沢村光彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

沢村 光彦(さわむら みつひこ)は日本脚本家小説家長崎県出身。

来歴・人物[編集]

早稲田大学法学部卒業後、会社員生活を経て、プレイステーション用ゲーム作品『金田一少年の事件簿』の脚本執筆をきっかけに、シナリオライターとして活動を開始。以降、ゲーム、アニメ、映画のシナリオを中心に執筆を続けながら現在に至る。 2007年に角川書店より水木しげる原作の映画『ゲゲゲの鬼太郎 (実写映画)』のノベライズで小説家としてもデビュー。 『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』では、脚本のほかに自らノベライズも執筆している。 日本シナリオ作家協会会員。

主な作品[編集]

映画[編集]

小説[編集]

アニメーション[編集]

3話「CHILD」8話「PILGRIM」

ゲーム[編集]

関連項目[編集]