没データ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

没データぼつデータ)とは、ゲームソフトウェアにおいてデータとしては存在しているが、本編では全く使用されていないデータのことである。

概要[編集]

ゲームやソフトの中で使用が予定されていながら最終的には不使用となったデータは、開発・製作段階で削除されることが多いが、何らかの理由により使用が見送られたデータが削除されずにそのまま残ってしまうことがある。こうしたデータは通常のプレイ・使用では発見されないものの(イースター・エッグとは異なりコマンド操作でもお目にかかれない場合も多い)、バグやデータ解析により発見されることがある。稀にこうした没データが後のバージョンやリメイク版で使用されることがある。

特に著名な没データとしては『ポケットモンスター 赤・緑』でのミュウがある。これは元々開発段階でROMの余剰領域にイタズラで入れられたものであったが、バグ技がきっかけで「151匹目のポケモンがいる」という噂が広まり、幻のポケモンとして一気に人気が高まった。これに伴い、発売元の任天堂がミュウを151匹目のポケモンとして認定し、表立ったイベントでの配布が行われた。

関連項目[編集]