々を送った。3年間勤務の後に会社を2008年3月に退職、その後は声優オーディションに合格し、上京。かつてはアトミックモンキーに所属し声優・関智一率いる「劇団ヘロヘロQカムパニー」にも在籍していた。

最初は声優を目指しており[7]、ものまねはあくまで趣味でやっていたが[3]綾瀬はるかが出演していたテレビドラマの『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS)が放送されていた頃から、綾瀬はるかに似ていると言われていたことから[8]、ものまね番組に出たいという望みを持ち始めて2011年頃からものまねオーディションに行くようになる[9]。夢を諦めて名古屋に帰ろうと決めていたという2013年(この時、実家に戻ってお見合いをすることになっていた[4])、最後の思い出作りにと同年参加した『笑っていいとも!』(フジテレビ)の「そっくりさんアワード」コーナーのオーディションに合格し[10]、同年10月11日の放送に出演し、チャンピオンになる。その後出演した『ものまね紅白歌合戦』の出演を通じて、所属事務所のオフィス南の社長からスカウトされ、ものまねタレントとしてデビューとなった。

綾瀬とあるテレビ局の廊下でばったり会って挨拶した時に、「拝見してます」と笑顔で言われ、嬉しすぎて頭が真っ白になり、また、あまりの可愛さと顔の小ささにびっくりしたという[11]

以前には「ハングリーラビット」というものまねユニットも組んでいた。六本木の「ものまねエンターテイメントハウスSTAR」にも出演していた。

2018年6月30日を以って、それまで所属していたオフィス南を円満退所[12]。同年8月に(綾瀬の所属するホリプログループの)ホリプロコムへ移籍[13]

人物[編集]

  • 姉と妹が居り[7][14]、三姉妹の次女。
  • 特技は1997年頃から2009年頃までやっていたテニス[15]、テニスサークルでも活動していた[6]
  • 高校生の頃、アメリカに1年交換留学をしていたため[10]、日常的な英会話が話せる[16]
  • 仕事の経験が豊富。人材採用提案営業、ウェディングMC、ウェディングプランナーなど。
  • 過去にしていたアルバイトは、コンビニ、マクドナルド、家庭教師、Cafe店員、バーテンダー、受付嬢、居酒屋、甲子園球場のビール売り子、事務など。
  • 類(特につぶ貝)[2]類、ルッコラ、ラディッシュが好物[17]
  • 好きな漫画はONE PIECE、好きな映画は猟奇的な彼女ショーシャンクの空に[17]、アバウトタイムス。
  • 好きな海外ドラマは、Gossip Girl、24、ウォーキングデッドなど。
  • 尊敬する人物はタレントの上地雄輔、声優の田中真弓[18]
  • 好きなアーティストはゆず[19]。ゆずっこ歴20年。昔、ケーブルTV番組の電話でメンバーの北川悠仁と話したことがある。
  • 姉妹揃って、上地雄輔(遊助)のファン[20]。人生で一番辛かった時に、上地雄輔のブログ「神児遊助」に心を救われた。自分もそんな人になりたいと思うようになる。
  • 父親に「芸人になる」と告白した時は反対されたが、今では父は“一番の応援団”であるという[11]
  • 誰かの物真似をする時にはいつも、自分が「似てる」と言われた人を真似て[21]、物真似したい人が出演している作品を見ながら考えている[22]

物真似レパートリー[編集]

しゃべりものまね


顔まね

歌ものまね

など

出演[編集]

テレビ[編集]

インターネット配信[編集]

  • 極楽とんぼKAKERUTV(2018年3月1日、AbemaTV
  • ぶるぺん(2018年5月15日、Ustream
  • 劇団さまぁ〜ず(2019年2月‐5月、GYAO!)バイト先のマドンナ役
  • チャンスの時間(2019年3月5日、AbemaTV)
  • おぎやはぎのブステレビ(2019年7月22日、2019年10月7日、2020年1月13日、1月20日、Abema TV)
  • The NIGHT(2019年10月7日、Abema TV)
  • 7.2 新しい別の窓(2019年12月1日、Abema TV)
  • ABEMA BOATRACE TOWN 知識で争う波乗王(2021年1月2日、Abema TV)
  • 動画、はじめてみました(2021年3月26日、テレビ朝日)

ラジオ[編集]

  • ミユキの休日(2010年12月6日・12月13日、すまいるFM
  • カール北川 ものまねナイトニッポン(ニッポン放送)
  • 高橋フムミの勝手に聴きやがれ!(2017年9月5日・9月19日、市川うららFM
  • 栗田貫一の栗カントリー倶楽部(2016年10月 - 2018年2月17日、ニッポン放送)レギュラー
  • バナナマンのバナナムーンGOLD(2018年11月30日・12月15日、2019年8月3日・11月29日、TBSラジオ
  • 60TRY部(2019年12月17日、ラジオ日本)
  • 志の輔ラジオ 落語DEデート(2020年9月27日、文化放送)
  • TOMAS presents High School a Go Go!!(2020年12月21日、12月28日、TBSラジオ)
  • 佐藤二朗のいい部屋ジロー(2021年2月20日、Tokyo FM)

雑誌[編集]

  • クロワッサン(2019年10月25日発売号)
  • 週刊プレイボーイ(2020年9月28日発売号)

ライブ[編集]

  • ホリNS月謡祭(2018年12月17日、ホリプロ主催)
  • ホリプロお笑いライブ
  • ホリプロコムものまね軍団ライブ(2020年2月11日)
  • 芸能人と歌手とバンドの節分フェス2020(2020年2月3日)
  • ホリNS水曜祭(2020年12月16日)

舞台[編集]

  • ファルセット(2009年9月30日 - 10月4日) - ヒロイン・森本早苗 役
  • Re(アールイー)(2010年2月10日 - 2月14日) - テレビリポーター 役
  • テガミ(2010年5月12日 - 5月16日) - 記者・草薙 役
  • 武田信玄息女 松姫の生涯(2010年5月30日) - ヒロイン・松姫
  • アリスの愛はどこにある(2010年6月16日 - 6月20日) - 絵本の中の8歳の子供・シャーロット 役
  • モルヒネと海(2010年9月8日 - 9月14日) - トレジャーハンター・カーミラ、看護師・神浦(二役)
  • 朗読パーティ〜12月の待ち合わせ〜(2010年12月26日)
  • 劇団ヘロヘロQカムパニー第28回公演「リザードマン」(2013年5月29日 - 6月2日) - 研究員 役
  • 劇団ヘロヘロQカムパニー第29回公演「トンボイ!!」(2014年3月13日 - 3月18日) - 婦人警官・今野真子 役
  • 劇団さまぁ〜ず旗揚げ公演「新説・桃太郎」(2019年3月26日) - 綾瀬はるか 役(VTR出演)

CM[編集]

  • 文化放送SANKYO(2016年7月 - 2016年9月)ラジオCMナレーション
  • オート住友自動車(2018年8月11日 - )[23]

CD[編集]

  • 「大福マン」大福音頭 歌/カール北川・沙羅

声優[編集]

  • ねじ正「萌え系梅酒」キャラクター(2010年5月) - 夕見、美砂、愛育、夕季の4役

受賞歴[編集]

  • 楽天主催「初笑い王グランプリ 2017」優勝

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ホリプロコムものまね軍団 (@manetube_24) - Twitter
  2. ^ a b c 沙羅twitter 自己紹介(2017年2月3日閲覧)
  3. ^ a b c わたしとものまね。”. サラピカ日記 (2016年4月30日). 2017年2月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e ものまね芸人・沙羅が近い将来、綾瀬はるかと同時にしたいこと(2/3)”. 大手小町. 読売新聞社 (2019年7月25日). 2019年7月26日閲覧。
  5. ^ ものまね大好き”. サラピカ日記 (2011年5月30日). 2017年2月3日閲覧。
  6. ^ a b 桜ウエディング”. サラピカ日記 (2016年3月14日). 2017年2月3日閲覧。
  7. ^ a b 妹からの贈りもの”. サラピカ日記 (2009年9月15日). 2017年2月3日閲覧。
  8. ^ いいともそっくりさんアワード☆チャンピオン大会”. サラピカ日記 (2013年12月21日). 2017年2月3日閲覧。
  9. ^ ものまね大好き”. サラピカ日記 (2011年7月20日). 2017年2月3日閲覧。
  10. ^ a b モノマネタレント沙羅が激白 母にもうお金ないと泣かれ…”. 日刊ゲンダイ (2018年9月3日). 2018年9月3日閲覧。
  11. ^ a b 東京新聞 2019年1月9日 14面「笑う神拾う神」
  12. ^ ご報告。”. サラピカ日記 (2018年7月1日). 2018年9月3日閲覧。
  13. ^ 沙羅twitter 2018年8月1日 20:48
  14. ^ 嬉し涙☆”. サラピカ日記 (2011年2月23日). 2017年2月3日閲覧。
  15. ^ 人生とテニスと風”. サラピカ日記 (2012年6月28日). 2017年2月3日閲覧。
  16. ^ 沙羅twitter 自己紹介(2018年9月3日閲覧)より。
  17. ^ a b 沙羅のプロフィール(Ameba)(2017年2月4日閲覧)より。
  18. ^ 大好きな田中真弓さん”. サラピカ日記 (2012年5月25日). 2017年2月3日閲覧。
  19. ^ ゆず”. サラピカ日記 (2010年7月3日). 2017年2月3日閲覧。
  20. ^ ひこ星に会いに(o^^o)”. サラピカ日記 (2016年7月14日). 2017年2月3日閲覧。
  21. ^ ものまね芸人・沙羅が近い将来、綾瀬はるかと同時にしたいこと(1/3)”. 大手小町. 読売新聞社 (2019年7月25日). 2019年7月26日閲覧。
  22. ^ ものまね芸人・沙羅が近い将来、綾瀬はるかと同時にしたいこと(3/3)”. 大手小町. 読売新聞社 (2019年7月25日). 2019年7月26日閲覧。
  23. ^ 沙羅twitter 2018年8月29日